00098
Two of a Kind
以下、ASMAL、Reddit、4chan、YTより引用。(CRで公式に海外配信中)


不明
冒頭の一分でここまで心を揺さぶられたのは初めてかもしれない。
オレの中の悲しみレコードを無事更新したよ・・・

かを:うっああっ。うっうう・・・くう・・・痛て・・・あれ?えっ・・・?えっ?
    (Huh?What?What?)




不明
話の出だしで引き込むにしても限度があるだろ!悲月(Feelgatsu)め!


23歳 男性
このアニメを見る度に、自分の心がちょっとずつ死んでいくのを
感じる。しかも、毎週の待ち時間ですらそれが進行していくんだ。


 31歳 男性 ノースカロライナ州
我々の感情が死んでいくのと同じように
かをりも少しずつ死へと近づいている。我々には助けようがない。


不明
そのコメントのせいで手首をさっくり行きたくなった。


不明
片方は笑いに、もう片方は涙に繋がる。



不明
男女平等なんてのは神話だからさ!


不明
率直に言うと、全く同じスタイルの同じ描写なのにここまで意味や
調子を変えられると感情面で受け入れるのには苦労するんだよ。
文脈で追えば違うことは勿論分かるんだけどそれでもね。


不明
これシリアスとギャグを急激に切り替えるアニメだから尚更だよな。

紘子:ほら行けよ。先生。(Hey, get over there, teacher.)
凪 :忌憚ないご意見を。(Your candid opinion, please.)
紘子:手加減すんなよ。(Don't hold back, all right?)



27歳 男性
公生の教師としての厳しさを示してるときが笑える。何が面白いって
彼のお母さんに通ずる所があることだね。そして、その教えは凪の
学友が言ってる通りに機能してる。これで凪が公生に懐くことに

なったら更に面白くなりそう。


19歳 男性
凪は武を賞賛し、武は公生を賞賛してる。
たったワンステップの論理の違いしかないからな。

公生:楽譜は神じゃないよ。完璧でもない。人間が生み落としたとても感情的
    なものだ。だからしがらみのように付きまとう。(The score isn't God. It's
    not impeccable, either. It's just an extremely emotional thing that
    humans created. That's why it clings to you, like fetters.)

凪 :陳腐ですね。(What a cliche.)
公生:グサッ!
凪 :そんな甘っちょろいこと言ってるから神から人間に落ちちゃうんだ。
    (Blurting out naive drivel like that・・・No wonder you fell to earth!)




24歳 男性
一緒に出かけたところ1つとっても、かをりは残された人生を最大限
に生かす為に、友人と「日常のひとときを過ごしてるように見える。


不明
ただいつもながら、かをりの渡をダシに使った発言は行きすぎてる。
渡の代わりに何かしてくれって発言自体、とてつもなく残酷なものだ。


不明
公生がわかってるなら何の問題もないんだが
代役発言は公生がかをりに歩み寄れない一因になってるのがな・・・

かを:あーっ!誰だっけ?(Oh!Who are you again?)
公生:記憶喪失?頭打ったから?(Amnesia?Because you hit your head?)
かを:すみませんねえ。最近顔見なかったもので。見舞いにも来ないし
    薄情者は影も薄い。(I do beg your pardon. But as I haven't seen you
    lately・・・You never come to visit, and the callous are easily forgotten.)




 50歳 男性 
彼女との付き合いでは自尊心を捨てられるかが鍵になってくるんだ。
もっとも公生は頑張ってるけど!


不明
公生は日常的にこっぴどい目に遭ってるが、それを緩和できる能力
を備えてるから耐えられるんだ。彼はみんなの発言が本質的に何を
意味してるのかわかってるから。


 24歳 女性 フィリピン
ああ!もう!二人がお互いに好き合ってるんだってことを伝えたいわ!
さっさとくっついちゃいなさいよ!

