Resolution
以下、ASMAL、Reddit、4chan、YTより引用。(CRで公式に海外配信中。)


 25歳 男性 
よくよく考えてみると、あんだけハンデを背負いながら、数センチ差で
負けた総北って万全の体制で臨むだけでも勝てるんじゃないか・・・?

金城「届け!!託された想い、預けられた願い!!そしてオレ自信、この3年間
    積み上げてきたもの!!いけ、進め!!金城真吾!ゴールに届けぇえ!
    (Go!Move forward, Kinjou Shingo!Reach the finish line!)」

福富「わずか十数M!!オレは強い、オレは強い!
    オレは強い!!誰よりも強い!!(Just over ten meters left.
    I am strong. I am strong!I am strong!Stronger than everyone!)」




不明
福富が何回、俺は強いって言ったか、誰か数えてる人いたら教えてくれないか?


不明
KINJOU!!!!!


不明
FUKUTOMI!!!

司会「フィニッシュ一位、二位2日目を制したのは、王者、箱根学園エース!
    ゼッケンナンバー1、福富寿一選手です!!京伏フィニッシュ!痛恨の
    3位!(A disappointing third place!)」

福富「うおおおお!」
金城「くそ!!届かなかった・・・(Damn it. I didn't make it.)」



47歳 男性
二年越しに決着をつけたのはいいんだが
金城から奪った勝利の償いは出来てないんじゃないか?


19歳 男性
その意見は分かるけど、だからといって、たとえばここで
勝利を譲るとまた別な遺恨を残すだけになっちゃうから。


 42歳 男性 
公平な状況で思う存分戦うことで、過去の因縁に決着をつけたんだから
これでいいんだ。勝利は、おまけ(the cherry on top)みたいなもんだろう。

金城「皆の想いをゴールに届けるのがエースだというのに・・・
    (Delivering everyone's hopes to the finish line is the ace's job.)」

福富「金城!終わった・・・ようやく、オレの1年におよぶインターハイ
    第2ステージが・・・(Kinjou. It's over. Finally, the Inter-High
    second stage, which haunted me for the last year・・・)」




21歳 男性
ツンデレ金城:まったくもう!不器用なんだから・・・ばかぁ・・・


不明
この男らしい涙、美味しく頂きました。


不明
何故、福富はこれほど美しいんだろう。

福富「ありがとう!全力で勝負してくれて!!これでオレは、心から笑える。
    (Thank you for fighting me with all your strength.
    Now I can laugh from the bottom of my heart.)」

金城「(おまえもこの1年・・・重責とそして自分自身と闘ってきたんだな。)
    ・・・まったくおまえは、不器用なヤツだな。(You're so awkward.)」




不明
それは彼が福本顔(FKMT face)をしているからだね。


不明
完璧な三角形だからさ。


不明
彼が強いからだと思う。

金城「言ってることが逆だ、それは笑ってるんじゃなくて、泣いているんだろ。」
福富「ああ・・・そうだな!!金城真護・・・(You're right, Kinjou Shingo.)」
金城「フ・・・」
福富「今日は本当にいい勝負だった!(Today's battle was good.)」
金城「おまえは強い!!だが、明日は負けんぞ!
    (You are strong. But I won't lose tomorrow!)」




不明
これこそ、真のブロマンスだな。


不明
この二人の結びつきは、他のどの関係性よりも男らしいモノだったな。


 17歳 女性 アリゾナ州
二日目が始まってから数ヶ月が経ったわけだけど、遂に終わったのね・・・


14歳 女性 ①
ふふ、二人は気持ちの良いスポーツマンね。インターハイについて、また
洞察の深まる回だけど、金城の膝の怪我が悪化しないことを願ってるわ。
三年生にとっては最後のレースだもの・・・

金城「明日は3日目・・・今年のインターハイ・・・最後のステージ・・・
    絶対に負けん。福富・・・箱根学園・・・何があっても・・・!!
    (I won't lose, Fukutomi, Hakone Academy. No matter what happens.)」




