Twilight
以下、ASMAL、Reddit、4chan、YTより引用。(CRで公式に海外配信中)


 26歳 男性 メキシコ
いつも光と影に様々な意味を持たせてるけど、今回の冒頭でかをりの
首元でちょうど両断するように斜めに走ってる切れ間には純粋に怖く
なったな。表情の影を鮮明にするのに、わざとやってるんだろうけど・・・

かを:私と心中しない?・・・嘘。言ってみただけ。私ね・・・
    ("Want to commit double suicide with me?" Just kidding
    ・・・I just thought I'd say it. You see, I・・・)




 20歳 男性 ペンシルベニア州
太陽どころか、月明かりすら傾きつつあるってことじゃないのか?


48歳 男性
自分は身体はまだ死の影に飲まれるほど深刻じゃないけど、気持ち
のほうが駄目になりつつあるから、そこで頭と胴体で区切ってるのか
と思ったよ。


不明
というか今回、全体的に斜めに光が差してるシーンが多かったからな。
直後の椿のバスケパートなんて、ずっと斜めの光が描かれてたし・・・

柏木:いいの?あんなこと言って。
    (You okay with that?Saying such a thing・・・)

椿 :あんなこと?(What thing?)
柏木:敵に塩を送るみたいなことして。
    (Like rubbing salt into your enemy's wounds.)

椿 :敵って・・・(Enemy?)



 14歳 男性 オーストラリア
前回のかをり:ねえ、私と心中しない?
(クリフハンガー)
今回のかをり:ジョークよ!フフフ!  みたいな


 18歳 女性 ニュージャージー州
本当にジョークだとしても、酷いジョークには違いないわ。


20歳 男性
それでもまだ「トワイライト」より優れたラブストーリーだよ。
(Still・・・a better love story than twilight.)


不明
「トワイライト」と比較するんじゃねえ!
(訳注:「Still a better love story than twilight」は、米国で10代少女に
    馬鹿ウケした反面、その他の老若男女から幼稚のレッテルを貼
    られている小説/映画「トワイライト」シリーズを揶揄した表現です。
df80000
    全く褒め言葉ではありませんが、今回の題に絡めたネタですね。
 類語:Better Than Bieber/ジャスティン・ビーバーよりはマシだ。
    こちらは主に「歌ってみた」動画をけなす際に使う表現です。)


柏木:したくもない勉強をしてるのは誰のため?志望校のランクを上げた
    のは?奥津音大附属近くの高校を志望したのは誰のため?
    (For whose sake are you studying against your will?For whose
    sake did you choose a higher-ranked high school?Choosing a
    high school near Okutsu Music College Affiliated High・・・
    Who'd you do that for?)

椿 :ほらっ!公生は一人だと駄目駄目だから。(Oh!W-Well, you know!
    Kousei's totally helpless on his own, so・・・)




不明
みんなは「Twilight」好きかい?俺のお気に入りの曲(MY JAM)なんだ!
(訳注:JAM  ここでは楽曲という意味で、That's my jam!といえば
    この曲大好き!という意味になります。元々は、70年代後半に
    アフリカ系アメリカ人の間で使われた表現が一般化しました。)



 16歳 男性 ジョージア州
二人が一度でもいいからキスしてくれたら良いのに。DX :'c

椿 :幾つもの知らない自分を発見して幾つもの知らない自分と向き合う。
    それもたぶん恋をするってことなのかな。(I'm discovering all
    these different sides of myself that I never knew I had・・・
   Facing all these different sides of me. I guess that's also
    ・・・What you call・・・being in love?)




不明
椿の最後の一投のゴールの瞬間を映さなかったのがいいよね。


不明
公生が兄の姿と重なって、追いかけていく凪が可愛かった。(笑)
紘子が察してるのも良い味出してる。

公生:ありがとう。ごめんね心配かけて。
    (Thanks. Sorry to make you worry.)

凪  :べ・・・別に心配なんて・・・バカじゃないの?敵が貧弱だとつま
    んないだけよ。(N-N-N-Not at all!Worry about you?Are you crazy?
    It would be a bore to have a wuss for an enemy, that's all.)