かを:私は天使のように優しい。薄情者の君に贖罪のチャンスを与えよう。
    君を代役に任命します。君でいいや。かばんも大きいようで。
    (I am as kind-hearted as an angel. Callous though you are・・・I
    shall give you a chance to make amends. I'm appointing you as
    his substitute. I guess you'll do. And you do have a spacious bag.)




不明
殆ど告白ともとれる描写が幾つもあったけど、前提がそもそも
友人Aからひっくり返ってないのが・・・かをりはどのタイミング
で明かすつもりなんだろう。


 23歳 男性 ベトナム
1日しか許されなかったであろう特別な時間を、かをりは公生と
過ごすことしか考えてなかった。彼女の目的が公生だったんだな。

かを:このカワイイの私の~!私のカワイイの引っ張らないで~!
    (So cute!This cute one's mine!Don't tug on my cute clothes!)

公生:あの・・・僕レッスンが。(Uh・・・I've got a lesson・・・)
かを:はっ!カワイイ~秋の新作だ。カワイイ!レターセット!
    (Oh!Adorable!The new one for fall!Adorable stationery!)




不明
いや~公生に何かあったら殺してやるって台詞には痺れたね。(笑)


不明
母熊(Mama Bear)はいかなるときでも容赦しないからね。
(訳註:Mama Bearは、主にアクション映画にでてくる
    ような「戦うお母さん」を総称する表現です。)



 49歳 男性 
誰かが公生を愛してあげなきゃいけないからな!
彼が必要とするときに、紘子がそばに居てくれることを願ってるよ。

紘子:けどもし公生に危害を加えでもしたらあたしがぶっ殺してやるわ。
    (But if you ever put Kousei in danger・・・I'll kill you myself.)

凪 :へえ~愛されてますね。有馬公生。
    (Wow, I can see he's loved, that Kousei Arima.)

紘子:あたしの息子だもん。(Well, he's my son.)



不明
紘子はずっと居てくれるだろう。彼女は既に一度公生と彼の母親を
失ってしまったわけで、それによって彼がどれだけ不幸になったかも
わかってる。むしろ、その罪悪感から立ち直るほうが大変だと思うよ。


 23歳 男性 
「亡き王女のためのパヴァーヌ」が今回流れることになるとはなぁ。


 49歳 男性 
一日の終わり、夜の校舎でかをりが、自分の事をあっさり忘れちゃう
のか聞いてたことを踏まえても、これから彼女になにが起こるのか
明らかだと思う。

かを:君は忘れるの?学校を探検した女の子を。一緒に迷子を助けた女の子を。
    病院を抜け出して待ってた女の子を。君は忘れるの?(Are you going to
    forget?The girl who explored the school grounds. The girl you helped
    rescue a lost child. The girl who snuck out of the hospital and waited
    for you・・・Are you going to forget?)

公生:忘れない。死んでも忘れない。(I・・・won't forget. I won't forget, even if I die.)
かを:うん。やっぱり君でよかった。(Right. I'm glad it's you, after all・・・)



 22歳 男性 アリゾナ州
かをりが有馬の自転車に乗りながら、背中で泣いてた場面で思った
けど、たぶんこのアニメの感情の波に呑まれてオレは溺死すると思う。


 24歳 男性 バージニア州
自分はもしかしてマゾなんじゃないかと思うことがあるよ
だって、泣くことがわかってるのにわざわざ見てるからさ。>.>


男性
オタク仲間にどんどん広めるべきだな。そして、犠牲者を増やそう。

かを:無駄な一日なんかじゃないよ。このまま時間が止まっちゃえって思う
   くらいすてきな一日だった。ありがとう。お買い物して夜の学校を探検
   して男の子に送ってもらう帰り道はこんなに星がキラキラしてるんだね。
   (It wasn't a meaningless day. It was such a wonderful day, I wish
    that time would just stop in its tracks. Thank you. After shopping,
    and exploring the school at night, the way back as a boy takes me
    home・・・Just look at how the stars are twinkling.)