29歳 男性
今の御堂筋はいつもの気味の悪さに加えて、落伍者になってしまった。


不明
とりあえず、これでしばらくの間は
あのグロくて不気味な舌を伸ばした御堂筋の表情を見ずにすみそうだ。


 27歳 男性 
ただでさえ壊れてる御堂筋がもっと壊れちゃうなんて・・・


 22歳 男性 カリフォルニア州
また、続きが気になる終わりか・・・御堂筋は負けたことで気落ちしてるんだね。

後輩「おい誰や、バイク倒したままにしとるのは、石垣さんにドヤされるぞ!
    (Hey!Who left his bike on the ground?Ishigaki-san's gonna yell at him!)」

後輩「何や・・・御・・・!!(Oh, it's Mi—)」
御堂「敗・・・北者・・・(Loser・・・)」



 不明 アラブ首長国連邦
良い話だったけど、まだ悲しみがぬぐいきれない。:(


21歳 男性
自分もまだ、御堂筋の悲しい過去から立ち直れてない。:[


24歳 男性
壁際に座り込んでる御堂筋を見た時、目がピクピクと痙攣を起こしてしまった。
思えば、ずいぶん遠くに来てしまったけど、二日目も綺麗な終わり方だったな。

坂道「見えたゴールだ・・・!!(I can see it. The finish line!)」
司会「先頭につづいて総北と箱根学園、チームメンバー京都伏見も2名!今
    第二ステージ、ゴールゲートをくぐります。
    (They're crossing the finish line of the second day's second stage.)」




不明
結局、京伏の残りのメンバーって何人くらいゴールしたんだ?


不明
そういえば、京伏でゴール出来たのって二人だけなのかな?


不明
御堂筋が出るのか分からないけど、京伏の他のメンバーって
最終日には先頭争いに殆ど絡んでこないって認識でいいんだよね。

坂道「でも、鳴子くんや今泉くんがいてくれたからなんとかゴールできたよ
    ・・・ありがとう。(Thank you.)」

鳴子「ああ!!けど、小野田くんおったから
    箱学に追いついて勝負出来たんやで!(Sure, but we only caught
    up to Hakone Academy and got to compete because of you.)」




 不明 スウェーデン
もしも、三日目に御堂筋が出てこないとしたら
京伏の他のメンバーがあまりにも気の毒だな。:[


不明
髪を下ろしてる鳴子ってやっぱり可愛いね。

今泉「すまない、ほんの数センチだった。オレのアシストとしての力が・・・」
田所「ま、いいんじゃねーか!!(It's fine.)」
巻島「ショ!!(Yeah.)」
田所「王者箱学まであと数センチのところまで来てるってことだろ?(It means
    we're only a few centimeters behind the champions, Hakone Academy.)」




女性
一年生の前では悔しさを決して見せない三年生達にうっとりしたわ。


不明
手嶋はベスト・マッサージ嬢だよ。

金城「・・・もう少し左向きに押してみてくれ。(Push more to the left.)」
手嶋「はい、ゆっくりいきます。(Okay. I'll go slow.)」
寒咲「あ、外から見えるから閉めるね。(I'll close the flap so no one sees in.)」



不明
金城がエースとしての役割を果たせないとなると、三日目はどうするんだろう。
誰かがその役割を引き継ぐのかな?


