Welcome Home
以下、ANSMAL、Reddit、4chan、randomから引用。(CRで公式に海外配信中)


女性
ちょっと千枝を台所に入れるどころか、マヨネーズ持ってる
じゃない!すべての食材を隠して!そして、逃げてえええ!

陽介「だ~か~ら~!お前らはキッチンに近づくなっつってんだろ!
    (You're not supposed to come near this kitchen, remember?)」

千枝「なんでよ。(Why not?) 手伝おうとしただけじゃん!」
雪子「味付けは任せて。(Leave the seasoning to me!)」
陽介「1番のデッドゾーンじゃないか!(That's the number one dead zone!)」



不明
個人的な心残りとしては、足立のその後が描かれなかったことだな。


不明
ん?足立の共犯EDはBDの特典アニメになるみたいだぞ。


不明
いや、そっちじゃなくて足立が牢屋に入ったあとの心境とか、堂島との
関係とかその辺へのフォローのことだ。共犯EDは、ぶっちゃけただの
オマケみたいなもんだけど、真EDの独白は彼を理解する上で核心的
な要素が含まれてると思うからさ。

堂島「それに家に籠もっていたら菜々子が泣き出しかねないからな。(Besides,
    Nanako might burst into tears if she's cooped up in the house.)」

菜々「泣かないよ!(I wouldn't cry!)」
堂島「ははは。」



 不明 カリフォルニア州
マリーのポエムと、ツンデレ天気予報が名残惜しいよ。


不明
マリーが恥ずかしさのあまり
度を越した発言をしたあとの、あの窺うような表情が至高だった。

マリ 「み、見ないでよね?!別に願い事とか書いてないから!
    詩とかでもないから!バカ!嫌い!のぞき魔!最低!
    (Dummy!I hate you!Peeping Tom!You suck!) ほんと、君は
    最後までアタシが書いたものを・・・もう早く都会に帰っちゃえば?」




不明
今回はマリーの色んな表情が見られたのが地味に収穫だったよな。


不明
というか今回、大体みんな普段なら見られないような表情してたね。


 22歳 男性 ジャマイカ
マリーがとっても・・・HNNNG!彼女を嫁リストに加えなきゃいけない。

鳴上「もう少し、あと少しでなにか掴めそうなんだ。(One more push・・・Just
    one more push, and・・・I think I can get a grasp on something・・・)」

マリ 「そっか。君は真実が知りたいんだね?
    (I see. So you want to find out the truth.)」




不明
なんで、下手な人間に限ってすでに完成してる料理を弄ろうとするんだ!


不明
まあ、料理の場合、基本に忠実なら本来はそこまで外れることないから
下手に弄ろうとする人間ほど、不味いモノをつくるのは自明の理だろう。


不明
むしろ、基本が出来てないからこそ、変に冒険しようとするわけだしな。

マリ 「出て、け・・・私は・・・(Get・・・out・・・I・・・am・・・)」
鳴上「マリー!」
ナミ「あくまで抗うか、ならばお前がすがる希望、その価値を確かめてやると
    しよう。真実と共にお待ちしています。(Then that hope you cling to.
    I'm going to test its value. Along with the truth, I'll be waiting for you.)」




不明
弱ってるマリーがやたら可愛く見えたのって俺だけじゃないよね?


不明
マリーは普段はうっとうしいけど、しおらしくなると途端に可愛くなる。


不明
同感だよ。どちらかといえば、悠にはマリーを冷たくあしらって欲しい。

直斗「いったい、これは?!(What on earth is・・・)」
陽介「どうなってんだよ?!(What's going on?)」
鳴上「マリー!(Marie・・・)」
マリ 「・・・ッ!悠・・・(Yu・・・)」



不明
しかし、彼女を冷淡に扱うと町ごと滅ぼされかねなくて怖いんだが・・・


不明
ちょっと霧が濃くなるだけだから大丈夫。


不明
マリー:彼が冷たいので来週は1週間霧にします。早く謝ってください。

直斗「これは・・・(This is・・・)」
陽介「もしかして、さっきのやつのせいか?
    (You think that the one we just saw is doing this?)」

鳴上「マリー、すぐに助けてやるからな。
    (Marie, I'm going to save you right now・・・)」




不明
ところで陽介たちはなんで誰も戦ってなかったんだ?


