Absolute Sword
以下、ASMAL、Reddit、4chan、RCから引用。(CRで公式に海外配信中)


24歳 女性
もしかして、キリト×アスナの絡みはこれで終わりなのかしら・・・(シクシク

リズ:またバーサクヒーラーの通り名が広がるかなぁ?
    (Maybe everyone will start talking about the Berserk Healer again!)

アス:あははははは。
ユイ:パパ、顔に何か付いてますよ?
    (Daddy, you've got something on your face.)

キリ:ぁ、マジ?(Ah, seriously?)



男性
室温を15度に設定しておくとか冗談だろ?!


 41歳 男性 
まあ、個人的な好みというものもあるし
母親から節電することを娘に課してるのかも知れない。


男性
ゲーマーたるもの指を冷やしてしまうなんて、断じて許せない!


不明
指なし手袋をはめとけ。


不明
もしかしたらダイブし終わった後は汗でびっしょり、なんてほうが多いのかも。



不明
あれはアスナが暖かなログキャビンで友人と戯れたあと、孤独な現実
に戻ってきてその寒さにひとり震えているという、コントラストの役割を
果たしてる描写でもあるね。


不明
家全体が寒々しく見えるな。親の主義のせいかもしれないけど、実際に
豊かであるかよりも、「金持ちらしく」見られることを尊重してるみたいだ。
ぱっと見は立派な家なのに、中は灯りもまばらで暖かみもないんだから。


不明
新OPはビジュアルも戦闘も音楽も全て豪華だけど、キリトがそこに居ない
時点でこの章の主人公が誰なのか察するべきなのかもしれないな。あと
ちょっと不思議なこととして、ユウキの声を悠木碧さんが担当してるんだね。




 18歳 女性 
OPは前回のモノをベースに
そのまま新たなギルド?のメンツを重ねてるのが味が合って良いわね。


不明
さあ、みんな、お母さんの話をするのはやめよう。


不明
皆さん、もしもアスナのお母さんを憎たらしく思っているなら
それは彼女が正常に描かれていると言うことです。


不明
実に精緻に描かれたことを神に感謝すると共に、彼女を憎もうと思う。

母親:遅いわよ。五分前にはテーブルに着くようにしなさい。
    (You're late. Make sure you're at the table five minutes early.)

アス:ごめんなさい・・・ぁ・・・いただきます。
    (I'm sorry. Thanks for the food・・・)




不明
これほどの短時間にここまで憎しみを集める彼女は凄いキャラだと思う。


不明
アスナのお母さんにはとりあえず、平手打ちを食らわした方が良い。


不明
手の跡がくっきりのこるくらい、思いっきりぶちかまして欲しい。


usa_50 21歳 男性 ミシガン州
ユウキの腹部を殴ったときと同じノリで、母親を殴ってくれたらいいのに。

母親:また、あの機械を使ってたの?(Were you using that machine again?)
アス:うん。みんなと宿題する約束があったから。
    (Yes, I'd promised to do my homework with everyone.)

母親:そんなのちゃんと自分の手を動かさないと勉強にならないわ。(You need
    to move your own hands when you do it, or you won't learn anything.)




27歳 女性
自分の好きなことが子供にとっての幸福につながるとは限らないわよね。
幸福の捉え方に対して人々の認識はそれこそ千差万別なんだから。


不明
純粋にMMOプレイヤーとして
「友達と会ってるわけじゃない」って台詞に本気で撃ち殺したくなった。


不明
あぁ、自分もそこは腹立ってしょうがなかった。無論、現代社会では
オンラインとオフラインの奇妙な壁は確かに存在してるけどね。俺達が
手を伸ばしたところで、画面越しに友人を平手打ちすることもできない。

でも、だからといって「繋がってない」ってわけじゃないだろう。しかも
母親が言ってるのは単に機械に疎い世代だからどうこうって話じゃない。
彼女はインターネットやゲームはおろか現代技術による繋がりそのものを

否定してるように聞こえる。インターネットを介してゲームで遊んでる
関係は、現実に会ってないから友人づきあいじゃないだって?まったく
もって腹立たしい話だよ。

アス:みんな、住んでるとこが遠いの。あっちでなら、すぐに会えるのよ。
    (Everyone lives far away. I can meet them easily there.)