30歳 女性
実のところ、音楽が孤独な行為になることって滅多にないわよね。
インスピレーションは優れた指導者から教え子、そして友人から
競争相手へと伝播していくものだし、ソリストだって、作曲家や

以前の演奏者をその背に負っている。公生とかをりが再び共演
するそのときを待ってるわ。

公生:たくさんの人と音を共有できたとき。たくさんの人に音が届いたと
    き。心を重ねたとき。音楽は言葉を越えるのかもしれない。(When
    you've shared those sounds with tons of people, when you've
    reached tons of people with those sounds, when your hearts
    come together・・・It might be that music transcends words.)

凪  :そんなの陳腐です。女は現実的なんです。言葉しか信用しません。
    (That's just a cliche. Women are realistic. We only believe in words.)




26歳 男性
>女は現実的なんです。はまだしも >(女は)言葉しか信用しません。
っていうのは、どこの狂ったファンタジー世界の女性のことなんだ?


 23歳 男性 フロリダ州
そりゃあ、アニメの世界の女性だろう。


 27歳 男性 インディアナ州
今までのどのエピソードよりも、身に沁みてきつい話だった・・・
自分でも何故だかわからないんだけどさ。公生の痛みを我が
ことのように感じたよ・・・=/

渡 :お前よそれって薄情じゃねえ?かをりちゃんはお前にあんなによく
    してくれたのに何逃げてんの?こっち向けよ!お・・・おい公生。
    (Listen, you・・・don't you think you're being callous?
    After Kaori-chan did so much for you, why are you running away?
    Look at me!H-Hey・・・Kousei・・・)

公生:渡・・・僕はどうしたらいい。(Watari・・・What am I supposed to do?)



21歳 女性
二人はモリース・ラヴェルの「Pavane pour une infante defunte」
を演奏するのね。英語では「Pavane for a Dead Princess(亡き
王女のためのパヴァーヌ)」と呼ばれるものだけど・・・ただ悲しい。:I


20歳 男性
かをりが引用した小説と同じように、ラヴェルの楽曲も彼女の状況に
ふさわしいものだよね。この物語の美しさと計算された音楽の選択に
も魅了されてるよ。


 24歳 男性 イリノイ州
この曲は、16話の最後でかをりが公生と話してるときにも流れてたな。

かを:私ねあんまりよくないみたい。
    (You see, I・・・It doesn't look good for me.)

公生:嘘だ嘘だ。(It's not true. It's not true.)
かを:ごめんね。思い出したくないこと思い出させちゃって。こんななら
    会わなきゃよかったね。
    (I'm so sorry. ・・・I made you remember something you don't
    want to remember. I guess maybe we never should've met, huh?)

公生:僕は何も言えなかった。(I couldn't say a word.)



 不明 ノルウェー
ずっとボディーブローを浴びてる気分だ。公生が耳を塞いでいた
曲は、亡き王女のためのパヴァーヌだったね。これもまた悲しい
死亡フラグになってしまいそう。


不明
このアニメによって俺は殺されると言うのか。


不明
あと、かをりも死にそうだよね。

渡 :やっぱお前はかをりちゃんに会いに行くべきだと思うんだ。そりゃ
    あ俺なんかでよけりゃあさ何だってするよ。好きな子のためなら泥
    水だってすするぞ。ズズズッとな。でもよ。かをりちゃんはたぶん
    俺じゃ駄目なんだよ。( but・・・I think you should go see
    Kaori-chan after all. Sure, if she was okay with me, I'd do
    anything in the world. If it was for a girl I liked, I'd even
    drink muddy water, just slurp-slurp-slurp, you know?But you
    know what, I think for Kaori-chan, I'm not the one, you know?)




24歳 男性
どうもこのアニメは、一人の少女を着々と「見送ろう」としてる
ように見えるんだが、そんなことにはならないよう願ってるよ。


 女性 インドネシア
公生が泣き出したときは、こっちまで泣いちゃったわ。
毛布にくるまってコロコロ回りたくなった・・・T^T


 26歳 男性 
>無理かどうかは女の子が教えてくれるさ。
シンプルだけど洗練された実に素晴らしい一言で。有馬に幸あれ。
そして、みんなもがんばれ。(Good Luck to all of you.)