不明
お前、ちゃんと1話から見てるのか?
あれだけ圧倒的な悠に下手に加勢したらかえって足手まといになるだろ。


不明
傍目にはわからないけど、応援によるブーストで攻撃力は50%増だから。

マー「しかし、ご注意ください、その者を倒すことが本当に
    全ての解決に繋がるのか・・・私にもまだ分かりかねます・・・
    (But please be cautious. Whether defeating that entity will truly
    lead to an overall resolution・・・I cannot be sure myself.)」




 36歳 男性 ペンシルベニア州
倒れ込んでシャドウに引きずり込まれた千枝にもっと焦点を当てて欲しかった。


 男性 
基本的に、千枝ちゃんは太股要員なんだよな・・・いいことだけどさ。


不明
触手が出てくるアニメをよく見てるから、このあとどうなるか察しが付いてたよ!

直斗「な!沈む!(No!We're sinking!)」
りせ「いやああ!先輩助けて!(Save us, Senpai!)」
鳴上「くそそお!(Dammit!)」



不明
イゴールの中の人が亡くなったことに絡んで
彼の役割を引き継ぐためにマリーが登場したんじゃないか、と思えてならない。


不明
中の人がどうなったからって、イゴールの役割が変わるとも思えないけどな。


26歳 女性
アイキャッチで制服を着てるマリーが可愛かった。

ナミ「人は見たいモノだけを見て、信じたいモノだけを信じる。」
鳴上「ぐ・・・」
ナミ「霧に包まれた世界こそ人々の願い。希望の因子。それをもってしても人
    の性からは抜け出せなかったか。なんとも哀れだな。(How pitiful・・・)」




不明
アイキャッチのために、ここまで見てきたと言っても過言じゃない。


不明
それで、皆はどのアイキャッチがお気に入りなんだ?

 不明
 ハロウィンのネコ直斗だな。


 不明
 左上。


 不明
 チアリーダーで。


不明
りせが如何に安産型(birthing hips)か分かる右下だな。


不明
ランジェリーのやつ。


不明
左側、下から二番目の画像は、いつ見てものっぴきならないことになる。


不明
探偵菜々子と悠が飛び抜けてる。個人的にはP3の制服も捨てがたいが。

堂島「見ちゃおれん。車を取ってくる。菜々子、見といてくれ。(I've seen
    enough. I'm bringing the car around. Nanako, watch over her.)」

菜々「うん。(Okay・・・)」



不明
マリーが居なくなったとき、菜々子は目を離したせいで
怒られるんじゃないかってことが気になってしょうがなかった。


不明
わかるよ。
妙なタイミングでマリーがいなくなったから、自分もそっちを心配してた。(笑)

マリ 「行かなきゃ・・・(I've got to go・・・)」
菜々「マリーお姉ちゃん、お水・・・あれ?
    (Big Sis Marie・・・Here's some water・・・Huh?)」




不明
しかし、最初の頃と比べて、マリーも成長したよね。


不明
彼女の場合、イザナミの存在を知って自分の存在意義に対する
歴とした後ろ盾が出来たことも大きいだろうけどね。彼女が自分
の正体に本当の意味で気づいたのは、これが初めてだからな。

マリ 「楽しくて、幸せで、もう一杯。だから、私は皆のことを守り続けたい。
    私を私にしてくれた皆のことを。(You guys, who turned me into me.)
    それが、私の願いだよ。(That's what I wish for.)」




 18歳 男性 テキサス州
人々の願いっていうのが、根本的になんなのか
よくわからなかったんだけど、誰か説明できる人いないか?


