01827
A missing piece
以下、ANSMAL、Reddit、4chan、randomから引用。(CRで公式に海外配信中)


男性
笑いものにされたイゴールの視線には、何か得体の知れないモノを感じる。

マー「んふ・・・中々難しいモノですわねぇ・・・あら、いらしてたんですね。
    (This is actually rather hard, isn't it?Oh, my, you're here?)
    出会いと別れは常に表裏一体。
    (Hellos and goodbyes are always two sides of the same coin.)
    大切な人々と過ごす残り僅かな時を愉しんでいらっしゃるようですね」




不明
そういえば、マーガレットって主の鼻にまつわる自前の曲を持ってなかった?


不明
あったね、確か学園祭か旅館のお泊まり会か林間学校のどれかで歌ってた。


29歳 男性
ははは、出だしがいいな。マーガレットはマリーのポエムに倣ってみたんだね。

りせ「直斗君なら大丈夫、完二が手取り足取り教えてくれるから。(You'll be just
   fine, Naoto-kun. Because Kanji will show the ropes, from A to Z!)」

完二「な、て、てめえ何言って・・・別に良いけどよ・・・
    (What the・・・?H-Hey, what's up with that?Well, I guess it's okay.)」

直斗「ありがとう、巽くん。(Thanks, Tatsumi-kun!)」
クマ「手取り足取り腰取りね。完二、やらしいクマ。 (From first base
   to second base to home plate?You're a pervert, Kanji!)」




24歳 男性
冒頭で半ばヤケになってる完二に笑った。


不明
完二、もうバカなんだから・・・思いっきり強く抱きしめてあげたくなっちゃうよ。


不明
今更言うまでもないことだが、直斗はホントに帽子取らないよな。

陽介「ジュネスの展示品みたいなんだけどさ、何か家にあったから持ってきた。
    (Nah, it's a display model or something from Junes.
    It was lying around the house, so I brought it.)」

雪子「お父様に怒られない?(Won't you get in trouble with your dad?)」
陽介「あぁ、いいのいいの。今回の旅行はやっぱ形に残しときてえじゃん?
    (It's cool, it's cool.
    I mean, we want something to remember this trip by, right?)」




不明
流石にお風呂に入ってるときは帽子取ってた。


不明
寝るときも普通に取ってるよね。


不明
ゲームの中では悠と二人きりで過ごすときも取ってた。


不明
道理で今回、帽子をつけてない寝間着姿に背徳感があるわけだ。

千枝「皆なに暗い顔してんの?(What's with all these gloomy faces?)
    二度と会えなくなるわけじゃないんだからさ!ねえ、鳴上くん?」

鳴上「あぁ、勿論。(Right, of course!)」



不明
直斗が帽子を被ってないときって、いつも以上に無防備な女の子になってるからな。


男性
え?なら、直斗の帽子を無理矢理取ったら・・・


不明
千枝ちゃんにドーン(galactic punt)されます。


不明
千枝の心遣いの暖かみが身にしみてわかるよ、是非とも俺の嫁に来て欲しい。

千枝「花村、結構上手いじゃん!(Hanamura, you're not too shabby!)」
陽介「お前こそボード初めてってマジかよ?
    (Neither are you!Are you sure you've never snowboarded before?)」

千枝「スキーと同じでしょ、これ。(Well, it's the same as skiing, right?)」



不明
初心者は傾斜の緩いとこをボーゲン(pizza)で滑る練習させたほうが・・・
(訳注:英語で、スキーの八の字はpizza、平行はfrench fryと言います。)


不明
だな。スキーでは足の形もだけど、体重移動も同じくらい大切だからね。


不明
その点、ピザだけで滑らせようとした完二の判断は正しかったんだがな。



不明
付きっきりで教えてあげてればもっと・・・
いやまあはっきり言って最初から、完二には荷が重すぎたんだが。


32歳 女性
仮に悠だったら、身体を密着させて教えてくれそうだと思ってたわ。


 22歳 男性 ノースカロライナ州
直斗は、ピザ(pizzaed)しなきゃいけない時に
フライドポテト(french fried)したな・・・サウスパークで学ばなかったのか?