母親:あんな機械使っても会ってることにはならないわよ。だいたい、宿題
    なんて一人でやるものです。友達と一緒じゃ遊んじゃうだけだわ。
    (If you do it with others, you'll just end up playing around.)




不明
彼女にとってはVRMMOは馴染みがなさ過ぎて現実味がないんだと思う。


不明
現実味がないのは構わないけど、あの想像力のなさはちょっとまずいよ。


不明
しかも、他者の気持ちを考えられないっていう人として致命的な部分で
想像力が欠如してるから。何か悪い病気でも患ってるのかと思うくらい。


不明
自分の母親がアスナの母親じゃないことを幸せに思う。

アス:勉強はちゃんとしてるわ。二学期の成績通知表プリントして
    机に置いてあったでしょう?(I am studying!I printed out
    my second-quarter report card, and put it on your desk.)

母親:それは見たけど、あんな学校の成績評価なんてあてになりませんよ。
    (I saw it. But a report card from a school like that means nothing.)

アス:あんな・・・学校?(A school like that・・・)



不明
あの母親を見たときの俺:
なにを言ってんだ、この女は・・・厳しすぎにもほどが・・・あああ?!
いますぐその態度を改めないと・・・OOOOOOOHHHHHHH!!!
ASUNA'S MOM'S A B!TCH!SHE'S A BIG FAT B!TCH!

SHE'S THE BIGGEST B!TCH IN THE WHOLE WIDE WORLD!
IF THERE EVER WAS A B!TCH, SHE EVER WAS THAT B!TCH!
SHE'S A B!TCH TO ALL THE BOYS AND GIRLS!
SHE'S A SUPER QUEEN KAMEAHMEYAH B!YATCH!


不明
この両親のことだから、超ド級の変態家庭教師を呼び寄せるんだろう。


不明
あぁ・・・家庭教師史上、類を見ないレベルの変質者がやってくると思う。

母親:いい、明日奈。三学期は、学校のほかに家庭教師を付けるわ。最近
    流行ってるネット越しのじゃなくて、ちゃんと家に来て貰います。
    (Listen, Asuna. For third quarter, I'm hiring you a tutor,
    in addition to your schooling. Not an internet teacher,
    as is popular these days. I'll have them come to the house.)

アス:ちょ、ちょっと待ってよ、そんな急に。(W-Wait, this is so sudden)



不明
この母親の知り合いが経営してるくらいだから
表向きはまともでも裏でとんでもないことになってる学校なんだと思う。


不明
俺は、その手のアニメを沢山見てるからよく分かるけど
もし編入することになってたら触手まみれになってたね。


不明
つくづく、アスナは触手と縁があるんだな。


 不明 
たぶん、半端じゃない用務員が居るんだろう。

母親:事故のせいで教育が遅れてしまった生徒の受け皿なんて体のいい事を
    言ってるけど、本当のところは、おかしな世界で、ずっと殺し合いを
    していた子供達を一カ所に集めて監視しておこうっていう収容所みたい
    なものなのよ。(They claim it takes care of the students whose
    education was delayed because of the accident, but they really
    want all the children who spent two years killing each other in
    one place, so they can monitor them. It's practically a prison.)




38歳 男性
ただ、公正に考えるとアスナの母も一面の事実を示してると思う。
SAOサバイバーを隔離するためにあの学校が存在して、生徒達を
将来的な犯罪者予備軍として見做してる人間もいるだろうからね。


 36歳 男性 
何故、この母親は自分はまるで見る目があるみたいな口ぶりなのか
理解できない。見る目がない旦那と結婚したのさえ自分だろうに・・・


 29歳 男性 フロリダ州
まあ、娘の将来じゃなくて、自分の虚栄心を見たそうとしてるだけ
みたいだから彼女の言葉を額面通り受け取らない方が良い気がする。

アス:何にも反省してないのね。あんな事件を起こして私と大勢の人を苦し
    めて、レクトの経営を危うくしたのは母さんが選んだ須郷伸之なのよ。
    (You didn't feel bad for any of it, did you?The man who caused
    so much misery for so many, who caused that whole incident, and
    who almost bankrupted RCT was Sugou Nobuyuki, the man you chose.)