不明
イザナミとマリーは人類という種の意識の一部なんだろう。彼女
たちは人の願いを叶え、守ってきたけど、人類の自己破壊的な
欲望を前に役割が競合して、結果的に別れる結果になったんだ。

そういう自己破壊的な願望によって、世界が破滅する
終わりを迎えうることは前作のゲームでも描かれたことだったな。

マリ 「ねえ、悠?あなたの願いは何?私に、最後まで人の可能性を見せて。悠。
    (Show me what humans are capable of to the end・・・Yu.)」

鳴上「ああ、俺はもう迷わない。俺は、俺の願いは・・・
    (Right・・・I'm not gonna hesitate anymore. I・・・My wish is・・・)」




 27歳 男性 
率直に言ってイザナミ戦は、一期の時よりも処理の仕方としては正しかったと
思ってる。というのも、ちゃんとそこに至る積み重ねがあったからね。みんなが
悠を応援するチアリーダーと化したのは流石にアレだが、最終戦とエピローグ

の繋がりも悪くなかった。この戦いを超えたうえで、前向きな結末も得られたし
悠が都会に戻ってしまっても、築いた絆が消えないこともわかったからね。まあ
もちろん、そのぶん彼には暇があったら、戻ってきてもらわなきゃ困るんだけど。


不明
最終戦への入り方には困惑したが、まあこれは戦闘に焦点をあてたシリーズ
じゃないからそこはとやかく言うつもりはない。ちゃんと根幹部分に関わる会話
は面白かったし、マリーがお天気お姉さんになってたのも笑えたからね。


ナミ「虚構を望むのが人間の筈。なのに、何故?
    (It's human nature to wish for a lie・・・So why aren't you?)」

マリ 「違う。皆の願いは霧に包まれた世界なんかじゃない。(You're
    wrong. It's not a world covered in fog that they all desire・・・)」

鳴上「ペルソナ!(Persona!)」



21歳 男性
カグヤ、強すぎるだろ!


不明
個人的にはカグヤのデザインはペルソナの中でも最高峰だと思ってる。


女性
ペルソナ史上最高のデザインだと思っているカグヤがでてくれて嬉しい。


不明 ②
マリーとイザナミの抱擁も愛らしくて、彼女が消える場面は悲しかった。
けど、ペルソナの結末にはいつだって感動させられるんだ。本来は悠を
皆で追いかけるシーンが好きなんだけど、ここで何故それを入れてこな
かったのかも明白だったね。エピローグまで含めて完璧だったと思う。

マリ 「悠の願いは彼だけのモノじゃない。真実という願いはいずれ皆の心の
    霧を晴らす。彼の願いが皆の心の光になる。彼の願いが全てを守る。
    彼の願いが私達を一つにしてくれるの。
    (His wish will protect them all. His wish will make us all one!)」




 20歳 男性 
これがハグの力ってヤツだよ。


不明 ①
明示されてるわけじゃないけど、悠の愛する相手はマリーみたいだな。
特にそれが現れてたのは、イザナミの元に二人で歩み寄るシーン。あの
金色の花道はさながら、バージンロード(wedding aisle)だった。桜の花も
象徴的で悠に力を与えたのが、マリーならすべての筋が通ってると思うよ。


不明
君に文句をつけ(jump down your throat)たいわけじゃないんだけど
彼女と悠の関係がどれだけ特別かは、今回の愛の告白はおろか
前回のチョコのやりとりなんかでも、かなり明示されてると思うぞ。:P

マリ 「いま、私達はひとつになった。これで人を守り、人の願いを叶える
    ことができる。もういちど、人ともに歩んでいける。君のお陰だよ。
    (Once again, I can walk the path of man. It's all thanks to you.)」

鳴上「そうか・・・(I see・・・)」



不明
マリーは完全に本妻扱いになってるな。(笑)


不明
悠×マリー、二人が今年のベストカップルだと信じてるよ。


不明
イザナギ×イザナミは日本神話において
始祖とされるカップリングだから、それが正しいのは間違いないけどね。

マリ 「私はこれから、見守っていく。町も皆もずっと、ずっと・・・
    (From now on, I'm going to protect them・・・
    This town, all of you・・・Forever and ever・・・)」

鳴上「そうだな。(Yes, you are・・・)」
マリ 「ありがとう。悠。いつまでも、そばに居るよ。
    (Thanks, Yu. I'll always be near you.)」




女性
マリー・・・そんな風に消えることなんて許さないわよ!
どれだけあなたのダンジョンを攻略するのが大変だったと思ってるの?!


