02499
Hakone Academy #6
以下、ASMAL、Reddit、4chan、YTより引用。(CRで公式に海外配信中。)


 26歳 女性 スロバキア
今回、あっという間だった!石垣、私と結婚して!本気で彼を
大好きになっちゃった。あと東巻は・・・って書こうとしたら
御堂筋が真波を気に入った様子ね。(この悪夢が補強されるファン

アートだけは見たくない。) 真波はヤンデレ化もしてたわね。
最後のオマケ(omake)についても声出しちゃったわよ。御堂筋の
股間なんて考えたくもないのに・・・脳を漂白しなきゃ・・・

そうそう、石垣は変わった子だけど、彼の事を好きになったわ。



不明
先週の最後、今週の冒頭で御堂筋が歌ってた曲で
「かごめかごめ(Kagome Kagome)」を思い出したのってオレだけ?


不明
同じ曲だからね。(訳註:違います。)
御堂筋の場合、そこに富士山をぶっこんできたわけだけど・・・


 28歳 男性 テキサス州
これをモチーフにした曲が東方にあったような?


不明
グレンラガンのオマージュなのか?!TMSは我らが兄弟だったらしい。
(訳註:TMS/トムス・エンターテイメントは、アニペダの制作会社です。
    ちなみにグレンラガンと書いてますが、これは「にわかぶって釣る」
    ときの定番フレーズであり、本気で言ってるわけではありません。)


石垣:オレのバイク・・・終わったんやな、俺の最後のインターハイ・・・ありがとう
    御堂・・・スタート前にお前が戻って来てくれた時、
俺は嬉しかったんや。
    (My bike・・・My last Inter-High is over. Thank you,
    Midousuji. I was glad when you came back before we started.)




 17歳 男性 
「明日のジョー(Ashita no Joe)」みたいだ。:)


 26歳 男性 
キモキモキモ!御堂筋、君に会いたかった。愛してるとは言えないが。


24歳 男性
御堂筋はこのアニメにおけるフレディ・クルーガーだよね。
みんなにとっての最悪の悪夢だ。


 22歳 男性 
御堂筋くらい荒ぶってても、石垣みたいに真剣に受け取られると
対処できなくなるんだな。Kimo-404 ERROR状態になってたぞ。

御堂:嬉しかったんやろ?僕が3日目、レースに戻ってきて。
    (You're glad I came back for the third day's race, aren't you?)

石垣:そうや!(Yes!)



26歳 女性
御堂筋が石垣の返答にしばらく呆然としてるのが傑作だった。(笑)


 20歳 男性 ユタ州
御堂筋には思いっきり負けて欲しいと思ってるけど、今回の石垣
とのやり取りは、彼が二日目に破れたとき以上に面白かったな。


不明
石垣こそ真のMVPだ。彼がメインキャラになって欲しいくらい。


不明
今回判明した最も重要な情報は、御堂筋への正しい対処法だろうね。
石垣みたいに、彼が抗いきれないほどの誠実な対応を続けるか
もしくは、真波みたいに同じくらい狂気に身を委ねるかの二択だった。


不明
というか、御堂筋相手に普通に対応できる時点で
すでに石垣も普通の部類じゃないと思うけどね・・・

御堂:人は誰しも一番にゴールしたいはずや!ロードレースにそれ以上の
    甘美は存在しない。アシストゆうてごまかしとるだけや・・・心の
    奥底にある己の本音を・・・(Everyone wants to finish first.
    There is no greater sweetness in road racing. You're just
    lying about your true nature when you say you're the assistant.)

石垣:やっぱり純粋やなお前は・・・すまんかったな、出会うた時
    それに気付いてやれへんで。(You really are pure-hearted.
    I'm sorry. I didn't realize that when we met.)




 不明 ベルギー
石垣パートがやたら可愛かったんだけど!


 19歳 男性 テネシー州
あれは可愛かったな。


 43歳 男性 フロリダ州
きも!(Gross!!)


