2014
The White Which Lives Within the Ink Stone

感想数 32 → 72 特別編でも相変わらず化野先生に懐いてる悪戯っ子たちが可愛くて

しょうがないですが、よく考えると特別編との時間/年齢差を見るのに最適なのが彼らかも
しれませんね。(他の子は顔が隠れてますし。)やはり長くても2、3年ってところでしょうか。
化野さんが出る回はいつもギンコよりも、脇役に比重がかかってるのも面白いところです。

今回のテーマカラーは臙脂色ですが、これは主に、たがねさんの服/手ぬぐいの色ですね。



以下、ANSMAL、FUNiより引用。(YoutubeのFUNimationチャンネルにて海外配信中)


24歳 男性
今回の教訓:自分の持ち物じゃないモノには決して触らないように。

少年「ほらな珍しいもん一杯あるだろ。(See?I told you there's a lot of unusual stuff here.)」
少年「へぇ~すげえ・・・(Wow!Awesome!)」
少年「うわ、なんだこれ。(Whoa!What the heck is this?!)」
少女「ぁ、わぁ綺麗な硯。(Ah!Wow!What a pretty inkstone!)」



 22歳 男性 アメリカ
ここまで一話も無駄がないけど
DVDなんかで一気に見るのには適してないアニメな気がする。:/


 不明 カナダ
息を吐いただけで氷も出てくるって、その時点でだいぶ重篤だよな。

少女「先生、ごめんなさい。今日、先生のところの蔵に。
    (Doctor, I'm sorry・・・We went into your storage shed today.)」

化野「蔵の物に触ったのか?(So you touched something in the shed?)」
少女「ごめんなさい、硯が・・・(I'm sorry. There was an inkstone・・・)」
化野「硯?(An inkstone・・・)」



 23歳 女性 オーストラリア
ギンコと化野が一緒に居ると、いつもからかったり、軽口叩いたりして、掛け合いが
楽しいから大好き。=] ただ、気になってるんだけど、先生はどうやってギンコを呼び
出したのかしら?疑わしい時にはまずお電話、なんて事はないだろうし、既にみんな
気付いてるようにギンコの服装も・・・むむむ。


 23歳 男性 アメリカ
>先生はどうやってギンコを呼び出したの?
原作既読者から助言をしておくと、17話の虚繭取りでその点は明らかになる。
蟲を使った手紙転送システムというものがあって・・・


19歳 男性
えええぇ、そんなのあるのか?ハハ、蟲の世界も奥が深い。(笑)
17話が今から待ち切れない。

化野「知り合いの収集家(a collector I know)から買った物だ。
    姿も美しいが何かの蟲の化石でできた硯だと言うんでな。」

ギン「蟲の化石?そんな物あり得るかね。大概、奴らは骸は残さんものだ。
    (Fossilized mushi?I don't know if there is such a thing.
    Usually, mushi don't leave a body behind.)」




不明
この友達の医者って、へまばっかりしてるイメージが。(笑)


 女性 アメリカ ①
ギンコは頼もしい。*_*  彼のほうがお医者さんみたい。>.>
というより、実際そうとも言えるかしら・・・蟲ドクターね。o_o


 男性 フィリピン
ヤッタ!化野先生が!帰ってきた!ただ、今回の喜劇の原因は彼だから。^__^
ヘヘヘ!しかし、蟲収集ってこの世界では、どのくらい奇特な扱いなんだろうね!
アニメ関連グッズを買い集めてたら、オタクになるわけだけど、蟲の場合は?XD
今回も細やかで心が洗われるような話だったけど、現実にあったら結構怖いな!

ギン「こういう・・・情報の曖昧な物買うんじゃねえよ、厄介だな・・・自分の
    愛でてるものが異形のものだって事、忘れたか?(You're just looking for
    trouble. Have you forgotten that the things you cherish are unusual?)」

化野「すまんな、つい。(Sorry・・・I was careless・・・)」



 20歳 男性 アメリカ
なんだなんだ、今回の話は。ギンコより他の登場人物のほうが長く出てるぞ!