不明
いや、ホントあのダンジョンは嫌いだったよ。
SPが根こそぎ持って行かれて面白いはずもないんだけどさ・・・


26歳 男性
マリーの最後の嫁っぷりは結構、気に入ってる。それこそ
当初はなんだこいつはと思ったもんだけど、嫁化して以降は悪くないよね。

堂島「あんな状態で、どこ行っちまったんだ?
    (Where could she have gone in that condition?)」

菜々「お父さん、これ・・・落ちてた。(Dad・・・This was on the floor.)」



24歳 男性
今回について唯一言いたいのは・・・何故、キスしないんだ!ってことだな。


34歳 男性
悠は別にキャプテン・アースじゃないから、彼女にだってキスしないさ。:P


 42歳 男性 
彼は電車で町を去る前にキスされたから、わざわざ改めてすることもないよ。
穏やかな風に運ばれた桜の花びらが彼の頬を優しくかすめただろう?アレは
新しく就任した神様、マリーの祝福の口づけだったんだ。

堂島「そういや、今日来るんだったか、すっかり忘れてた。(I totally forgot.)」
鳴上「え?」
堂島「今、忙しくてな。迎えは行けそうにない。家の鍵も締まってるぞ。
    悪いがそういうことだ。友達と適当にやってくれ。じゃあな。
    (Hang out with your buddies or something. Later!)」




 34歳 男性 メーン州
よし、次はペルソナ4アリーナのアニメ化だな!


20歳 女性
ペルソナQ the Animation、ペルソナ4 Ultimax the Animation
ペルソナ4ダンシング・オールナイト the Animationも控えてるわよ。


 17歳 男性 
ダンシング・オールナイトはイゴールをプレイ可能キャラにして欲しい。


不明
デスメタルで足立を踊らせたい。


40歳 男性
申し訳ないけどイゴールを踊らせることにしか頭が回らない状況なんだ。

鳴上「久しぶり。(Long time no see.)」
陽介「久しぶり。(Long time no see・・・)」
鳴上「・・・驚いた。(You surprised me.)」
陽介「要らねえよ、そんな優しさ!(You don't have to be nice to us!)」



21歳 女性
完二、その髪型はないわ。(笑)


24歳
完二の髪はどうしちまったんだよ?!


不明
完二の服装を見るかぎり、悠に憧れてしまったんだろうな・・・
彼には似合うはずもないのに。

りせ「先輩、元気だった?私のこと、恋しかった?久しぶりの私、どう?!
    見違えた?ハートに刺さっちゃった?!(Am I piercing your heart?)」

雪子「自分が熊に襲われたみたい。(Looks like he was attacked by a bear.)」
千枝「今頃?(Now you notice?)」
直斗「今のどこが笑い所だったんですか?(What was the punchline, exactly?)」



不明
このシリーズも好きだし、悠×マリーの心温まる結末も受け入れてたんだけど
完二の黒髪だけは、どうしても受け入れられなかった。それ以外の部分では
心から満足してるよ。


不明
完二はアレが地毛だったみたいだね。


19歳 女性
完二の黒髪に対する違和感だけはぬぐいきれないわ。

鳴上「なんというか、皆変わったな。
    (I don't know what to say・・・You've all changed.)」

完二「なんで、俺のほう見て言うんすか?!」
陽介「何つーか、どんまい。(Oh, hey, it's gonna be all right.)」
完二「励ましてんじゃねえ!(Don't try to cheer me up!)」



不明
堂島さん、なんて嘘をつくんだ!


29歳 男性
「おぉ、俺の娘の命を救ってくれた甥っ子じゃないか。
今日、来るんだったか?失せな。(go f○○k yourself)」みたいな感じだな。


不明
いくら陽介たちに気を遣ったとは言っても
あれは流石に悠がかわいそうだよね・・・菜々子が可愛いから許すけど。

堂島「さっきは済まなかったな。おまえをびっくりさせるっていうんで協力を
    頼まれたんだ。(They asked me to help so they could surprise you.)」

鳴上「どうりで。(No wonder.)」
堂島「で、成功したのか?(So?Did it work?)」
陽介「ま、まあ、それなりに・・・(W-Well, in a way・・・)」



20歳 男性
長い髪の菜々子はひたすら愛らしいな。


不明
エピローグがちゃんと描かれてるだけでもここまで
見てきた甲斐があった。菜々子がベストガールだ!