 30歳 女性 クロアチア
御堂筋は辛く当たってた(hard on)けど、石垣はまさに死力を尽く
したわね・・・東堂達は御堂筋への対処を迫られ、巻島は小野田を
送り出す決断をする。真波の過去もまた明かされて素敵な回だった。

石垣:御堂筋・・・俺の3年間が詰まったゼッケンや。こいつは俺の魂や
    ゴールまで一緒に持って行ってくれるか?
    (Midousuji!This number tag contains three years of my effort!
    It is my soul!Will you take it with you to the finish line?)

御堂:嫌や、キモい。(No, that's gross.)
石垣:そうや・・・それでこそ御堂筋や。
    (That's right. That's the person you are, Midousuji!)




 男性  ①
しかし、御堂筋の友達くんは誰からも気にされてないんだな。
彼に対する御堂筋の態度なんて、それは酷いもんだったし・・・


不明
今回、御堂筋はいつも以上に無茶苦茶やってたな。自分はロードバイク
でのクライムが一番好きだから、ここ数話が決定的に気に入ってる。
クライムって、訓練や経験の差がものの見事に現れてしまうからね。

他のすごい自転車乗りとクライムに挑む場合、自分の能力を極限まで
試されて、これがとんでもない充足感と刺激をもたらしてくれるんだ。


 不明  ①
御堂筋が手ひどい言葉を浴びせてたが、その裏には賞賛が隠されて
いるように感じたな。石垣は実際よく御堂筋をわかっていたし、彼の
決意を見られたのも幸せだった。


実の所、この話を見てから御堂筋を不気味に感じてない自分がいるよ。
もちろん、キモくないに越したことはないけど
彼がどれほど純粋で情熱に溢れているかわかったからね。

御堂:はぁ?変わらんよ、ボクは・・・ロードレースは全てを削って最速
    を競う戦いや、くだらない布きれ一枚さえも重量物や!不要や!僕
    が欲しいんは、勝利ただひとつや。(What?I haven't changed.
    Road racing is a high-speed competition about shedding
    everything unnecessary. A stupid piece of fabric is a heavy
    load. The only thing I desire・・・is victory!)



 16歳 男性 ポルトガル
このアニメを見てると、夏が来た気分になるから好きなんだ。


不明
そして、三日間のインターハイレースを一年かけて見ている観客達。


不明
自分が漫画のガイドブックを買ったのは
すでに一年も前のことだなんて信じられない。


24歳 男性
恐ろしく不気味だった・・・御堂筋のあの狂気に満ちた表情と
舌のことだ。このキャラは不気味の新次元を開拓してる。
0095600960
御堂:みぃーつけた!(Found you.)
東堂:待て・・・おい・・・(Wait!)
巻島:ッショ!
0096400966


不明
せっかく良い感じに収まりそうだったところに、御堂筋がやってくるとは・・・


 男性  ②
よっしゃあ!行ったれ、真波!


 不明 プエルトリコ
キモ!キモ!キモ!キモ!

御堂:何君?隠し球?(Who are you?A secret weapon?)
真波:どっちが速いか勝負・・・ってことになるね。
    (I guess it's a race to see which of us is faster.)

御堂:その目、とてもエース守ろういう目やないな・・・
    (Those eyes・・・You don't intend to protect your ace.)




 女性 
キモ!キモ!キモ!真波との戦いも熾烈を極めてるわね!


 不明 
箱学はおのおので勝利を計算できる恐ろしい集団だけど、総北の
ルーキーたちもレース中に進化し続けるぶっ飛んだ連中なんだ。


27歳 男性
巻島が後ろを振り返るも、そこに小野田の姿は見えない。そして
全てが終わったと思ってる。しかし、小野田はずっと彼の隣にいた
・・・この期に及んで、巻島がまだ小野田を疑ったことに驚いてるよ!

巻島:坂道!・・・だよな・・・アイツは登れるやつだが
    今みたいな攻防にはついてこれねえ・・・あいつは初心者だ。
    (Sakamichi!Of course. He's a good climber, but he can't
    keep up with this level of competition. He's a beginner.)

坂道:あの!僕も、あの・・・前を追いかけたほうが良いですか?
    (Excuse me. Should I go after them, too?)




不明
御堂筋が一位を獲れるようにこの対決で消耗しすぎないことを願ってる。


男性
御堂筋の登場によって、これまで以上に事態が面白い方向に
転がり始めたね。このところずっと引き込まれっぱなしだよ。


不明
この小野田を送り出した瞬間を持って、巻の三年間もほとんど終わった
んだと思うと、ちょっと切なくなるな。彼自身、やりきった感もあったしさ。


不明
まだ終わってないよ!巻ちゃん!