 不明 アメリカ
なんで、モノクルってこんなに魅力的に映るんだろう。:3

ギン「残るは硯の作り手か?(Then our last resort is the maker of the inkstone・・・)」
化野「銘がある、調べれば居所も分かるはず。
    (There's an inscription. If you look into it, I'm sure you can find the maker.)」

ギン「行ってみよう、こいつは借りてくぞ。(I'll go see. I'm taking this with me.)」
化野「頼む。(・・・I'm counting on you.)」
ギン「ああ。(Yeah.)」



22歳 男性
また出たな、化野!彼とギンコはたしかな友情で結ばれているね。


 21歳 男性 イギリス
化野先生は唯一のレギュラーなのかな。話の質も高かったし、彼も気に入ってる。^_^


 21歳 男性 アメリカ
え、彼ってレギュラーだったのか。(笑)

ギン「今、この硯のために苦しんでる者がいる。あんたの知ってる事を教えてほしい。
    (There are children suffering right now
    because of this inkstone. I'd like you to tell me what you know.)」

たが「よく来てくれた・・・探してたんだ・・・この硯をずっと・・・(Thanks・・・
    for coming. I was looking for it・・・this inkstone・・・all this time・・・)」




不明
しかし、ギンコもよく煙草/煙を吸ってるよね・・・


 女性 ギリシャ
医者の彼、良いキャラしてるわ。(笑) あと、ギンコの吸ってる蟲煙草を吸ってみたい。


女性
たがねは運良く高地に住んでて、婚約者に会いに行くのに
山を越えてたから助かったけど、彼は運悪くそうじゃなかったのね・・・

たが「あれは硯の名工だった父が倒れてしばらくのころだった。わたしには婚約者
    がいた。彼は一山越えた町に住む父の硯の依頼主だったが、彼も彼の両親も
    私が父の跡を継ぐ事に反対していた。(Both
    he and his parents were opposed to my succeeding my father's work.)」




不明
そもそも硯ってなんだ?


不明
硯というのは文字を書くための墨を磨る道具で
中国の六朝時代(220~589年)に生まれて11世紀に日本に広まったものらしい。


不明
この動画で製作の重労働さを見ると婚約者と家族が反対した理由がよくわかる。



 不明 ルーマニア
石を彫るのに肩の力を使ってるのが面白いな。


 不明 オーストラリア
これって、ただの石から作るのか?ほぉ~・・・

たが「あの人に認めてもらえるものを作ればきっと・・・私はそれから更に硯作りに
    打ち込んだ。だがなかなか納得のいくものは作れなかった。そしてある日、私
    はその石を掘り当てた。不思議と魅きつけられ、夢中でその石を彫った。でき
    あがった硯はかつてない傑作となった。
    (The finished inkstone was a masterpiece. The best I ever made.)」

 


 不明 ウクライナ
こういう話を見ると、書(calligraphy)を習いたいという気分になってくる。


 27歳 男性 アメリカ
硯が原因で死ぬなんて絶対嫌だなぁ。化野が戻ってきたから大好き。
あと山村に住むたがねが、準レギュラーになってくれたら嬉しいのに。
彼女のサバサバしてるところがたまらなく好きだからね。


 22歳 男性 ポルトガル
硯職人の話はコレで終わりでいいよ。=P  勿論、内容に文句ないけど
ギンコの影響を受けて変化する人々との話をもっと見ていきたいからさ。

たが「(あの煙を吸って数日経ったけど
    害はないようだし私にしか見えてない。この硯を見て考え直してもらえれば・・・)」

許婚「分かった。これを預かっていいか?両親を説得してみよう。」
たが「本当?(Really?)」
許婚「あぁ分かって貰えたらすぐ文を出す(Yeah. If they approve, I'll send you a letter.)」
たが「だがひと月後、届いた文は彼の死を告げるものだった。(But the letter
    that arrived one month later only informed me of my fiance's death.)」




 24歳 女性 フィリピン
蟲を取り除く方法をもっと早く知っていたら
彼女の婚約者も驚くほどあっさり助かったでしょうに。


 不明 中国(広東省)
彼女は恋人の最後にすら立ち会えなかったのか・・・

たが「私が硯を渡した日から、寒いと言い始め体温が下がり続ける奇病に冒された
    という。そして、その硯は不吉だと古物商に売り払われて私はその古物商を
    訪ねたがすでに売れた後で、それきり行方は知れぬところとなってしまった。
    だが仲買人や古物商から噂だけは入ってきた。
    (But I heard rumors of it from a broker and the antiques dealer.)」