不明
自転車の二人乗りが禁止されているおかげで、この悲劇は決して
現実では起きないんだ。そのことを嬉しく思う。


 21歳 男性 フロリダ州
今週も自転車の二人乗りに対する注意喚起がしっかり行われてて嬉しい。


不明
そうそう、二人乗りは法律で禁止されてるんだよ。流石にもう覚えたぞ。


不明
凪のキーボードカバーで指を折ろうって発想は普通に恐ろしいわ!

凪 :この機械野郎がー!さらっと弾いてんじゃねー!フフフ・・・(Why,
   you・・・Stupid machine!Don't play it like it's a piece of cake!)

紘子:じ~。
凪 :はっ。



不明
凪を既に気に入ってるけど、指を折る計画は洒落にならないよな。
幸い紘子先生が彼女の一挙手一投足を監視してて良かったけど。


25歳 男性
凪は公生を嫌いまくってるけど
明らかに彼に惚れ込みそうなのがすでに予想できて笑える。(笑)


不明
この二人の関係って進歩的だし、興味が尽きないよね。

凪 :無能は嫌い。(I hate incompetent people.)
公生:じゃちょちょいとやっちゃおう。
    (Okay, then, let's just get this part out of the way.)

凪 :有馬公生はもっと嫌い。(But I hate Kousei Arima even more.)



 男性 
公生がかをり、もしくは音楽と添い遂げることはわかってるけど
彼が音楽によって人と心を通じ合わせることを、凪を育てること
で更に学んでいるのはいいよね。


不明
三池くんが凪とおんなじ学校だったことが何より驚きなんだが・・・


 30歳 男性 カリフォルニア州
先輩、私に気づいてって考えるのは普通のことなのさ、凪よ。

紘子:追い掛けな。(Go after her.)
公生:えっ?(Huh?)
紘子:あんたの役目よ。公生。(That's your job, Kousei.)



42歳
今日の出来事でどれだけのタンカーが涙を流出させたというのだろう。


 25歳 女性 
悲しみの列車から涙が漏れすぎだと思うの。


不明
季節性の森林火災が消せるくらいの勢いはあるよね。


 16歳 男性 
SWEET POTATO !!!!!

凪 :芋で懐柔されるか!
    (You think you can smooth things over with a sweet potato?)

公生:おいしそうだよ。とろとろだよ。紅あずまだよ。
    (It looks really good. Melt-in-your-mouth good. It's a Beni-azuma.)

凪 :んーっ!はっ!芋に膝を屈しちゃった。
    (Yum!Did I just cave in to a sweet potato?)




男性
他意はないんだが、その角度で階段を上がられるとどうしても
絶対領域(ZR)に目が行ってしまうから、本気で辞めて欲しい。


不明
真面目な場面だろうと、どうしても目が行っちゃうんだよね。


不明
オレもロリコンではないんだけど凪には興奮する。

凪 :グリコ。愛より友情ですか。陳腐です。
    (G-L-I-C-O. Friendship over love, then?How cliche.)

公生:うんそうだね。でも僕にはこれが精いっぱいなんだ。
    (Yeah, you're right. But・・・this is the best I can do.)

凪 :チヨコレイト。(C-H-O-C-O-L-A-T-E.)



 不明 カリフォルニア州
かをりは公生の母みたいに、冷静じゃいられなくなってるみたいだ。


 19歳 男性 オハイオ州
かをりがどんどん色あせて、公生のお母さんの最期に近づいてる。
・・・やめてくれよ~!


 22歳 女性 フロリダ州
このシリーズのいちばん最初、彼女を見たときから比べてどれほど
青白く(pale)なってしまったか考えるだけで・・・泣きたくなるわ。


 22歳 男性 フロリダ州
ここまで見てきた分、余計に落ち込むんだ。周りから浮いて見える
ほど鮮やかだった彼女が、いまでは正反対の理由で浮いて見えてる。

柏木:確かに有馬はたるんでる。中学1年の女の子にピアノを教えてるんだって。
    (True, Arima is slacking off. I hear he's teaching a first year girl piano.)