 男性 オーストラリア ②
小野田には、まだ伸びしろを感じるから、もしかしたら
最終日にエースの走りを見せてくれるんじゃないかと期待してる。


不明
というか、小野田の功績がさらっと流されてるけど、前に進めない人間を
連れてきたって時点で「小野田君も頑張った!」レベルじゃないと思うんだ。

奇跡が起こるとそれをすんなり受け入れられる人間は少ないけど、彼の事を
もっと認めるべきだと思う。これは、人間が大自然の中で生きていく上でヒト
としてなすべき最低限のことだと思うからね。

鳴子「グラサン・・・いや、金城さん、どしたんすか?
    (Shades・・・I mean, Kinjou-san!What's wrong?)」

坂道「だ、大丈夫ですか?(A-Are you all right?)」
巻島「ヒザか・・・(Your knee, huh?)」
金城「ああ・・・ちょっとムリをした。(Yeah. I pushed myself too hard.)」



 男性 
小野田(Onadera)はクライムが得意だけど、エースになることはないんじゃない?
基本的にどんな地形でもこなせるような人がエースに向いてるって
話だったし、今後チームを引っ張っていくエース格は今泉の可能性が高いと思う。


 不明 スウェーデン
金城が駄目だったら、ずっとアシスト役を務めていた今泉がエースになる
んじゃないかな。少なくとも、小野田や鳴子よりは適任だろうし・・・あとは
御堂筋が敗北を乗り越える勇気を見せて欲しいね。彼はベストボーイだから。


 不明 
三日目はクライム勝負で決まるみたいだから、文字通りのエースで
なくとも山が得意な人間が引っ張る展開になる可能性が高いと思う。

田所「つーか、まあヒザいためても獲れなかったんだから、今日は福富の日
    だったってコトなんじゃねーか。(Since you didn't even win after
    hurting your knee, maybe today was just Fukutomi's day?)」

巻島「だな。(Yeah.)」



 21歳 男性 
小野田が最後尾まで下がったり、先頭に戻ったりを繰り返してることを
考えれば、彼は一人でコース内を周回してるようなもんなんじゃないか?


25歳 男性
そして、彼は最強の自転車乗りであることを証明してくれると思う。


不明
いや、周回まではしてないだろう?基本的にその場にとどまってただけだし。


男性
まあ、確かに皆を素通りさせただけとも考えられるけど
田所を拾いに行ったときの時間や距離を考えると、拾いに戻ってる気もする。

坂道「あ、あの・・・金城さんは・・・明日・・・走れるんでしょうか・・・
    (Um, Kinjou-san, will you be able to ride tomorrow?)
    最後の日のレース・・・ろ・・・6人全員で・・・チームなんですよね。
    (It's the last day's race・・・The six of us make the team, right?)」




21歳 男性
それは坂道による、他チームの精神面を破壊するための作戦だから。


 28歳 男性 ワシントン州
自分は坂道の敗者(under dog)っぷりが好きなのもあって
エースとして抜きんでた活躍をしてるところはあまり想像できないな。


 36歳 男性 ネバダ州
と言うよりも彼は、後方からのレース展開が得意な脚質なんだろう。

巻島「小野田ぁ!鳴子と今泉もだ!
    ちょっと休憩したら外でるぞ!お前らに見せたいもんがあるっショ。
    (Onoda. Naruko and Imaizumi, you guys, too. Take a short break
    and come outside. There's something I want to show you.)」




男性
小野田は追いかけてるときに笑顔になってた。
究極の動力源であるサイクリング愛さえあれば、どんな時も輝いていられる。


不明
小野田は単純に天賦の才に恵まれているだけだよ。以前、そういう人と乗った
経験があるけど、彼らは殆ど初めて乗ったような状態でも、経験豊富な
ライダーに引けを取らない走りをしてみせる。実際に居るんだ、これが!


男性
金城と福富のレース後のブロマンススポーツマンシップが清々しかった。
巻島が一年生達にロードレースの苦しみや、三日目の為の薫陶、激励を
与えているのもいいね。(^^) 最終日に箱学は更に脅威となって立ち
はだかるようだけど、総北も同じくらい十全な状態で迎えたいもんだな。

坂道「ちょっと表彰式はやいですね、まだ選手50人くらいしかゴールしてませ
    んよ。あと、倍くらいいるのに・・・何かのミスですかね・・・?」

巻島「いいのさ・・・レースは終わったんだ。(It's fine. The race is over.)」



不明
40分で足切りになるって小野田はおろか他の一年生も知らなかったの?