不明
重苦しさもある話だから、最後のユーモアには救われたよ。


 21歳 男性 チリ
化野先生は本当に蟲を愛してるんだな。(笑)
ただ、婚約者を蟲によって失ったたがねは本当に気の毒で・・・


不明
自分でも何故かわからないけど、ここまで見た中で最も、最も感銘を受けた話だった。
(ちなみに二番目に好きなのは5話の旅する沼。) 硯職人の女性に予想以上に感情
移入して、彼女の苦しみと悲しみが痛いほど伝わってきた。

ギン「いや、おかげで見当がついたよ。礼を言う。
    (Well, actually, I've now got a clue, thanks to you. I'm grateful.)」

たが「どういうこと?(What do you mean?)」
ギン「悪いが、急いでるんでね。(Sorry, but I'm in a hurry, so・・・)」
たが「待って、その硯、買い取らせてくれない?それは私の手で消したいの。」
ギン「これは俺んじゃねえしな・・・なんなら、あんたも一緒に来るといい。
    (Well, it's not mine・・・If you like, you can come along with me.)」




 17歳 女性 ボスニア・ヘルツェゴビナ
ギンコはクールな上に、スマートよね。


 不明 アメリカ
ギンコはどんだけイカした男なんだ。大好きだよ。

化野「分かってるつもりだったが。(I thought I was aware of it, but・・・)」
ギン「さすがに、応えたようだな。(Looks like it's struck home hard, huh?)」
化野「戻ったか?軽口叩ける位の材料はあったん・・・(You're back. You'd better
    have found something if you're cracking jokes like・・・that・・・)」

ギン「大丈夫きっと助ける。(Don't worry. We'll definitely be able to save the kids.)」



 男性 アメリカ(メリーランド州)
ギンコとあの医者は生涯の友だ。子供達が死にそうで気が気じゃなかったが、ギンコ
が自信満々に治療法を見つけ出してくれてよかった。ただ、細かいところかもしれない
けど、あの霰って食べても大丈夫なのか気になる・・・咀嚼したら蟲は死ぬってことか?


 20歳 男性 ルーマニア
まず、あの霰は蟲そのものじゃないよ。雲食みはただ霰を地表に落とすだけ。
次に、あの蟲たちは石の中で眠って、長いこと水や氷を食べてなかったから
危うい状態になったけど、本来は霰や雪を降らすだけの無害な存在なんだ。

ギン「あの硯の中にいるのは雲食み(kumo:cloud ; hami:to eat)という蟲だ。入道雲の
    ような姿をしていて名の通り雲、つまり空気中の水や氷を食い、雪や霰にして
    降らす。その時、地上からは雲もないのに霰が降ってる様に見えるわけだ。だが
    自らは動けない風任せのもので雲はない時期が続くと小さく萎み、地表に降りて
    きて、自らを凍らせ仮死とする。あれは、そのまま石になってしまったんだろう。」




 女性 マレーシア
心に刺さる話だったわ。


 18歳 男性 オーストラリア
このアニメっていつも際だって演出がいいな。


男性
山を登ってるシーンは見ているこちらまで凍えてくるような
丁寧な描写だったこともあって、物語に深く入り込めた。:)

母親「先生、まだ登るんですか?息が苦しくなって、子供らも辛そうです。」
化野「ギンコ。」
ギン「もうじきだ。皆、息を止めろ。(Almost there. Everyone!Hold your breath!)」



 18歳 女性 アメリカ
美しい以外の言葉が出ないわ。


 男性 カナダ
まるで、アニメの形を取った俳句かと思うくらいに洗練されてる。


 19歳 女性 イギリス
山で子供から蟲が解放された場面の美しさに見惚れた。とっても幻想的だった。



 19歳 男性 フィリピン ①
子供達から蟲が解放される瞬間の圧倒的な映像美に言葉もない。
安らかに楽しみながら、地球科学について学べるのも素晴らしい。:D
たがねは硯作りで婚約者を失ったけど、それでも再びその稼業へと
戻って行った。ホッとしたよ。よく練られた回だけどそれもいつも通り。