巻島:今泉と2人で、俺たち総北のジャージを・・・金城と田所の・・・
    鳴子の俺たちのドリーム、一等最初にゴールに叩き込め!
    (Take Sohoku's jersey across the finish line with Imaizumi!
    Kinjou's, Tadokoro's, Naruko's・・・Our dream!Be the first
    one to take it across the finish line!)



 22歳 男性 
もうなんど小野田のことを「忍だ!(Shinobu-da)」って言ったか
わからないよ。彼は一番大切な瞬間にどこからともなく現れて
すべてを持って行ってしまうからね。今回も備える必要がありそう。


不明
このレースは気づいたら追いついてるし
マリオカートみたいなもんだと思うけど、それでもなお楽しい。(笑)


不明
二人とも、気をつけて・・・
小野田はまだ三日目に「姫」を使ったことは一度もないのだから・・・


不明
主人公たち(MCs)がよくやるペン回し(spinning pen)を彷彿とさせる。

御堂:来るねえ、ついて。(You're keeping up.)
真波:当たり前・・・俺、坂好きだから。(Of course. I like hills.)
御堂:何それ?曲芸?(What is that?Some kind of stunt?)
真波:いやぁ、これはサービス。君への・・・燃えるでしょ。こうやって
    敵に余裕ある方が。(No, this is just a bonus. It's for you.
    Isn't it more exciting to race an opponent who's so composed?)




 男性 
各々のキャラがそれぞれのスタイルであだ名を付けられてることを
考えると小野田は何になるんだろう?総北のリズム・プリンセス」とか?


不明
真波は御堂筋とは全く異なる形でイカれてるよね。
富士山が姫の叫びに震える瞬間が待ち遠しい。


不明
対立軸の作り方が面白いな。坂道は登ることに喜びを感じるから
微笑むけど、真波は登ることに苦しみを感じるから微笑んでる。
この関係はミキシマ(Mikishima)やトウホウ(Touhou)に似てるよね。

面白いくらい目を惹くダンシングクライムと、森さえ眠るほどに
静かに加速するクライム。

真波:どっちにしたって追いついちゃうでしょ。君!だったら
    戦っとかないと、勿体ないだろう!(No matter what I do,
    you'll catch up. So it'd be a waste not to compete.)

御堂:もったいないお化けか!(A waste?You're a monster.)



不明
今週、小野田が登場してくれると思ったら、話で終わっちゃったな。
また長い一週間になりそうだ・・・悲しみに暮れてる。(╥﹏╥)


 不明 
鷲が飛び立つ準備を始めているが、狼も虎視眈々と獲物を狙っている。
小野田が追いかけた時、逃げおおせるものは果たしているんだろうか。


不明
これで小野田が追いついたら更に盛り上がるだろうな。

坂道:インターハイなのに、3日目だっていうのに・・・真剣に走らないと
    いけないのに・・・息だって上がって苦しいのに・・・前に、今泉君
    や真波君や、御堂筋君がいると思うとドキドキして、笑ってしまう。
    (It's the Inter-High. It's the third day. I should be taking
    this seriously. I'm short of breath, too. But when I think
    Imaizumi-kun, Manami-kun, and Midousuji-kun are ahead of me,
    I can't help but smile with excitement.)



不明
真波(MANami)は素晴らしい。日々の苦しみがやる気につながるなんて。


不明
彼の気持ちは分かるよ。確かに痛みは生きている実感を与えてくれる。


不明
ジムなんかだと確かにあるけど、自分はどちらかというと小野田に近い。
誰かが努力してるのに合わせてやったほうが、続けたい欲求が沸いて
くるからね。


不明
可哀想な女の子。

委員:(は、箱根学園!?私の志望校に山岳が!?)
    《H-Hakone Academy?Sangaku wants to attend my first-choice school?》

真波:ここって入るの難しいかな?(Is it hard to get in?)
委員:相当、勉強しないと無理よ。でも、入試問題の傾向と対策とか
    ・・・お・・・教えてあげないこともない、わよ・・・(You'll
    have to study pretty hard. But I wouldn't be opposed to telling
    you what the exam might look like or how to prepare for it.)