不明
もしそれを事前に小野田に伝えてたら、怖がって萎縮しちゃってたと思う。
少なくとも、田所を救いに行くなんて選択肢は絶対に出なかっただろうね。


不明
小野田の走りの奔放さの多くは自転車を知らないところから
来てるから、あまり細かく教えすぎるのも考えものだよね・・・


不明
まあ言うべき絶好のタイミングはあったけど、言わなくてよかったよ。だって
小野田に言っとくと40分ギリギリでゴールするフラグにしかならないし・・・

巻島「時間切れ、タイムアウト・・・前に言ったっショ。ロードレースは過酷
    な生き残り戦だ。金城たち先頭がゴールしてキッカリ40分後。それまで
    にゴールできなかったヤツは・・・明日のレースは走れない!!
    (It's been exactly 40 minutes since Kinjou and the others finished.)」




不明
坂道:え、39分までなら遅れて良いんですか?


不明
今泉や鳴子もわかってて、あえて知らんぷりしてた可能性があるね。


不明
だとしたら、なかなかの役者ぶりだったな。


不明
皆、勘違いしてるけど今泉も鳴子も知らなかったとは言ってないから。
目の前でリタイヤする選手を見せられて、驚愕しただけかもしれない。

巻島「悔しくないのかって言ったな、鳴子。わずか数cm差だ、悔しいさ。
    (You asked if we weren't frustrated, Naruko.
    It was just a few centimeters. Of course we are.)
    喉掻きむしってのたうち回るほどにな・・・けど、そいつは明日の糧に
    しまっておくんだ。いま、出しても腐っちまうだけだ。道の上で爆発さ
    せろっしょ。(I wish I could fall to the ground and claw at my throat.
    But I'll hold onto it as my source of energy tomorrow.
    If I let it out now, it'll only rot. I'll let it explode on the course.)」




男性 ①
箱学が二日目を獲るとは思ってたけど、王者に対して数センチの差ほどに
肉薄してるんだな。巻島の一年生へのスピーチも好きだった。確かに、数
cm差で破れてしまったり、目標に届かないことほど悔しいことはないだろう。


 21歳 男性 
御堂筋が他の選手をゾンビ呼ばわりしたかと思えば、今度は「屍のうえを
走ってる」なんて台詞があったり、「死のイメージ」がつきまとってる大会だ。

巻島「シカバネを踏んでる覚悟だ!レースが始まったら1秒だって無駄にするな!
    どんなチャンスも逃すな!金城が明日、走るかってきいたな、小野田。」

坂道「ぁ、はい。(Yes, sir.)」
巻島「走るさ・・・当然な。あいつはそれを1番よく知ってる。
    (He'll ride. Of course he will. He knows that better than anyone.)」




男性 ②
三日目も面白くなりそうだな。京都は翔を失って、箱根も何かイレギュラーを
予感させる伏線が張られていて・・・他のチームが現れるのかわからないけど
もし、現れないようなら、総北は一年生が頑張る展開になるのかな。

坂道「覚悟・・・!(Resolution・・・)」
鳴子「借りは明日返せいうことすね!(He means for us return the favor tomorrow.)」
今泉「オレたちがオレたちの手で・・・(With our own hands.)」
坂道「走る覚悟!!(The resolve to ride.)」



不明
巻島と田所の後輩への思いやりが見えるシーンが大好き。


不明
疲れもそうだけど、悔しさも直接見せてないのがいいよね。

巻島「クハ、ったく世話ぁやけるショ1年わ・・・(The first-years can be such a pain.)」
田所「よう。慣れねェ事、お疲れだったな。(Good job getting out of your comfort zone.)」