母親:やめてちょうだい。あの人の話は聞きたくもないわ。
    (Stop it!I don't want to hear about him.)




 不明 
もともと、話し合いの余地が残されてないようだから、母のことは忘れて
気ままにキリトとくっついたほうが幸せになれる。こういう輩を下手に説得
しようとしないほうがいい。ただ事実だけをつきつけるにかぎるよ。


不明
娘の為という大義を掲げれば何やってもいいと思ってるタイプの親だな。
アスナが構ってあげるほどつけあがるから、距離を置くのが正解だろう。


不明
子供に自分の理想を押しつけるアジア人の親を体現したようなキャラだな。
(訳注:「移民1世のアジア人は子供に無理矢理、優れた成績を残させよう
     とするような横柄な親が多い」というステロタイプからくる表現です。)


母親:だいたい、あの人を気に入って養子にしようって言い出したのは
    お父さんですよ。人を見る目がないのよ、昔から。
    (It was your father who liked him and wanted you to marry him.
    He's never had a good eye for people.)




 17歳 男性 ネバダ州
話の流れと映像で「ものすごい須郷に似たヤツ」をお見合い相手に
選んだのかと勘違いして声だして笑ってしまった。ただの過去回想
だったのか。(笑)


不明
子供のことを理解してない親なんていくらでもいるが
ここまで自分の事しか考えてない親も珍しい。
彼女の言ってることは全て「アスナ」を「私」に置き換えたことが真意だから。

私(の娘)が惨めな人生を送るのはイヤ
私(の娘)が胸を張って誇れるキャリアを送って欲しい
私(の娘)にふさわしい結婚相手を連れてきて欲しい  感心するくらいだよ。


不明
根本的なことを言ってしまうと原作だと、須郷はあくまで
この母が選んだのを父が追認して受け入れただけだと暗示されてるんだ。
この腐れアマが自分の欠点を認められない愚か者なのは間違いないよ。

アス:ともかく、あの人とお付き合いする気はまったくないわよ。相手は
    自分で選ぶわ。(Anyway, I have no intention of marrying him!
    I'll pick my own partner!)

母親:いいわよ、あなたに相応しい、立派な人なら誰でも。
    (That's fine. Anyone, as long as they're worthy of you.)
    言っときますけどあんな子、あんな施設の生徒は含まれませんからね。
    (Just so we're clear,
    that does not include a child like that, from that facility!)




不明
母親を責めることが本当に出来るだろうか。
キリトを調査した結果、彼女が得た情報は

・ハーレムを築いていて、あまつさえ実の妹までメンバーにしてる。
・あの歳で行きつけのバーを持っている。
・MMO内で助けを得るために女の子の振りをしていた時期がある。
・殺した相手さえ覚えてないほどの記憶力である。
・ゲームをハックしている。  などなど、俺だって娘を心配するよ!


19歳
母親は幾つか大事なことを見落としてるよね。彼女はアスナの幸せを
望んでいるというけど、その幸せがなんなのか微塵も感じ取ってない。
自分もアスナと似たような状況で暮らしてたから怒りがこみあげてくる。


21歳 男性
母親もハーレムに加えればいいだけだ。何も問題はない。


不明
あの女って義母(Mother-in-law)じゃないのか?


不明
いや、彼女は生物学的にアスナの母扱いだよ。

アス:まさか・・・調べたの?彼のこと・・・。
    (You didn't・・・You investigated him?)

母親:解ってちょうだい、お母さんもお父さんも、あなたに幸せになってほしい
    のよ。(Please understand. Your father and I want you to be happy.)




不明
キリトが倒すべきラスボスって感じだな。
この場合、報酬はアスナそのものってことで。


不明
アスナにとって人生における重しが取れるって意味で報酬じゃないの?