アイ 「ピザ、フライドポテト、ピザ、フライドポテト。フライドポテート、ピザァアア!」
講師「いまのが悪いのはピザの時にもフライドポテトをやったことだ。
    ピザの時にフライドポテトをやると楽しくないんだぞ。」


(参考:ピザの時にフライドポテトをしてしまった子供、その2。)


不明
ピザをできないと楽しくない時間を過ごしてしまう良い例だ。


25歳 男性
しかし、完二は少なくとも楽しかっただろう。
スタン・ださーシュ(Stan Darsh)を連呼する敵役もいないし。


不明
ピザ~ピザ~ピザ~ピザ~ピザアアアアアアアアアアア!

直斗「八の字、八の字・・・(V-V position, V position・・・)
    おわ!おわああああああああああああああああ!」

完二「いッ!うぁ~!ってぇ・・・(Ouch!)」



26歳 女性
これは甘く男らしい絆の思い出ね。(笑) ちょっと痛ましいけど。x_x


22歳 女性
あら、やっぱり直斗ってこういうとき男役なのね。


46歳 男性
君はよく頑張ったよ、完二・・・


不明
安らかに眠れ、完二・・・

直斗「ぁ!ご、ごめん!・・・あ、あれ?・・・ご、ごめん。
    (Huh?Oh, I-I'm sorry!Huh?Wh-Whoa!S-Sorry!)」

完二「ふ、いいってことよ。(Don't worry about it.)」
直斗「巽君!血!血!(T-Tatsumi-kun?Blood!Blood!)」



不明
直斗が完二に馬乗りになって
「トドメ(killing blow)」刺したのには正直ちょっと嫉妬してしまう。


24歳 男性
というか、巽は別にぶつかられたせいで鼻血がでたわけじゃないような・・・


 44歳 男性 フロリダ州
後のキューン!(Smitten!)っていう効果音が全てを物語ってると思う。=D


不明
悠は普段の彼らしくなかったけど、マリーがいないことも関係してたのか?

りせ「センパ~イ!待ってぇ~!ぁ・・・んもう!悠先輩ってば早すぎ!
    (Senpai!Wait up!Seriously!Come on, Senpai, you're way too fast!)」

鳴上「ぁ、ごめん。(Oh, sorry.)」
りせ「でも、格好いい!(But you're so cool!)」



不明
りせはいつもながら
格好いいって扱いで流してたけど、悠的には心ここにあらずって感じだったね。


女性
でも雪子たちが迫ってきて、りせをかばってる姿は文句なしに格好良かったわ。


不明
なるほど、言われてみればその通り。とっさの行動でアレが出来るのが彼だね。
逆に言えば、前半/後半問わず注意力に欠けてたのを見るかぎり、彼にとって
マリーが消えたことはかなりのダメージだったらしい。彼女が居なくなったことで
消えてたのは記憶だけじゃなくて、 彼の心の傷も見えにくくなっていたようだ。

クマ「勝ったらデートの約束!(If I win, you gotta go on a date with me!)」
雪子「させない!(I won't let you!)」
りせ「二人ともはや~い。(Both of them are so fast!)」
鳴上「そうだな。(Yes, they are.)」



26歳 男性
厳密に言えば
クマはレースに勝ったわけだから、雪子は彼とデートしてあげるべきだと思う。


 65歳 メリーランド州
きみは、今までにクマの着ぐるみでスキーをしたことがあるかい?


 29歳 男性 テネシー州
いやそれに対して「イェス」と答えたらいったい何が待ってるんだ?

クマ「クマ~!(Whoa!)ゴブ!ォ、ォ、ォォオオオオ!」
千枝「ぇ?」
陽介「ん?(Huh?)」
千枝「お、おっと・・・」



17歳 男性
雪子の笑い声を聞くと、いつももらい笑いしてしまう。


 男性 ワシントン州
いつか、ユキちゃんと一緒に山スキーしたい。


不明 ①
クマがジャック・フロストに変わってたな・・・

雪子「ぷはははははは!」
千枝「一応、撮っとくか・・・(Well, why not get this on video?)」
陽介「し、死ぬかと思った。(I-I thought I was gonna die.)」



不明
よし愉しめ、変態共!