不明
自分たちが居なくなったあとを見越して教育してることに、真の愛情を感じるな。


不明
一年生の時から、金城に倣って自分たちだけでやってきたのも大きいんだろう。

田所「のむか?(You want some?)」
巻島「いや・・・いい・・・うけとる力残ってねェ・・・ショ。
    (No, I'm good. I don't have the strength to accept that.)」

田所「ガハ、おめーもかよ!!(You, too, huh?)」



 25歳 男性 マサチューセッツ州
エースとしては乗れないかも知れないという金城の発言、東堂の真波に対する
単独クライムのアドバイスなんかを聞いてると、これ以上ない伏線に思えてくる。


 25歳 女性 スロバキア
素敵なポイントがありすぎてまとめ切れなかったから
とりあえず、毎分毎秒楽しめたとだけ書いておくわ。

新開「有り難うよ、寿一。お疲れ。(Thank you, Juichi. Good work.)」
東堂「俺もだ!(Me, too.)」
荒北「たくっ。(Sheesh.)」



女性
箱学のメンバーが
ハイタッチ(high fiving)しあってるシーンのBGM、私のお気に入りなのよ。


 24歳 女性 
どちらのチームのハイタッチ(hi5:ハイファイブ)も心温まるやりとりだった。
それに、綾ちゃんが帰ってきた!私は色んな理由から、彼女と小野田に
運命を感じてるのよ。(笑)

泉田「もう優勝は目前ですね?(Victory is right before our eyes.)」
福富「だが、何が起こるか分からないのがロードレースだ。」
荒北「心配しすぎだぜ、福ちゃん。(You worry too much, Fuku-chan.)」
福富「だとイイがな。いずれにせよ、明日三日目も俺達が獲る!俺達は強い!
    (I hope that's all it is. Either way,
    we will win the third day tomorrow. We are strong!)」




 25歳 男性 カリフォルニア州
綾ちゃん!このアニメに幹以外の女の子がいたことを忘れてたよ!


不明
インターハイ編が始まって以来、彼女を見てなかったからな。お帰り、綾。


不明
もう出てこないと思ってたから、綾ちゃんが出てきてくれて嬉しい。


不明
原作者が描き方を忘れてしまうくらいに出番のないキャラだからな。

寒咲「うふふ、綾ちゃん!応援に来てくれたんだ!
    (Aya-chan, you came to cheer the team on?)」

橘綾「うん!箱根に親戚が住んでて偶然ね。ゴール前だけは見てたよ!惜しか
    ったね~!(I was watching the finish line. That was a close one.)」

寒咲「でも、まだ明日があるから。(But there's still tomorrow.)」



不明
寒咲はなんで、これからテニスでもやりそうな服装をしてるんだ?


 22歳 男性 オレゴン州
ちょっと寒咲のスカートの短さが尋常じゃないことになってない?


29歳 男性
彼女はチアガールみたいなもんだろ?なら、このぐらい普通だ。

通司「そうだな、優勝は十分狙える。このメンバーならな。
    (Yeah. We have a shot at victory with this team.)」

橘綾「明日はバッチリ応援するからね。(I'll cheer my heart out tomorrow.)」
寒咲「うん。(Yeah.)」



18歳 男性
本当に問題があったら兄貴が止めてるだろうし、大丈夫だろう。


不明
三年生が兄弟みたいな絆を築いてるのが愛おしい。そして翔のマスクの裏に
隠れた真実を見たいと思ってた人間としては、来週が待ち遠しくてしかたない。

金城「思った以上に健闘してくれた。」
田所「俺達が一年のころよりすげえんじゃねえか?
    (They might be more impressive than we were as first-years.)」

金城「そうかもしれんな。(Maybe.)」



 19歳 女性 ポーランド
金城は「ベイビーステップ」のエーちゃんと仲良くなれそうね。(笑)


 26歳 男性 
以前の金城は「ベイビーステップ」の栄一郎みたいなノート君だったのか?