不明
キリトにとっても美熟女(MILF)は報酬だよ。
ハーレムにはまだ空きがあるからね。


不明
アスナ何者かが母親はハーレムに入ることはないと囁いてる。

アス:母さんは、亡くなったお祖父ちゃんとお祖母ちゃんのことを恥じているのね。
    由緒ある名家に生まれなかった事が不満なんでしょう?
    (You're ashamed of my dead grandma and grandpa, aren't you?
    You're angry you weren't born into a rich, important family, aren't you?)

母親:明日奈!ちょっとここに来なさい!明日奈!
    (Asuna, come here!Asuna!)




不明
あなたが良い例よね、とアスナが言い返すのに期待したんだけど、彼女は
最後まで十分すぎるほどにクールさを保ち続けてたな。まあ、あの母親の
「子供の為に良い教育を受けさせたり、キャリアを積ませる方針」には反対
じゃないんだけど、根本的にあまりにも近視眼的すぎてお話にならないな。


不明
母親が結婚をキャリアとして捉えていることは、裕福な家庭で育ててもらえ
なかったことへの引け目から来ていると言う事実をアスナが看破したときは
小気味良よかった。


usa_50 26歳 ペンシルベニア州
あの母親は、自身の育った環境に不満があってこうも頑なになってるのか。


不明
謝るつもりはない。



不明
俺まで死んじゃったよ。ありがとう。

アス:私は強くなんかない。私が剣士で居られたのはあの世界でだけだった。
    (I'm not strong!I was only able to be a warrior in that world.)
    血盟騎士団の閃光アスナはもういない。現実世界の私には何の力も
    ない。(Lightning Flash Asuna of the Knights of the Blood Oath
    is gone・・・The real me is powerless・・・)




不明
(寝ているように見えるユイですが、実はすべてを聞いています。)


不明
(そして録音しています。)

アス:ね、覚えてる?キリトくんが初めてセルムブルグの私の部屋に来た時のこと。
    (Hey, do you remember the first time you came to my room in Selmburg?)

キリ:自慢じゃないが、記憶力の弱さには自信がある。
    (I don't mean to brag, but my memory is terrible.)

アス:ええええ~?!
キリ:けど、あの時のことは鮮明に覚えているよ。(But I do remember that.)



不明
そもそも、ユイにとって寝るってどういう意味があるんだ?


不明
ああ、彼女はどんな夢を見るんだろうな。

キリ:勿論。あん時はほら、俺が超レアな食材アイテムをゲットしてさ。
    アスナがシチューを作ってくれたんだよ。あぁ、あの肉は旨かった
    なあ、今でも時々思い出すよ。(Sometimes, I still remember it.)

アス:ん~もう!ご飯のことしか覚えてないんでしょ!
    (You only remember food, don't you?)




 29歳 女性 メリーランド州
絶剣はキリトとアスナの子供みたいに見えるわ。アートスタイル的にそう
感じるだけかもしれないけど・・・仮想世界が最強の男と女を組み合わせ
その子供を送り込んできたみたいな妄想に私は囚われてる。

アス:それってものすごいヘビーユーザーってこと?
    (Do you mean they're a really heavy user?)

キリ:ちがうよ。ひとつのVRMMO世界だけを指して言ったんじゃなくて
    言わばフルダイブ環境そのものの申し子・・・そんな気がしたんだ。
    (No. I wasn't referring to a single VRMMO.
    I felt like Zekken was a product of the full-dive environment itself.)




gbni_50 28歳 男性 ウェールズ
もうキリトって
ハーレムを後ろに侍らせるくらいには何の抵抗もなくなってるんだな。XD

キリ:あまり先入観を持たせたくないな。これ以上はアスナが自分で感じて
    みて欲しい。(I don't want to give you any preconceived notions.
    I want you to feel the rest for yourself.)

リズ:おっほんおっほん、ちょっと眼ェ離すとすーぐこれなんだから!
    (This is what will happen if you take your eyes off them for a second.)




不明
すべてのイチャツキを停止するために使われるリズの咳が大好きなんだ。
大きくあからさまであるが故に彼女が愛おしい。

リズ:お取り込み中、あいすみませんけど、そろそろ時間でーす。
    (Sorry to bother you when you're busy, but it's nearly time!)

二人:で~す!(It's about time!)
アス:わ、解ってるわよ。(I-I know!)