椿 :はあ!?(What!?)
渡 :見損なったぞ紹介しろ!(Introduce her to me!)
椿 :何で柏木がそんなの知ってんの?(How did you know that, Kashiwagi?)
公生:椿に相談したって女の子の機微は分からないだろ?(Even if I told you,
    Tsubaki, it's not like you're an expert on the subtleties of girls.)




20歳 男性
過去と符合し始めてるのがたまらなく好き。公生が教え子を持った
ときにかをりが怒った瞬間なんて、お母さんそっくりだったよね。


 男性 カリフォルニア州
公生がかをりと過ごしてる瞬間はいつも微笑ましくて希望に満ちてる
けど、これからはそれすら絶望で塗りつぶそうとしてるのか・・・D:


25歳
かをり自身がすでにバイオリンの練習もままならないようだから
ピアノの練習時間を他人のレッスンに費やしてる公生へ、余計に
当たってしまったんだろうな。

かを:じゃあもっとやりなよ!じゅうぶんなんてない!12月にはコンクールが
    始まるんだよ!まだ時間があるとでも思ってんの!?あっという間に・・・
    あれ・・・アハハ・・・何か変なスイッチ入っちゃった。ごめん。ごめんなさい。
    (Then practice some more!There's no such thing as enough!
    The competitions are going to start up in December, you know.
    Do you actually think you still have time?Before you know it・・・
    Oops・・・Okay, that was some crazy mode I went into. Sorry. I'm sorry.)




20歳 男性
すでに彼女たちを中学生としては見てないよ。海よりも深い言葉を
これ以上無いタイミングで残していくからね。大学四年間を通して
も、彼女たちの領域へたどり着くのは不可能だろうな。


 27歳 女性 オーストラリア
彼女たちは芸術家ですもの。無論、誇張があることは否定しないし
途方もなく慎重に言葉を選んでるわけだけど、つまるところすべて
心象風景を言葉にしてるだけだから。


不明
ませた賢い子供であれば、このくらいのことは平気で言ってのけるよ。
ただ多くの場合、どんな賢い子供の発言も周りの大人たちの受け売り
(borrowed plumes)になってしまってるだけでね。

(訳註:borrowed plumes/借り着はイソップ童話からくる表現です。
概要:孔雀の抜け落ちた羽で自分を着飾ったカケスがいた。しかし
    孔雀には相手にされず、仲間からも『美しい羽をつけたから
    素晴らしい鳥になれるわけではない』と諭されるのだった。)



37歳 男性
個人的には、まったく驚いてないよ。彼女たちは早熟で、練習も沢山
積んでるアーティストなうえ、書籍にも親しんでるようだから。逆に
子供らしい会話をされても困る。

そもそも、殆どの心象風景の台詞は公生からくるもので、彼はいちご
同盟を真っ先に読んでた男だからな。ナレーションスキルが高いのも
肯ける。語彙力が違うのさ。:3


不明
凪が武士の妹だったのか?!って言いたいところだけど、予告も
含めてなんとなく察しはついてたよ。

凪 :(あがいても報われない相手を追い掛けて見詰めて恋い焦がれている。
    私は有馬公生をたたきつぶそうとしている。崇高な犠牲。見返りを求めぬ愛。)
   《Pursuing someone we can never have no matter how hard we try・・・
    Gazing at them・・・burning with love for them. I・・・I'm trying to destroy
    Kousei Arima. A noble sacrifice.A love that seeks nothing in return.》
    ただいま~。(I'm home!)