田所「皆のことも書き込んでるのか?(You write about everyone?)」
金城「あぁ、最強のチームになるためにな。」
巻島「最強のチーム?(The strongest team?)」
金城「来年はインハイに出て、優勝を目指す。
    (Next year we'll ride in the Inter-High and aim to win.)」




男性
あそこまでゼロからのスタートではなさそうだけどね。


不明
別に多くのことが起きたわけじゃないけど、先週の愛らしさと打ってかわって
御堂筋がおぞましい状態で戻ってきたことや、若くて目を輝かせてる金城が
見られて幸せだった。

巻島「金城が俺達の特徴を生かして、レース展開を考えてくれたからっしょ。
    だな?田所っち。(Right, Tadokorocchi?)」

田所「田所っち?妙な呼び方すんな。(Tadokorocchi?Don't call me that.)」
金城「コレが俺達の形かもな・・・三人の力で勝つんだ。
    (This may be our true form. We win on our combined strength.)」




 22歳 男性 イリノイ州
次のシクロクロスレースで総北仕様にカスタムしたジャージを着ようと思って
るんだ。既に姫の歌を口ずさみながら自転車に乗ってるから、次のステップに
進もうと思ってね。


 30歳 女性 クロアチア
凄まじいフィニッシュだった!これだから弱ペダ好きなのよ。
箱学にトップを譲ったのは残念だけど、総北にもチャンスは十分
残されてる。金城も怪我をして、皆も疲労困憊な様子だけど

翌日までになんとか回復して欲しいわ。後半では興味深い回想も
描かれ穏やかな気分に浸れた・・・でも、最終日はどうなるかしらね・・・

巻島「あのときから思うようになったっしょ。金城に着いていけばなんとか
    なるってな。」

田所「実際、ここまで来たしな。(We did make it this far.)」
金城「明日が最後のレースだ。俺達も、明日は負けられない。総北の戦いを
    一年に伝えるためにな。(Tomorrow is our last race. We can't lose
    tomorrow. We have to teach the first-years how Sohoku fights, too.)」




22歳 男性
途中で呼びかけるのをやめたからって
彼らに声が届かなくなるのかというと・・・>_>


不明
寒咲のやりたいことはよくわかるけど
思いっきり声をかけたあとに思い直して去って行ったのはちょっと笑った。


不明
今更だが目がでかくないか?


不明
少なくとも夜目は効くだろうな。

寒咲「あ、あんなところに・・・そろそろ夕食・・・
    (There they are. It's almost time for・・・)」




不明
腹筋に声をかけながら、カールをやる泉田ロジック。


usa_50 18歳 アメリカ
ABU ABU ABU ABU ABU ABU ABU!!!!


不明
Abs, abs, abs, abs-suuuuuuuuu(笑) XD


不明
お湯がちゃんと透けてるおかげで、よく見ると新開の半裸がすこし見えるよね。

新開「おう、靖友。(Hey, Yasutomo.)」
荒北「てめえ、まだ入ってたのかよ。(You're still here?)」
新開「疲れが取れる。(I'm still tired.)」
荒北「長えよ!(It's been way too long!)」



不明
べつに、わざわざ透けさせなくてもよかったんじゃないか?


不明
乳首は隠してるから大丈夫。


不明
頭のタオルの上にプロテインバーを乗っけてた新開に笑いが止まらなかった。(笑)


 17歳 女性 
二期で最も好きな話だったわ!クールダウン・エピソードながら各チームの
掛け合いが描かれて・・・そうそう、真波が歯を磨いてるシーンが萌えたわ。


不明
金城の決心もそうだけど、東堂と真波の会話もやたら意味深だったな。

東堂「明日は俺が山を獲る。(I'm taking the mountains tomorrow.)」
真波「ひってますよ、福富はん、ひっへまひは。
    (I know!Fuhuhomi-han haid ho!)」

東堂「ゆすいでから喋れ、馬鹿者!(Rinse your mouth out first, idiot!)」



 23歳 男性 テネシー州
どこもかしこも伏線だらけだよね。


 不明 
真波にはヒントにヒントを重ねてる。;)


 20歳 男性 ギリシャ
小野田と真波の戦いの匂いを感じ取ってるのは俺だけなのかな?