28歳 男性
また女湯を覗いてくれると信じてたのに・・・


34歳 男性
わかってるだろうけど、別に前の場合も故意に覗いたわけじゃないからな?

完二「風呂は命の洗濯っすね。(Taking a bath is like cleansing your life, huh?)」
陽介「こうやって、皆でデケえ風呂入んの二回目だよな。前は天城んちで・・・
    (This is the second time we've all soaked in a huge bath
    like this. The first time was at Amagi's place・・・)」




不明
後ろでひとり笑ってる菜々子が可愛い。


 不明
ポエム・・・何故だろう、何か恐ろしいことを忘れてるような気がしてならない。


不明
ジョークの繰り返しが記憶の蓋を揺さぶってたようだから
完二のポエムに触れたとき、ちょっと思い出すかと思った。

完二「線香花火って儚いんすけど、だからこそ心に刺さるんすよねぇ・・・
    (Those sparklers are short-lived,
    but that's why they pierce your heart so, right?)」

陽介「あぁ・・・族的な連中ってポエム感性あるよな。
    (You biker gang types have a poetic side, too, I see.)」




不明
あくまで悠の中では、マリーのポエム比重はそこまで高くないみたい。


不明
聞いたそばから忘れてるんだろう。俺だってそうだもの。


 34歳 男性 
原作でどうなのか知らないけど、もしも温泉のハプニングで
マリーの裸も見てたら、悠といわず、クマが真っ先に彼女を思い出しそう。

鳴上「ライブの時、りせが居ない間、どうやって凌いだんだ?」
完二「そりゃ・・・あれ?どうやったんだ?
    (Um・・・Well・・・Huh?What did we do?)」

クマ「うぬぬぬぬぬぬぬ・・・」
陽介「なに、唸ってんだよ?お前。(What's up with that groaning?)」



19歳
マリーの水着が他の誰にも似合わないことにはすぐ感づいてたからね。(笑)


不明
あくまで記憶が消えただけで、改竄されてないのが救いだな。
これで完二が着てたことにされてたら、その後どうなってたかわからんぞ。


不明
その場合、ビーナスの誕生がビキニの完二に塗り替えられていたのか・・・

クマ「陽介、あの時セクシー水着は誰に買ったんだっけ?」
陽介「海んときか?あんときは・・・あ?誰にだっけ?」
完二「天城先輩らにじゃないんですか?」
クマ「違う~!千枝ちゃんたちには着こなせないセクシータイプの水着クマ!
    (No!It was a really sexy type of swimsuit that
    wouldn't look good on Chie-chan and the others!)」




不明
女の子よりも先に、カメラ写りを気にする完二に笑った。


不明
女性陣にカメラ写りを気にするタイプがいないからな。
りせでもあくまでプロとして気にしてるだけで、プライベートでは頓着してないし。

千枝「ぁ・・・確かにほら、ここんとこなんでこんなに空いてんだろう?(Hey,
   you're right. See?Right here・・・why is there such a big space?)」

りせ「ホントだ、誰か居たみたい。(That's true. It's like somebody was there.)」
鳴上「誰か・・・居た?(Somebody・・・was there?)」



不明
残り二つの写真はともかく、最初の一枚目の写真ってそこまで違和感あるか?


不明
余裕があるのにりせが悠との距離をここまで開けてるのにびっくりなんだろう。

千枝「これも・・・こ、これも変。(Same for this one. This one's weird, too!)」
りせ「なんで・・・普通に撮ってたはずなのに・・・
    (But why?I just took them like normal!)」




不明
いつも得体の知れないシャドウと戦ってる割には幽霊なんて気にするんだな。


 29歳 男性 
俺はよっぽど刈り取る者(The Reaper)のほうが怖えよ・・・


不明
こら、直斗!ここで推理しなきゃいつ頑張るんだ!