不明
委員長(Iintyos)が勝つことはあるんだろうか。


不明
彼女が山に勝つことはないだろうな。


不明
彼女は出てくる漫画を間違えたよね。


不明
自分が疑問に思うのは、真波みたいな人間を如何に恋に落とすかだな。
でも、彼女はそれを知ってると思う。たぶん。

福富:あぁ、確かにうちは厳しい。だがそれは
    強くあることに対しての厳しさだ。(Yes. We are strict.
    But we merely insist that our members be strong.)

委員:え?(What?)
福富:枠にはめることだけが厳しさではない。
    (Being strict doesn't just mean following the rules.)




不明
幼馴染み(Childhood friends)だぞ?
これはつまり、敗北を宿命づけられてるってことだ。


不明
彼の心を射止めるような手頃なバイカー少女が現れるってことか?
その子は多発性硬化症(MS)や全身性エリテマトーデス(Lupus)を
患ってて余命幾ばくもないと?


不明
真波はマゾ(masochist)だからな。


不明
しかし、彼はイケメン(ikemen)だから。
その事実だけで、女の子たちはあらゆる欠点から目を背けてしまう。

御堂:一瞬で判断した・・・何も考えとらんのか?こいつ・・・もし負け
    たらゴールとれんいう条件や・・・いや、負けることは最初っから
    想定に入ってない・・・ゆうことか?(He made a snap decision.
    Does he not think?If he loses this race, he'll lose the
    finish line. No. He doesn't expect to lose.)



14歳 女性
石垣も素敵だったけど、一年生組が大活躍ね。御堂筋が理解
しようとしてる間も、真波は楽しみながら漕いでたくらいだし。


不明
待って、御堂筋がキモいと思わない相手を見つけただと!?


不明
真波はよく居るような少年スポーツ漫画キャラからずれてるのも
あって、御堂筋と通ずる部分があるんだろう。


不明
真波は偉大なクロスカントリー選手にもなれるだろうな。それこそ
疲労骨折の痛みの中でも笑顔で走り続けられるんじゃないだろうか。
筋肉が動く限りは・・・彼のその入れ込みようも含めてキモくない

と表現したんだと思う。狂ってるというかギリギリのラインにいる
けど、そのレベルに達してる選手は確かにいるよね。ただ狂ってる
選手の場合、その狂気を抑えないとどこかで壊れてしまうからな。

真波:もがいて体中の力を使ってギリギリまで追いやって・・・
    それってすごく死に近いと思うんだ!
    (When I struggle to use the strength in my body and push
    myself to the very limit・・・I feel so close to death!)

御堂:死?(Death?)
真波:けどわかるだろう?人は誰しもそうなんだ・・・そういう時に湧き
    上がるんだよ、自分が本当に生きてるって感情が!
    (But you must understand. Everyone does.
    That's when you feel it. That's when you feel truly alive!)




不明
真波はひたすらマゾなんだと思う。


不明
真波は回想も含めて、しばしば胸を押さえてるから心臓病だろうね。


 不明 オランダ
鳴子が脱落した今となっては、ベストボーイたちの戦いのなかに
新たなお気に入りキャラが必要だったんだ。この天使と悪魔の
戦いから目が離せない。


 不明  ②
真波はその自信が技術に裏打ちされていることを示したけど
そのうえでまだ奥の手を隠してることも仄めかしたな。小野田
もダークホースになりそうだね。

御堂:(ギリギリの戦いを好む男、真波・・・か・・・
    こいつ、心の底から戦いを楽しんどる。だから笑う。)
    《The man who loves fierce competition, Manami Sangaku.
    He genuinely enjoys this・・・That's why he smiles.》
    お前、キモくないな。(You're not gross.)



21歳 男性
真波:とっておきを見たい?
自分:何のことを言ってるかさっぱりだが、超見てえ!


男性
ラストのやり取りで普通に悲鳴をあげてしまった。


 19歳 男性 イリノイ州
真波にはまだ隠し球がある(up his sleeve)だって?
それってもしかして、レッドブルがスポンサーについて
翼を授けられたとかそういうんじゃないよね?