渡 :んなもん行ってみりゃ分かるって。男は行動あるのみだ。(Don't sweat
   it・・・you'll know once you're there.A man can only take action!)

公生:僕には無理だ。(But for me, it's impossible.)
渡 :無理かどうかは女の子が教えてくれるさ。
    (Whether or not it's impossible, the girl will let you know.)

かを:『もう来ないかと思ったわ。』("I didn't think you'd ever come again.")



不明
>もう来ないかと思ったわ。
これも「いちご同盟」からの引用なのか?だとしたら、事態は相当深刻じゃ・・・


不明
小説のあらすじだけ聞いただけで内容を詳しく知らないけど、かをりはヒロイン
と自分を重ねてるってことだよね?だとしたら、もう彼女は自分の生を諦めつつ
あるように思える。


不明
だからこそ公生が元気づけようとしてるんだろう。
小説を読んでるから彼女の意図もわかってるし。

かを:何よその返し!お見舞いする気ないでしょ!(What kind of
    answers are those?You don't even want to be here, do you?)

公生:あるよ!あるけど・・・何を言えばいいか分からないだけだ。
    (Yes I do!I do, but I don't know what to say, that's all.)

かを:昔に戻るだけだよ。忘れちゃえばいいんだよ。リセットボタン押す
    みたいにポチッと。ポチポチッと。(Just go back to the way
    things were before. You can just forget about it all, like
    you've pressed the reset button. Tap, tap, tap・・・like that.)




不明
いやそもそも、彼女は同じ小説を読んでる公生に対してわざわざヒロイン
ぶってるんだぞ。その時点で完璧に諦めたわけじゃないのは明らかだろう。
むしろ、暗に公生に助けを求めてるってことだと思うぞ?


不明
ぶっちゃけ、かをりは基本公生に対してすごく甘えてるだけなんだと思う。


不明
自分ももし音楽を演奏できなくなったら本気で死を考えるだろうな・・・

かを:覚えてたって意味ないもん。弓を持てないバイオリニストなんて
    意味ないもの。(There's no point in remembering, anyway.
    A violinist who can't hold her own bow・・・that's pointless.)

公生:何で・・・何でそういうこと言うの?散々わめいて殴り倒して無理
    やり僕を舞台に引きずり上げたくせに。散々忘れたくない風景を刻
    みつけたくせに。(Why would・・・why would you say such a thing?
    After all that howling, slapping me around, forcing me up
    onstage against my will・・・After carving so many scenes
    into my mind that I don't want to forget・・・)




不明
むしゃむしゃむしゃ(om nom nom)


 49歳 男性 
おいおい、公生。やるじゃないか!せっかく持ってきたカヌレを
彼女の目の前で食べて、飛び出して(storming out)いくなんて!


不明
病院で公生が自由に振る舞ってたのはかをりみたいだったな。(笑)


不明
公生ってやっぱり、かをりの真似をして元気づけようとしてたのかな?
自分のときがそうだったように。

公生:いじけたやつに食わすか!カヌレがかわいそうだ!(Like I'd let
    such a cranky whiner have it?I'd feel sorry for the canele!)

かを:私が頼んだのに!(But I'm the one who asked for it!)
公生:僕が買ったんだ!(I'm the one who bought it!)
かを:何よ!(What's that?)
公生:何さ!(That's that!)



不明
公生がわざとやってるにしても、自然にやってるにしても
公生は、この不満の表し方/励まし方しか知らないからな。


不明
まあ、公生が気持ちをさらけ出してるだけでも十分に前進してるだろう。
今までの彼は成熟してたんじゃなくて、感情をどこかに置いてきただけ
みたいな部分もあったから。

公生:君は無責任だ。そんなやつもう知らん!
    (You're irresponsible!I wash my hands of you!)

かを:待って!クッ・・・ハハハ・・・あなたってホントに変な人。
    (Wait– You really are a weird one.)




不明
凪の目の大きさの不一致が気になったのって俺だけ?