不明
髪を下ろした彼女は可愛すぎてもう・・・警察を呼んでくれ!

菜々「ただいま~・・・あ、お兄ちゃんだ!お兄ちゃ~ん!うふふ!」
鳴上「久しぶり、元気だったか?(Long time no see. How've you been?)」
菜々「うん!」
堂島「お前が来るのを指折り数えて待っていたんだが朝から習い事があってな。」



男性
菜々子が悠に飛びついた時点で危うかったけど
彼女が悠を見上げた瞬間に俺の心臓が止まった。


不明
おいおい、この変化を見てくれよ。特に千枝なんて色っぽすぎるだろ!


不明
それぞれよく似合ってるよね。髪型を下ろして露出の増えたりせも好き。


不明
エピローグで皆が少し大人になってるのがいいよね。完二は髪を染めてないし
直斗は女モノの服も着るようになってる。マリーがお天気お姉さんになった事
も頬が緩む一幕だった。(笑)

マリ 「どうもどうも、クスミマリコでっす。(Hello, hello!I'm Mariko Kusumi.)」
菜々「うわ~マリーちゃん!菜々子、マリーちゃん大好き!」
堂島「最近の菜々子のお気に入りでな、かかさず見てるんだ。
    (She's a favorite of Nanako's lately. She never misses a report.)」




21歳 男性
マリーこそ史上最高のお天気お姉さん(weather-girl)に違いない。


 25歳 男性 スウェーデン
世界各地の町に予報を担当してくれる地元の神様が必要だよ。
それが、可愛い女の子かどうかは二の次としても。:)


usa_50 65歳 メリーランド州
地元の気象観測所が天気予報を伝えるのに
そこらのトップチアリーダーに任せていた1960年代に戻った気分だ。


 22歳 男性 メキシコ
マリーの劇的な告白は予想してなかったのもあって、完璧に不意打ちを食ら
ったよ。XD 完二の変化にも笑ったけど、菜々子が死ぬほど可愛かった。*v*

マリ 「えっと昨日まで雨ばっかりでした。なので、今日から晴れにしました。
    まあ、こんだけ降ったし、この夏はもう水、困んないでしょ。つーか
    彼がきてるのに雨とかありえないんで・・・
    (And besides, since he's here now, rain's just out of the question.)」

アナ「あの・・・落ち着いて・・・」
マリ 「この先しばらく晴らします。(So I'm gonna keep it sunny for a while.)」



28歳
マリーのツンデレ天気予報として、アプリ化されないもんかね。
べ、別にアンタを好きだから晴れにしたわけじゃないんだから!


26歳 男性
今日の天気です。爽やかな晴天が広がりますが
ところにより、愛の告白に見舞われるでしょう。


31歳
悠ですら何だって!?って感じだったけど
いまや天候も操れるようになったんだから、もう言うことないね。

マリ 「あ、でも、暑かったら降らすんで、雨。適当にすぐ言ってくれたら良い
    と思います。彼なら。ん・・・(For him, yes・・・)」

菜々「マリーちゃんが明日のお天気決めるんでしょ?マリーちゃんが晴れって
    言うと、晴れるよ。」

陽介「こ、この子の場合は、どうなんだろう、それ・・・
    (I-I wonder what would happen in this kid's case・・・?)」




24歳 男性
さあ、皆!マリー×悠のカップリング(ship)に乗った乗った!


 20歳 男性 
その船で1番良い席のチケットはあるかい?


20歳 女性
シュッシュ、ポッポー!