 男性 
いつの話だったか忘れたけど、真波の背中に天使の翼が生えて
風を受けて走るような描写があったよね。アレが彼の切り札
(trump card)なんじゃないか?

最後に風で揺らめく木の葉を描かれてるのがその示唆だと思う。

真波:見てみる?あるんだ、まだとっておきが。
    (Do you want to see?I still have something up my sleeve.)



不明
Cパートのやり取りは純粋にキモ(gross)だな、ハハハハハ。


32歳
いやいや、すべてを捨てちゃ駄目だ!特に君の男らしさは!


52歳 男性
まあ、自転車に乗る場合、その方がいろいろ安全なのは間違いない。


不明 ロードレーサー
女の子でロングライドしてる子を知ってるけど、女は女でいろいろと
大変みたいだ。これは乗ってるひとたち自身がよくわかってること
だろうが、ナニがなくなったところで問題もなくなるわけじゃないのさ。


不明
これを思い出した。(訳註:読む順番は左からです。)

橙  :やあ、自転車に乗るのがもっと快適になるようにチ○コ取ったよ!
緑  :はぁ?!
橙  :だから自転車に乗るのが快適になるようにチ○コ取ったんだって。

緑  :君は、自転車に乗りやすくなるためだけにナニを取ったのか?!
二人:・・・
橙  :やっちまった!


不明
石やん(Ishiyan)が何を思ったのがよくわからなかったが、実際のところ
何を捨ててきたんだ?ペ○ス?下着?それとも、あそこの毛(Pubes)?


不明
石垣が前回、一緒にお風呂に入ったところから考えて
もじゃもじゃ(man bush)を刈り尽くしたんだろうな。


 男性 フィンランド
御堂筋は髪を剃るだけで飽き足らず、逸物まで切り落としたのか
スピードのためだけに・・・XD


 不明 
流石にそこまではいってないだろう。ただ、全部剃ったってだけだ。


 19歳 女性 
要するに御堂筋って剃毛したってことよね?


42歳 男性
だと思う。

御堂:勝つために必要無いもんは、全部捨てたんや。
    (To win, I have taken everything I don't need・・・and cast it off.)
石垣:(そのために髪を・・・全部て・・・まさか、御堂筋・・・)
    《Is that why you cut your hair?All of it?Could it be, Midousuji?》

御堂:なにもかも捨てたんや・・・(I have cast off everything.)



不明
この三角形がいいのよ。


 32歳 男性 ミネソタ州
文字通り、全てを捨てていったんだな?!


不明
察するに、御堂筋はベストガールになったってことだよな?


不明
ラストの股間へのズームは一応、ファンサービスに該当するのか?


不明
ガチのサイクリストが手足の毛を剃ったりあらゆる面で高速/軽量化
につとめるのはわかるが、男らしさの本質をジュニアレースの為に
切り落として本当にいいのか?それだけの価値があるのか?


不明
御堂筋:俺の○○か?欲しけりゃくれてやる!
     探せ!この世の全てをそこにおいてきた!



不明
本当にすべてを捨て去った(Cast《rate》)ってことでいいのか?
(訳註:Castrateは去勢するという意味です。)


 26歳 男性 
暗示されていた物はいくら何でもそれではないと思うが・・・


不明
つーかあっさり切って、すぐ試合に臨めるようなもんでもないだろ。


24歳 女性
ふふふ。


33歳 女性
やだ、どうしよう。それは考えたことなかったわ。
私はただ彼が下着すら穿いてないってことかと・・・(笑)



不明
それで、今週の小野田はどこに行ったんだ?


不明
彼はまだおっぱい(boobs)を彷徨ってるよ。しかし、改めて彼女の目の
大きさが巨大なおっぱい(rack)と一緒に定義づけられてるのは面白い。
(訳註:rackは棚ですが
    俗的に「棚のように張りだした大きな乳房」のことも指します。)



不明
くそ!やられた!小野田が動くもんだと思って、ずっと見守ってたのに。


不明
まさか、まったく動かないとは思わなかった。(笑)
(訳註:海外配信版は納期の都合か、卑猥すぎたのか、丸っきり動きのない
    モノに差し替えられてました。ここには国内版のgifを貼っておきます。)