武士「おうおかえり。早かったな。凪。(Hey, you're home. You're early, Nagi.)
凪 :(われはファントム。オペラ座に潜む怪人。)《I am the phantom.
    The phantom who lurks in the opera house. I'm home, brother!》




 26歳 男性 
大好きなお兄ちゃんが、別の男に惹かれてるだなんて・・・愛は複雑だよ。


不明
まったくもう!アニメレベルの複雑さだよな!・・・ん?ちょっと待って??


不明
怖いよ・・・誰かそばに居てくれ・・・


不明
(ホットココアを置いて毛布を掛ける)



不明
病床のかをりと、母親が重なる瞬間は普通にホラーだったな。


不明
公生が窓に映ってるのが余計に怖く感じる。


 21歳 男性 サウスダコタ州
おいおい、最後の一節はどういうことなんだ?


19歳 男性
彼女はただ、本から引用しただけだろう?
まさかホントに自殺するわけないよな!?

かを:やあ。お見舞いは?(Hey. Did you bring anything?)
公生:あっ。忘れた。ごめん・・・(Oh, I forgot. Sorry・・・)
かを:心配して来てくれたんだ。変だったもんね私。(You've been
    worrying about me, huh?After all, I was acting pretty weird.)




19歳 男性
まず、心中(Double suicide)って恋人同士がするものじゃない?


不明
公生が「それは恋人の渡とやってくれ。って
返してるところを想像してちょっと和んだ。


 50歳 男性 
(ほろ苦さの混じった笑い)
しかし、幾ら公生でもそこまで客観的にはなれないだろう。たぶん。


不明
彼が病院に来て何も言わず、そこでこの台詞を言われるのまで
完璧に「いちご同盟」からの引用なんだよね。


男性
いちご同盟 (Ichigo Doumei)は「Strawberry Alliance」とも読める
けど、他方で「いち(ichi, 1)と「ご(go, 5)」の文字遊びでもあって
15同盟とも言い換えられる。

公生:似てない。はじかれたように笑ったりささいなことでヒステリックに
    わめいたり突然泣きだしたりすごく優しくなったり何かを諦めたり
    僕の近くにいた人がそうだった。似てない。似てなんかいない。嘘だ。
    嘘だ。嘘だ。(Not like her. Bursting into laughter at the drop of a hat,
    shrieking hysterically at trivial things, bursting into tears out of the blue,
    turning so gentle・・・Giving up on something・・・Someone close to me
    was just like that・・・She's not like her・・・Not like her at all. It's not true.
    It's not true. It's not true.)




 29歳 男性 韓国
ちょっと調べてわかったけど「いちご同盟(Alliance of the 15s)」は
この作品とは切っても切れない繋がりみたいだ。この台詞も意図して
踏襲してるみたいだし。


不明
重要なのは、心中の前のくだりからすべて引用になってたことだな。
かをりは「いちご同盟」の余命幾ばくもない女の子と自分を重ねてる。


不明
かをりは、あの本を公生が読んでることも事前にわかってたからな。


 49歳 男性 
これって、一風変わったただの「いちゃつき(flirting)」ではないのか?
彼女はずっと彼と一緒に居たいわけだろ?


不明
かをりが心中について語ったのは、二人が本質的にはどういう関係だ
と彼女が考えてるかの吐露でもあるよね。かをりは表だっては友人A
扱いしてるけど、少なくともそれ以上、「似たもの同士(two of a kind)」

なんてレベルじゃないくらい思ってるだろう。


不明
ここでエンディングに入るのはルール違反だろう・・・


28歳 男性
このままいくとオレの心も一緒に死ぬから心中(double suicide)
っていうか、三人心中(triple suicide)になる見込みだ・・・T____T

かを:『あなたって本当に変な人。病院にお見舞いに来たのにずーっと
   黙り込んでいるんですもの・・・あたしと心中しない?』
    ("You really are a strange person・・・You came to the hospital
    to visit me, and yet all this time, you haven't said a word. Want
    to commit double suicide with me?")