千枝「まさか、心霊写真?!(Don't tell me they're ghost photos?)」
一同「え?!(What?)」
雪子「見せて見せて!(Show me!Show me!)」
完二「なんで、嬉しそうなんすか・・・(Why do you look so thrilled?)」



不明
残念ながら、今回の直斗の役目はスキーウェアを着た時点で終わったから・・・


不明
そもそも、直斗は本編でも(正しく)推理していた印象があんまりないんだが?


不明
彼の役割は近くにいてくれるだけで
推理がはかどる癒やし系マスコットだからそう言う意味では一貫してると思う。

陽介「あ~たしかに変っちゃ変だけど・・・たまたまじゃねえの?
    (Yeah・・・I admit it is kind of weird, but isn't it just a coincidence?)」

千枝「でも・・・全部が全部って流石におかしくない?」
雪子「霊かな?霊の仕業かな?!(The work of a ghost, maybe?)」
直斗「こ、この程度の画像なら、加工すれば簡単に作れますよ!」
りせ「やらないよ~!そんなこと~!(I would never do such a thing!)」



不明
おいおい、怯えてる直斗の顔みたか?やべえよ~!


不明
いいから落ち着け、完二。


不明
吹雪のシーンで「Kanon」を思い出したよ・・・でも、悪くない回だったね。
雪山でのやり取りにビデオカメラを絡めてきたのも面白い。元々、悠が誰か
一人を選んで過ごすのは無理だと分かってたけど、そこを示唆に富んだ会話
で繋いできたね。幽霊の話になって元気になってる雪子にもほのぼのした。

雪子「ふぅ・・・あのね(Listen)、この辺りの山ってたまに埴輪とか見つかる
    んだって・・・もしかしたら昔、まるごとお墓だったのかもって!」

千枝「な!なんで今その話すんの!?」
りせ「や、やめて~!山はあるんだってマジで~!あんな体験ロケん時だけで
    十分よ!(I don't need that kind of experience unless it's a shoot!)」




不明
雪子が軽いノリなことにもそんな違和感なくて驚いたけど、彼女は実家で
死体がでて平然としてるくらいには肝座ってるから幽霊もクソもなかった。


20歳
直斗のセーター姿に蕩れっときたのは自分だけかな。
あと、虚ろの森へのもって行き方にもかなり満足してる。


不明
完二との衝突や、怪談への直斗のリアクションが最高だった。


不明
HNNNNNNNNNNNNNNGGGGGGGG

直斗「で、でで・・・伝承というのはあくまで物語的要素が強い文化的産物で
    あって科学的裏付けというのはなく、こ、ここ、古代の墓所というのは
    ししし、神殿と同格でですから、そ、その・・・」

雪子「直斗くん、もしかして霊とか苦手?」
直斗「は?!あ、えぇと・・・はい。(Huh?Uh・・・um・・・Yes.)」
完二「(キューン!)《Smitten!》」



21歳 男性
しかし相変わらず、直斗はクッソ可愛いな。X3


 34歳 男性 メイン州
今回の直斗は高得点をたたき出していったね。


24歳 男性
直斗、ちょっと度を超して可愛すぎるだろ・・・
キュ、キューンなんてしてないんだから・・・バカ・・・

陽介「いやぁ・・・何か今日撮ったやつ以外のデータが・・・あ、これって!」
雪子「うわぁ!懐かしい!(Wow!That brings back memories!)」
千枝「そういや撮ったねぇ~こんなの・・・
    (Come to think of it, we did shoot this video, didn't we?)」




不明 ②
マリーの「声なし」インタビューがここに来て意味を持ってきたね。
そして、予告でも悠とマリーが「バカコン(baka-contest)」を繰り広げてる。


不明
彼女のツンツンゲージがカンストしたらしい。


不明
なんでマリーの声が入ってないのかと思ってたら、こうやって繋がってくるのか。

直斗「あのぉ・・・ひとつ質問してもいいですか?この映像って誰が
    撮ってるんでしょう?(This video・・・who's the one taking it?)」

千枝「へ?鳴上くん・・・ぁ、じゃなかったっけ?
    (Huh?Narukami-kun・・・Wasn't it you?)」

鳴上「(違う・・・俺じゃない・・・)《No, it wasn't me.》」



不明
初め、クマがなんで居ないんだろうと思ってたから
あの登場の仕方をして吹いた。しかし、なんで呼んでなかったんだろうね。


不明
クマだけナンパに乗り気だったせいじゃないか?