不明
あれは意図してやってるんだよ。o.0をそのまま描写した感じだから。


不明
あの演出好き。文字通りの意味で公生は彼女の思考回路を破壊したんだ。

凪  :えー!?くる学祭に出たい!?青天の霹靂!意味分かんない。何考
    えてんの?(Whaaat?You want to perform at the culture festival?
    A bolt out of the blue?I don't get it!What are you thinking?)

紘子:また無茶な。(You're really pushing it.)
公生:お願いします。(Please!)
凪  :いいですよ。(Fine.)



 23歳 男性 カリフォルニア州
お願いだ!有馬!幼女ルートを選択してくれ!


不明
二人が一緒に演奏してるところ、はやく見たい。
出来れば「魂の共鳴!」状態になって欲しいね。

公生:もっと跳ねるように手首を使って柔らかく。もう一呼吸待った方が
    いいかな。序盤はもっと速めでメリハリを。(Make it sound more
    springy. Use your wrists to play softly. Maybe you should
    wait an extra beat. Speed up the intro and vary the pace.)

凪  :タンタン・・・嘘・・・何回さらったのよ。昨日より精度が上がってる。
    (No way!How many times did you go over it?
    It's even more accurate than yesterday.)




不明
子供に過度なプレッシャーを掛けること自体、いいことではないよな。


 不明 カリフォルニア州
才能を持つってことはそれと同じくらいの困難を負うことにもなるわけだ・・・


 男性 カンザス州
このアニメを見てるときが、自分の木曜日が最も輝いた瞬間なんだ。
次の木曜日まで何すればいいかな・・・ピアノの練習するか!>_<

女子:雑誌ライターは凪狙いで来るんだって。
    (The magazine writer's coming just to see Nagi.)

男子:余裕でトップでしょ。
    (She'll own everyone else without even trying.)

女子:ロリコン狙い?(Lolicon bait!)
音楽:親御さんも鼻が高いぞ。(Your parents must be so proud.)
友人:頑張って!(Good luck!)
女子:結局顔だけでしょ。(She's nothing but a pretty face.)



不明
>ロリコン狙い?  って発言にめちゃくちゃ笑った。(笑)


 26歳 女性 ノースカロライナ州
そこは、自分がどうしてこのアニメを好きなのか象徴する瞬間だった。
深刻な状況でもユーモアを投げかけてきて、それが綺麗に嵌まるから。


 26歳 男性 
他者の醜さを指摘するような蔑む意見って、いつだって表面しか見て
ない的外れなものだからな。何せその手の意見は、相手が「汗をかき
涙を流す、血の通った存在」ではないことを前提にしてるんだから。

紘子:ちょ・・・凪!(Hey!Nagi!)
公生:助けてよお母さん僕の耳が。(Help me, Mom・・・My hearing・・・)
紘子:つくづく指導者失格ね。また同じことを繰り返そうとしている。凪
    ・・・(Once again, I'm a failure as an instructor. I'm about
    to let history repeat itself. Nagi・・・)




不明
凪と紘子のやり取りには涙を誘われずにいられなかった。「ドリアン
グレイの肖像」にも同じような理由で世界に作品を発表することを
拒否する画家が出てくるんだよね。若い頃の自分は周りに披露する

ことの意味を理解してなかったんだけど、大人になってからは少し
考えも変わったよ。仕事でもどれだけ努力したかなんて関係なく
その結果によってのみ、あっけなく評価されてしまうモノだからね。


20歳 男性
今回は泣かずに最後まで見られたから、ご褒美にクッキーをくれないか。


24歳 女性
心のうちで泣いてる場合は、泣いた扱いにするのよ!!>_<

紘子:その先にね、チャラになる瞬間がある。悩んでわめいて苦しんでも
    がき続けた数カ月。何もかも報われる瞬間がある。(Once you get
    past that, there's a moment when the slate gets wiped clean.
    All the months of agony, screaming, suffering, and struggling
    ・・・There's a moment when you're rewarded for all that.)