不明
クラインが先週、群衆の中に潜んでた理由が明かされたな!
絶剣が女の子だったとは・・・


不明
アスナがリズを肘で小突いてるシーンが茶目っ気があって好きだな。

アス:ちょっと、リズ。(Hey, Liz・・・)
リズ:なに?(What?)
アス:絶剣って女の子じゃない!(Zekken's a girl!)



 29歳 男性 メキシコ
キリトが負けたと聞いてショックを受けたんだけど
相手が女の子だったと聞いて深く納得した。


不明
もし、これがダメージと共に服がはだけていくゲームだったら
キリトは顔を覆いながら彼女を全裸にひん剥いただろうに・・・


 28歳 男性 
アス:(絶剣が女の子ですって?ちょっともしかしてキリトくんが負けた
    のは、ハーレムメンバーに入れようとしたからじゃ・・・じー・・・)

アス:あ、もしかして・・・キリトくんが負けた理由って!じ~・・・
    (Wait・・・Is the reason you lost・・・Stare.)

キリ:ち、違うよ。女の子だから手加減したとかじゃないって。
    (N-No・・・I didn't go easy on her because she's a girl.)
    もう、超マジでした。ほんと・・・少なくとも途中からは。
    (I'm serious. Really. At least halfway.)

アス:どーだか。(I don't know!)



不明
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ


不明
キリトがハーレムを増やそうとしたことがもし事前にバレると
アスナもこういう反応をするってことなのか。


不明
アニメキャラが「じ~("Ji")」って言う時、いつもニヤけちゃう。大好きだ。

リズ:ほら、行きなさいよ(Get going.)
アス:や・・・ちょっと、気合い入れなおさないと・・・。
    (I need to go psyche myself up again.)

リズ:そんなもん、あの子と一合撃ちあえばバリバリ入るわよ。さ、行った
    行った!(After the first hit, you'll be all psyched up. Now, get going.)




21歳 男性
絶剣ってNPCかなにかっぽいよね。キリトとアスナの娘として人工知能が
送り込んできたような印象だ。(名前がすでに繋がりを感じさせるしさ。)


男性
ユウキって行動から何からNPCっぽいよな。試練にふさわしい人間が現れる
まで自らプレイヤーを計り、いざ見込みのある奴が現れると危険なクエスト
に誘おうとしてる。


28歳 男性
すでに言われてるが、自分もキリトとアスナを合体させて産まれた存在が
ユウキのように感じてる。もしかしたら、ユイがユウキとして現れるのかも
しれない。

アス:えーと、ルールはありありでいいのかな?
    (Um, can we use the standard rules?)

ユウ:勿論。魔法もアイテムもばんばん使っていいよ。ボクはこれだけ
    ・・・だけどね。(Sure. Use all the magic and items you want.
    I'll just use this, though.)




40歳 男性
だよな。アスナの剣技とキリトの戦闘スタイルを組み合わせたような・・・
二人の混合体をキュートなパッケージで包んだようなそんな印象だった。


24歳 男性
アスナがSAOに閉じ込められてたときの子供なんじゃ!


18歳 男性
もしくは、アスナのお母さんって線もあるね。


usa_50 28歳 女性
彼女ってクラインとは何か関係ないのかしら。
あの髪留めなんて彼のしてるものに似てると感じだけど。

ユウ:あ、そうだ。お姉さんは、地上戦と空中戦、どっちが好き?
    (Oh, right. What do you prefer?Ground or aerial fights?)

アス:どっちでもいいの?じゃあ、地上戦で!
    (Is either okay?Ground fights, then.)

ユウ:おっけー。ジャンプはあり、でも翅を使うのはなしね!
    (Okay. Jumping is okay, but no using your wings.)




不明
ユウキとアスナの戦いの荒々しさには言葉もないね。気持ちよかった。


不明
ユウキとアスナって書くのやめてくれ・・・一瞬思考停止してしまうよ。


不明
あれ?アスナの名字って結城じゃなかったか?なんか匂うな。


不明
カップリングだよ!いたるところで、カップリングだよ!