完二「俺ら、全員映ってますよね?(We're all in this video, aren't we?)」
陽介「おいおい、じゃマジで誰が撮ってんだ?
    これ・・・ま、まさかマジで?(D-Don't tell me・・・for real・・・?)」

一同「うわあああ!」



19歳
暗くなったシーンで、雪子も慌てててちょっと安心した。彼女の場合
(俺のゲーム内のイメージでもあるんだが)
暗くなったことを幸いとして悠の隣にいつのまにか座ってそうだもん。

千枝「やっちゃおっか?(Shall we take him out?)」
りせ「うん、やっちゃおう。(Yes, let's kill him.)」
直斗「ごめんね、クマ君。ここには僕たちしかいない。目撃者なしで事件は
    迷宮入りだ。(No witnesses, and this will go straight to Cold Cases.)」

完二「いいのかよ、探偵。(You sure about this, Detective?)」



 不明 メキシコ
怖がるのは無理ないし、結論を先延ばしにしたのは理解できるけど
もう少し時間があったなら、現時点の推理パートが見てみたかった。
記憶がなくとも写真の構図や、水着の件からも明らかに女の子だと
わかるし・・・陽介の○○ちゃん、なんてあからさまだったのに。(笑)


15歳 男性
自分もそこは惜しい部分だと思った。
幸い、「色んな女の子の亡霊」が出る可能性には事欠かないからな。

陽介『なあ、あの・・・ちゃん?(Hey, um・・・)」
陽介「悠?(Yu?)」
鳴上「居たんだ・・・(There was someone.)」
一同「ぉ?(Huh?)」
鳴上「俺達の他に誰か居たんだ!(Aside from us, there was someone else.)」



不明
そういえば悩みが似てたけど、クマとマリーは近い存在なのか?

クマ「先生は思い出したいクマ?クマがそうだったみたいに・・・先生達が
    忘れちゃった記憶も思い出したら、辛いことや悲しいことかもしれん
    クマよ?」

鳴上「それでも・・・俺は真実を知りたい。
    (Even so・・・I want to find out the truth.)」




 27歳 男性 ポルトガル
カップル的な要素にも期待して見てたけど
直斗と完二が普通にくっついてたから、りせだけ孤立して見えたな。^^;


 不明 
今回ってわりとカップル好きな人向けの回だよね。いや、別に悪いとも
言わないけど、りせ、完二、直斗の場面がそのへんあからさまだったな。

直斗「こ、転んでも受け止めてくれますか?(I-If I fall, will you catch me?)」
完二「・・・!転ぶんじゃねえ!ぜってえ転ぶんじゃねえぞ!」
りせ「ちょっと、直斗くんばっかり教えてないで私にも教えてよ!」
完二「お前は教えんでも滑れんだろうが!」



 27歳 男性 
今回は過去最高のサブタイトルだと思うけど
ゲームでの山小屋での「嫁」とのやり取りが描かれなかったのだけは残念だ。


不明
ここでは「男全員」で過ごす展開にしてくれたら、もっと完璧だったと思う。
(そもそも特定の嫁と過ごす可能性なんて端からありえなかったわけだし)


 21歳 男性 
悠は女殺し(lady killer)ではあるけど
罪作りな男(heart breaker)ではないから、確かにそれで正解だと思う。

千枝「おや~?びびってんの?(Hey, are you spooked?)」
陽介「んなことねえよ!俺の滑りに惚れるなよ?!
    (Like hell I am!Don't get too dazzled by my skiing, now!)」

千枝「馬鹿なこと言ってないで、さっさと行くよ!
    (Don't give me that!Let's get this show on the road!)」

陽介「よっしゃ、行くぜぇ!(All right, here goes!)」



 23歳 男性 メキシコ
やった~!来週マリーちゃんが帰ってくるのか?!彼女の帰りが待ち遠しい。


20歳 女性
みんな!衝撃に備えて!いきなりマリーのポエムが炸裂しそう!