 19歳 男性 カナダ
笑いもあり、地球科学もあり、化野先生も最高にクールで、なんでもありだった。
それにたがねさんも可愛いし、ふわっふわのピンクの雲にも興味が尽きないね。


 15歳 女性 ベネズエラ
私は化野さんほどの人が一度だけで終わるはすがないと信じてたわ。
前回よりも長く登場してたけど、ホント面白い人だわ。同じ自然現象だからか
虹のときと似たような雰囲気で・・・子供から蟲が出て行く場面にも恍惚とした。

母親「お前、顔色が。(Oh!You got your color back!)」
少女「寒くなくなった。(I'm not cold anymore.)」
化野「体温が戻ってきた。はぁ抜けた・・・のか良かった。(Her temperature is
    
going back to normal. So the mushi・・・made it out・・・Thank goodness・・・)」



不明
雹が降ってきたときの音響効果には唸らされたな。蟲師は唯一無二のアニメだ。
ここにはドラマではなく、ただムシがいるだけなんだ。心を落ち着かせる蟲がね。


 23歳 男性 ベルギー
寝るときに見るのにこれ以上ない物語だ。美しさと穏やかな気持ちに満たされる。

ギン「空気圧のせいだ。あれは雲の浮かぶ空気の層で生きてるものだ。とすればその層
    と同じ重さのもののはず、層の近くまで来れば吸い寄せられる。あんたは元々高
    地の住人だ。吸った煙は少しずつ外へ漏れ出ただろうし、硯を届けに山を越えた
    時、完全に抜けたんじゃねえかな。」

たが「良かった・・・良かった・・・(Thank goodness・・・Thank goodness・・・)」



 不明 アメリカ(アリゾナ州)
感嘆するばかりで言葉が出てこない。


 女性 アメリカ
蟲の遺物を収集するのってやっぱり危険な趣味なのね・・・ふふ。
胸のすくような終わり方だけど、流石に硯で死ぬのはゴメンだわ。


不明
みんなも収集物にはくれぐれもご注意を:P

たが「そもそもこういう危険なものを、好奇の対象にした事が誤りなのよ。
    私が責任を持って葬ります。(I'll take responsibility and destroy it.)」

化野「だから、そいつは対処法も分かった事だし・・・問題ないだろう・・・」
たが「そういう甘い考えで他のもの全て安全と言いきれるの?(With that optimistic
    attitude of yours how can you know that everything else here is safe?)」

化野「そこまで、あんたにゃあ関係ないだろう?(That's none of your business.)」



 女性 アメリカ ②
>蟲にゃあ罪はねえんだ。 懲りてない・・・-_-"


 21歳 女性 イスラエル
化野先生は、自身の過ちからなにも学ばなかったみたいね。(笑)


20歳 女性
まずそもそも、化野先生の間違いってなんだと思う?彼は魅力的だし
私自身も蟲の遺物を収集してみたいから、その気持ちは良く分かる。

化野「硯を壊すってことは、まだ中に眠ってる蟲も殺すってことだろう?」
ギン「うん、まあそうなるな。(Uh・・・well, yes.)」
化野「なあ、蟲にゃあ罪はねえんだ。(The mushi are innocent.)それにその硯、壊しち
    まうにはあまりに美しい。あんたにとっても自分の子のような物なんじゃないか?」

たが「けど・・・(But・・・)」



男性
蟲師のBGMは信じられないほど傑出したものばかりだ。


 18歳 男性 ルーマニア
映像とも絶妙にマッチした曲だったね・・・:) 毎回、素晴らしい曲だけど、今回はその中
で特に印象的だった。いつもながら素敵な物語に幸せな彩りを加えるEDテーマも完璧。


 17歳 女性 アメリカ
ふふふ、化野先生面白いわ。今回のエンディング曲は特にお気に入り。


20歳 女性
個人的には2番目に好きなEDだった。化野さんが準レギュラーになったのも
良いことだわ。:D 個人的には蟲の遺物を集めるという危険な趣味は理解
できるよ。あの村ではそこまで、とんでもない病気なんて発生しないだろうし
ああいった趣味でしか、人生のスリルを得ることはできないと思う。