男性
間違いなくそのバトルは起こるだろうね。

東堂「何らかのイレギュラーがあって、お前が行くことになったらどうする?」
真波「燃えますね!そうなったら、俺が最初に山頂に行けるってことでしょ?
    (I'd be super excited!That means I'd reach the peak first, right?)」




 男性 サウジアラビア
翔が3日目も乗ることを確信してるから、来週は彼についてもう少し掘り下げら
れる展開になるんじゃないかと考えてる。あと、真波にも伏線が張られてるね。
彼が自由に舞ったらどんな風になるのか楽しみでしょうがない。


 不明 インドネシア
まあ、三日目も御堂筋が走るのは間違いないだろうな。^^


 女性 スペイン
伏線もあるけど、一期最終回の予告で描かれてるのもあって
ある程度、この先の展開は読めるね。


不明
皆それぞれの日常風景も見られたし、解き放たれた真波も楽しみにしてる。

東堂「仮の話だ。だが、心に留めておけ。同じクライマーとしての俺からの
    アドバイスだ。お前一人で箱学のジャージと歴史と、プライドを
    背負い、ゴールに向けて走る状況になったら、そのときは・・・
    自由に走れ。チームのことは全て忘れていい。
    (Ride free. You can forget about the team.)」




 25歳 男性 
ちょっと嫌な予感しかしない伏線は勘弁してほしいな・・・


 42歳 男性 
小野田が買い出しに行くことを申し出たとき同じことを思った。
三日目には万全な状態で向かって欲しいからな。


不明
小野田が薬局につくまで何時間かかる予定なんだ?3kmもあるだなんて!


不明
21分くらいだろう。

杉元「あ、そういえば金城さんがテーピングとスプレー買っておくようにって」
手嶋「確か、国道に薬局があったはずだけどな・・・
    (I think there was a pharmacy on the national route.)」

坂道「あの、ボク行ってきましょうか?
    (Um, would you like me to go get it?)」




不明
来週、小野田が木か何かに突っ込みでもしない限りは
前半でたどり着いて後半で帰ってくるくらいできると思う。


 男性 オーストラリア ①
たった一話で御堂筋に対するみんなの見解が、様変わりしてしまった
ことに感嘆してる。というのも彼がレースをしないと決めただけで、これ
ほど動揺することになるとは思わなかったからね。


 不明 
待て待て、御堂筋。ここで退場は早すぎるよ。せっかく最強の一角なのに。


 不明 
式典を欠席して、砕けた歯を隠すためのマスクをつけ、敗北にうちにめされてる
御堂筋の姿が痛ましくて見てられなかった。ここで棄権することにはならないで
欲しいから、どんな変化が彼を待ち受けているのか楽しみにしてる。

御堂「明日はボクはレースにはでえへん。
    (Tomorrow・・・I'm not riding in the race.)」



21歳 男性
惰弱筋(weakousuji)、どうしてだ!?


不明
弱気筋(Yowaisuji)のほうがいいな。


14歳 女性 ②
Cパートの福富は、東堂の誕生日の出し物のために頑張ってたのね。(笑)


不明
ここまで見てきた中でも
今回、荒北と新開がのぞき込んでるアングルがいちばん好きだな。


不明
オス臭い空間にも程があるだろう。(笑)

荒北「は?!福ちゃん、なんかやんの?」
新開「へえ、俺も知りたいな、寿一の出し物。」
荒北「福ちゃん、何やんの?ねえ、ねえねえ。(Hey. Hey, come on. Hey, hey—)」
福富「ひ、秘密だ!(I-It's a secret!)」
二人「なんだよ!(What is it?)」