40歳 男性
マリーの告白に1番衝撃を受けてたのは他ならぬりせだったな。(笑)

マリ 「それから、今日は私信(personal message)があります。私、元気で
    やってます。悠大好きだよ!(I'm doing quite well. Yu, I love you!)」

りせ「な!ななあ!(What?)」
菜々「わああああ!」
千枝「い、今のって!(Was that・・・)」
陽介「あ、愛の告白?!(・・・a confession of love?)」



 27歳 男性 ポルトガル
マリーの告白に対する、千枝とりせの反応が傑作だったな。(笑)


 男性 オクラホマ州
マリーとりせの悠を巡るライバル関係は激化する一方だな・・・
皆、しっかり掴まれ!ここはもうすぐ愛の紛争地帯になるぞ!


20歳
もうすぐ・・・?もうすでに彼の周りが修羅場と化してると思うんだが。XD


 男性 オクラホマ州
もうすぐというのは、確かにちょっと控えめな表現だったかも知れない。;)

堂島「こりゃ、苦情殺到だろうな・・・たく、最近の若いヤツは・・・」
アナ「で、では、いつものをどうぞ。」
マリ 「それじゃ、明日も、がーんばってね。と。
    (I hope you all have a goooood day tomorrow!)」

菜々「がーんばってね。(Have a goooood day!)」



 24歳 男性 オクラホマ州
我が嫁、りせよ!永遠なれ!


25歳 男性
マリー×悠はいまお気に入りのカップルだ。元々は悠×直斗派だったんだ
けど。ごめんね、直斗。この二人の可愛さに気づいてしまったんだ!T^T


24歳 男性
眼鏡をかけて、予報キャスターらしい服装のマリーは・・・HHHHGGGGG!


 24歳 男性 フロリダ州
よかったよかった、マリーは再び人としての姿を取り戻すことが出来たのか。
戻ってきた悠とも会えそうでなにより。

完二「なんか、このフレーズ人気らしいんすよ。
    (I hear that phrase is really popular.)」

直斗「聞くと、不思議と元気になるようです。
    (When you hear it, you mysteriously start to feel cheerful, it seems.)」




 不明 
天気予報を必ず当ててくれる神様なんて、これほど魅力的なキャスター
もそうそう居ないよなぁ・・・シアトルにも一人くらい出ないもんかね。


28歳
菜々子が大きくなったら
マリー以外の気象予報士のあまりのあたらなさに愕然とするだろうな・・・


27歳 女性
皆で悠の帰りを祝福したとき、マリーの「悠」って声が挟まってたのが大好き。

菜々「では、せ~の!(All right. Three, two・・・)」
マリ 「悠。(Yu・・・)」
一同「おかえりなさい!(Welcome home!)」
完二「ご無沙汰です!(Long time no see!)」



24歳 男性
結末には満足してるけど、まだまだもっと見たかったっていうのが本音だな。
実際、P4、P4Gと見てきて物語の深みを味わう為にはゲームをやるしかない
という確信を新たにしてるからね。


男性
個人的に、ここは何度もゲームでプレイしてきたけど
アニメを見ても変わらず、暖かい感動を与えてくれた。


24歳 男性
おかえり!(Welcome home!)に対して
ただいま!(I'm home!)で返すのか・・・言われなくても分かってるんだが・・・
(訳注:I'm home.は、「ただいま」の訳語としてしばしば使われますが、あくまで
    「誰も居ない様子の時、声を掛ける表現」であり、面と向かって使う言葉
    ではありません。日本語に訳すなら「いま帰ったよ~」ぐらいのノリです。)


クマ「コレだから完二は!(Kanji, you really are・・・)」
直斗「ま、いつも通りですけどね。(Well, it's not anything new, is it?)」
陽介「あ~ほんと何も変わんねえな!(Man, you really haven't changed at all!)」
鳴上「みんな・・・ただいま!(You guys・・・I'm home.)」



colombia_50 21歳 男性 コロンビア
終わり方としては無印版よりこっちの方が幸せに締めてくれて好きだな。:3


 男性 
限りない幸福に満ちた黄金の道を
進んでいく彼らの毎日は、家族や友人、そして笑いに溢れてることだろう。

陽介「よっしゃああ!とりあえず、喰おうぜ!相棒!
    (All right!Let's all dig in, then, partner!)」

鳴上「ああ!(Right!)」


      
BD 1 2 3       ペルソナ4 ザ・ゴールデン  漫画 1 2 3 4 5 6 7 8 9