 22歳 男性 アイダホ州
ずっとハラハラ(on edge)しっぱなしだったから
今回の終わり方に机をひっくり返しそうになった。<_<


 23歳 女性 バージニア州
私は仕事中に見てるから涙流せないけど、変には見られてるはず。(笑)


不明
トイレを占領した凪を先生が掴んだ(snagged)とき、小春が足を
抑えこんだ(pinning down)のを見たときは笑いで涙が出てきた。

凪  :私たち・・・(We・・・)
紘子:捕まえた!(Gotcha!)
凪  :ギャー!
紘子:トイレを占領するんじゃない!(Don't monopolize the bathroom!)



不明
今週もずっとやばかったけど
来週は思う存分、うわーん(bawwww)と泣けそうだから楽しみ。


不明
前回のエピソードで自分の涙は涸れ果ててしまったよ・・・


 47歳 男性 ニューメキシコ州
先週分と併せて二話続けてみたんだけど、全然泣かなかったよ・・・
まあ、ちょっと泣いたかもしれないけど・・・うん、実際には
かなり泣いたんだけどね。酒が入ってたのに全く意味がなかった。


 不明 アリゾナ州
夕食以外の時間にもタマネギは切られうると思い知るアニメだよね。

紘子:あんたの居場所はトイレじゃないわ。舞台に立つのが怖いのはあん
    たが一生懸命練習したから。身も心もピアノに傾けたから。だから
    さらけ出すのが怖いのよ。あんたのことを「覚悟のない臆病者なん
    て言うやつがいたら私がぶっ殺してやるわ。ない胸張りなさい。
    (Your place is not here in the bathroom. You're afraid to go
    out onstage because you practiced so hard. You gave your
    body and soul to the piano, and that's why you're afraid to
    expose them. If anyone calls you a "mentally unprepared coward,
    I'll kill them myself. Throw out that non-existent chest of yours.)




19歳
フフ、ない胸張りなさい!(Throw out that non-existent chest of yours.)


不明
どうやら我々は真の親友である渡に、敬意を払う必要がありそうだ。


不明
彼は2015年版の友田(Tomoda)みたいだな。


不明
>お前の願いなら何でも
って言った瞬間、それが明らかになったな。友田の輪は果てしなく続くだろう。

公生:お願いがあるんだ。(I want you to do something for me.)
渡 :いいよ。(Sure.)
公生:まだ何も言ってないよ。(But I haven't told you anything yet.)
渡 :お前のお願いならいいよ。ヘヘッ。(If it's you who's asking, it's cool.)



37歳 男性
人生は舞台である、とはシェイクスピアの残した言葉だけど、我々は
その舞台から退場することを恐れつつも、勇気をもって前に進み続け
なきゃいけない。


不明
まあ、我々は何かしら役を与えられているけど
その役を如何に演じるかも、自分で決められるからな。


 男性 ジョージア州
なんだよ、なんだよ。何を計画してるんだよ?このシリーズ
の感情のジェットコースターは、どこに向おうとしてるんだ?


 男性 ベトナム
あんたの存在、海綿体ね。(You're like a walking hard-on.)って。(笑)

渡 :清純派音楽女子の匂いだ!カワイイ子臭充満だ!キャッホホ~イ!
    (This is the scent of pure, musical maidens!The place
    is packed with cute girls!Woo hoo!)

椿 :あんたの存在、海綿体ね。
    (You're like a walking hard-on.)




不明
自分と渡に共通点が見つかるとは。


男性
俺も何度同じ言葉を掛けられたか忘れてしまった(lost track of)よ。(笑)


 27歳 男性 ニュージャージー州
コスチューム・バンドの中にのだめが紛れ込んでるぞ!


27歳 男性
他は可愛いか、ちょっと間抜けな衣装がそろってるなかで、公生と凪が
ステージ仕様にバッチリきめてるのがいいよね。確かに目立っちゃう
(stick out)だろうけど、二人の演奏をより思い出深いものにしてくれるはず。

泉 :ブラコン卒業かしら。悲しいわねお兄ちゃんは。
    (Could it be that she's outgrown her big brother complex?
    Must be sad for you, Big Bro!)

武士:清々するよ。(Nah, it's a relief.)



 21歳 男性 カリフォルニア州
う~む、待ちきれない。
特に凪のお兄さんが有馬が凪の先生であることに気付く瞬間がさ!