ギン「あんたが許せんのは蟲の眠る硯を世に出しちまった自分の罪だろう。
    なら、硯から蟲を解放してやったらどうだ?
    (Then, why don't you just release the mushi from the inkstone?)」

たが「え?(What?)」
化野「おいこれは俺の硯だぞ。(Hey!That's my inkstone you're talking about.)」



 21歳 男性 カナダ ①
化野・・・この期に及んでまだあんな事を言うとは・・・


 28歳 女性 オーストラリア
そして、自分の硯から蟲が解放されそうになると本気で怒りだす化野・・・(笑)


 不明 中国(広東省)
蟲に罪がないからと殺さずに解放する事を選ぶあたり本当にいい人達だな。

ギン「今回の件は化野・・・お前のぬかりがでかい。
    (Adashino, your oversight played a huge part in this incident.)
    今後の教訓として目を瞑れ。
    (Just think of it as a lesson learned and turn the other cheek.)
    何、硯としちゃ一級品だ。しっかり使ってやるといい。(Besides,
    it's a first rate inkstone. You can use it to your heart's content.)」




 24歳 女性 ニュージーランド
良かった良かった。
個人的にはたがねさんと化野先生のカップルで妄想すると色々捗るわ。


 不明 中国
とっても綺麗な蟲だった。ピンク色の雲はまるで桜の木みたいだったね。


 21歳 男性 カナダ ②
たがねが硯を擦っているときの服装は、どうもテロリストに見えてしょうがない。



不明
どれだけの人が気付いたかわからないけど、子供も霰を口に入れようとしてたな。(笑)


 不明 アイスランド
落ちてきた氷まで食べることで、ちゃんと無駄にしないのが好きだ。(笑)


 不明 アメリカ
ちょうどいま自分も氷をがりがり食べながら見てる。(笑)


 19歳 男性 フィリピン ②
先生とギンコの組み合わせは、それだけで笑えるよね・・・
しかしみんな、霰で何してるんだ。:) (笑)

化野「こりゃ、村中屋根の修理代大事だな。
    (Man , the repair cost of the roofs in the village is going to be huge.)」

たが「私に請求していいよ、一生かかっても返すから。
    (You can bill me. I'll repay it even if it takes me a lifetime.)」

化野「つってもあんた、どうやって?(And how are you going to do that?)」



20歳 男性
あの霰は危なくないのかね。


不明
霰パートは面白かったけど
実際そんな大きくなくても、当たり所によっては死にかねないからな。


 19歳 男性 アメリカ(カンザス州)
良い話だったけど、霰を食べる人がいるのか・・・


女性
終わり方が良いわね。まさか、霰を食べちゃうなんて!:P

ギン「また硯を作りゃいい。すぐに身を立てられる。(You can start making
    inkstones again. I'm sure you can reestablish yourself right away.)」

たが「それは。(Well・・・)」
化野「じゃあ、一つ注文してもいいかね。なんなら蟲入りでも構わねえし。
    (If it's convenient for you I don't mind if mine has mushi in it.)」

ギン「未練たらたらだな、お前。(You just can't give it up, can you?)」



男性
気持ちよく終わってくれたな。ちょっとした茶目っ気のあるラストもいい。(笑)


 20歳 男性 ハンガリー
蟲を解放した後で、霰が降り始めて、瓦を壊しだした時には笑った。


不明
屋根が破壊されるなかでエンディングに入るのが面白いね。

たが「そうだね。今、少し時間はかかるだろうけど。(You're right・・・
    although I think it'll take a little time to deliver it・・・)」

化野「しかし、いつ止むんだ、こりゃ。(In any case, when's this going to stop?)」
ギン「久々の食事だろうしな(The mushi probably haven't eaten in ages, so・・・)」



参考:炭と焜炉と。
    (Charcoal, a stove・・・and what else?)

    鍋。後、背負子(しょいこ)はあるか?
    (A pot. And also, do you have
    a wooden framed backpack?)