アス:(ふ・・・強い。でも、たった一合で諦めてたら剣士の名がすたる。)
    《She's strong.
    But if I give up after one hit, I'm a failure as a warrior.》




男性
アスナにとって、これは剣士であるための戦いでもあったとわかってる
けど、あの剣呑な目つきには別の思いが込められてるようにも感じる。


不明
キリトが新たに女子を連れてきたときの表情はだいたいこんな感じだろう。


不明
これは殺す覚悟をしたモノの目だ。



男性
お腹にパンチをたたき込んだ瞬間は何とも言えない嗜虐感に襲われた。


不明
あぁ、あそこは今週のハイライトだよ・・・



 不明 スペイン
ユウキがアスナの連撃を完全に見切ってたり、凄まじくレベルの高い
ところで行われてる戦いだけど、本質的には意地の張り合いみたいに
なってたよね。こういう戦い大好物なんだ。

アス:(いける!・・・カドラプル・ペインが見えるの?!)
    《I can do this!She can see Quadruple Pain?》

ユウ:はああああああ!
アス:(このままやられるものか!)《I・・・won't let it end like this!》



不明
バーサクヒーラーとしての能力が健在であることがわかって嬉しい。

アス:(これが絶剣の11連撃・・・オリジナルソードスキル・・・
    これほどの剣技にやぶれるなら・・・悔いはないわ・・・)
    《This is Zekken's eleven-hit combo?Her Original Sword Skill
    ・・・Losing to a skill like this wouldn't bother me at all!》




不明
おっぱいへの斬撃がかなり痛そうだったけど、わざとやってるのかな?
まあ、キリトよりアスナを好む辺り、絶剣は良いセンスしてると思うけど。

ユウ:うーん、すっごくいいね!お姉さんに決ーめた!!
    (That was great. I pick you, miss!)

アス:な・・・ええ・・・?



不明
キリトはちょうど女の子を見守る面持ちでバトルの最中も立ち続けてたな。


 42歳 男性 
戦闘シーンのアニメーションには惚れ惚れしたけど
キリトはあれだけの戦いでも自信満々に立ち続けてたな。

アス:あ、あのデュエルの決着は?(U-Um, what about the duel?)
ユウ:こんだけ戦えば、ボクはもう満足だよ。お姉さんは最後までやりたい?
    (Fighting this much is enough for me. Do you want to go all the way?)




 21歳 男性 メキシコ
キリトって結局本気を出してたのか?いや勿論、最終的に出してたのは
わかるんだが、もし最初から全力で戦ってたら、ユウキに見初められてた
可能性もあったんじゃないかと思って・・・


不明
キリトってアスナの自信を回復させるためにあえて、自分から負けたんじゃ
ないのか?そのくらい、迂遠な手を取ってくるやつだと思ってるんだけど・・・

ユウ:ずっと、ぴぴっとくる人を探してたんだ。ようやくみつけた!
    (I was looking for
    someone who seemed just right. And I finally found them!)

アス:え、え・・・!



不明
キリトにとって、アスナが自分の手の届かないところに連れてかれたのは
最大の誤算だっただろうな。アスナの気持ちの回復させる為でも、ユウキを
「仲間に引き入れるため」でもあっただろうから。


不明
キリトの場合、ただ負けるって事はないからな。
目的があって負けたんだろう。何せキリトだし。


不明
根本的にキリトは可愛い女の子に剣を向けることがイヤなんだろう。
以前もシノンを刺すことが出来なかったしさ。


男性
そりゃ、度を超して紳士でもないかぎり、ここまでのハーレムは築けないさ。

ユイ:え?ママ?!(Mommy?)
リズ:おい、アスナ!(Hey, Asuna!)
二人:アスナさ~ん!



20歳 男性
絶剣がアスナを選んだことに笑いが止まらなかった。(笑)


 19歳 男性 カリフォルニア州
アスナが自分のハーレムを築くときが来たようだね。


不明
お~アスナが「囚われの姫君(Damsel in distress)」じゃないぞ!
ついに、本当の彼女が戻ってきた!

アス:あの・・・(Um・・・)
ユウ:お願いします!ボクたちに手を貸して下さい!(Please・・・Help us!)
アス:手を貸す?(Help you?)


      
BD 1 2  小説 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15  外伝 1 2