不明
ベストガールのマリーがようやく戻ってくるのか。
彼女がみんなから忘れ去られてる間、すこし心苦しかったよ。

鳴上「テレビの中みたいだ・・・ん?は・・・!キミは!
    (It's like the TV world・・・Are you・・・?)」



28歳 男性
基本的に悪くなかった(直斗が全部持って行ったし)
けど、みんながマリーをゆっくり思いだすくだりも欲しかったな。


 男性 
あれだけ長いこと忘れてたのに、陽介の「マリーちゃんの櫛」
で済ませてしまったのは、いくらなんでもあっけなさ過ぎたね。


 27歳 男性 
自分はこれで正解だと思うけどな。グループ内で別個の謎扱いになると
それぞれの過程を描く必要もありそうだし・・・一人記憶を取り戻そうと
尽力していた悠が櫛を認識したことで、皆も思い出す展開で良かったと思う。

彼以外は超自然的な嵐に見舞われてないわけだからね。それに皆が楽しい時間
も過ごしてるのも好もしかった。陽介と千枝のスノーボードによる決闘やクマ
の最速記録、皆が幽霊を怖がったり、クマを捕殺しようとするのも最高だった。



女性
マリーを探してる悠の必死さにちょっと、ウルウルきちゃったわ。


 24歳 男性 オクラホマ州
お~遂に虚ろの森につくのか。この瞬間をずっと待ってたんだ。


 不明 カリフォルニア州
もっとツンツンしてるハナカナをくれ!

鳴上「・・・は・・・マリー・・・はっ・・・ぅ・・・」
陽介「悠!おい、悠!(Yu!Yu!)」
雪子「鳴上くん!(Narukami-kun!)」
完二「先輩!(Senpai!)」



22歳 男性
もしかして山小屋の中に奇妙な赤ん坊の人形が見えたのって俺だけなの?


 29歳 男性 テネシー州
あれは日本的なナニかだろう・・・


 16歳 男性 アルゼンチン
愛するモノの記憶は消して消えるわけではなく、いつも心の奥に仕舞われて
見えないだけなんだ。彼らの絆の深まりも見られたし、こういう話が好きだから
このアニメを見てきたんだ。良かったよ。

鳴上「みんな・・・どうして?(You guys, why are you here?)」
千枝「どうしてって!追っかけてきたに決まってんじゃん!
    (Why are we here?Of course we came after you!)」

陽介「落ちたとこから動いてっからさ、見つけんのに苦労したんだぜ。」



 65歳 メリーランド州
ときに、あんな森の真ん中にある山小屋に
テレビが置いてあったのはどういう了見なんだ?


 29歳 男性 テネシー州
あぁ、あそこは彼らも泊まってるホテルの裏倉庫だからだと思う。(笑)


不明
最後、テレビが光ったときに
中からマーガレットの手でも出てきて掴んでくれたら良かったのにな。

りせ「もう!超心配したんだから!(Really, now!We were soooo worried!)」
クマ「おぉ?先生。どうしたクマ?(Huh?Sensei?What's the matter?)」
直斗「まさか、どこか痛めてるんじゃ・・・
    (Don't tell me you're injured somewhere・・・)」




17歳 男性
次回予告を一言で表すなら、バカバカバカバカバカバカバカ。


 28歳 女性 ニューヨーク州
あと10個くらいバカを追加した方が良いわ。


27歳 男性
何故、次回のタイトルは「バカ!」じゃないんだろう。


 44歳 男性 フロリダ州
とりあえず、次回はバカ~!と言われたいがために見ようと思う。^_^

鳴上「みんな、吹雪は大丈夫だったのか?
    (You guys, the snowstorm・・・Were you all right?)」

完二「吹雪?なにいってんすか?」
陽介「それ、マリーちゃんの櫛だよな?(That's・・・Marie-chan's comb, right?)」
鳴上「・・・あぁ。(Yeah!)」


      
BD 1 2 3       ペルソナ4 ザ・ゴールデン  漫画 1 2 3 4 5 6 7 8 9