不明
彼の後ろに座ってる子が気の毒になるよ。
ステージを見るときは身を乗り出さなきゃ無理だろうな。


23歳 男性
ちょっと!凪のお兄さんがどんな反応するか楽しみにしてたのに!!
なんで、あと10秒くらい続けてくれなかったんだ?


23歳 男性
あと30分くらいは欲しいだろ?


 18歳 男性 オーストラリア
あと、もう1クールくらい?

公生:大丈夫?(Are you okay?)
凪  :はぁ!?だ・・・大丈夫に決まってるっしょ!有馬先生こそ落ち着
    いてますね。もっとうろたえろ。
    (O-O-O-Of course I'm okay, why wouldn't I be?You're quite
    calm yourself, Arima-sensei!Lose your head more!)




 不明 
公生がかをりとの経験から、紘子が公生との経験からそれぞれに
凪をサポートしてるのが面白いな。しかも、本人はそれをなかなか
素直に受け取ろうとしないって構図も同じだしさ。(笑)

凪  :何すんのよ!エッチ。セクハラ野郎!(What do you think
   you're doing, you pervert?You sexual harasser!)

公生:こんなに握り締めて指がコチコチになっちゃうよ。手を広げて力抜いて。
    (If you squeeze my hand so hard, your fingers will lock up.
    Now open up your hand・・・and relax・・・)




 20歳 男性 フィリピン
これで、まあああああた一週間待たされるのか・・・くそが・・・


 23歳 男性 
誰かタイムマシンか、世界を意のままに操れる機械を貸してくれ。


 25歳 男性 メキシコ
誰か、次の木曜日まで冬眠状態にできる機械を開発してくれないか?


 50歳 男性 
来週、出張(away on)で木金と帰ってこられないっていうのに・・・
余分に二日分待たなきゃいけないんだぞ。

凪  :あっ・・・あなたも追い詰められていたの?あなたも怖いの?私と同じ?
    (Were you driven into a corner, too?Are you afraid,
    too?The same way・・・I am?)




59歳 男性
え?今週は凪の演奏を聴けないだって?ブーブー!


20歳 男性
二人の演奏をいま聴きたいんですけどおおおおおお!


 31歳 男性 
なんでこんなことをするんだ?
ここで切るとかあり得ないだろ!どうして、俺を苦しめるんだ!


21歳 男性
このアニメのクリフハンガーは、筋書きで焦らしてるわけじゃないから
余計性質が悪いな!待って出てくるのは世にも美しい音楽だっていうん
だからさ!

公生:僕の友達が言ってたよ。君の人生でありったけの君で真摯に弾けば
    いいんだよって。(A friend of mine told me once. "Just play with sincerity,
    give the performance of your life with everything you've got.")

凪  :でも私たった13年しか生きてません。
    (But・・・I've only lived for thirteen years.)

公生:たった13年でも君や君を見てきた人たちにとって掛け替えのない
    13年だ。信じよう。音楽に傾けた時間を(Even if it's only been
    thirteen years・・・for you, and for everyone who's watched
    you till now, it's thirteen years that can't be replaced.
    Let's believe in it, the time you've devoted to music.)




不明
なんだよ、もう!ここで終わりか!自分の人生で
ここまで子供のピアノ演奏を見たいと思ったのは初めてだよ。


不明
あの携帯を通じて、会場の音を聞くことになるってことかな?


 31歳 男性 ノースカロライナ州
ラストのかをりの描かれ方が、まるで同じ舞台に挑むような雰囲気
だから一体感のでるような解決方法になるのは間違いなさそうだ。

係員:8番の方ステージにお願いします。(Performer No. 8, please take the stage.)
凪  :私たちだ。(That's us・・・)
公生:よしっ行こう。(All right, let's go!)
凪  :はい。(Right.)



37歳 男性
なるほど、公生はかをりのために演奏するつもりなんだな・・・


18歳 男性
えっと・・・このままだと、公生はお母さんとの過去を
かをりで追体験することになりそうな気がするんだが?


不明
この予告の公生がかをりを見下ろしてる角度・・・
どう考えても彼女は車いす状態になってるだろ。:/


 男性 カリフォルニア州
来週、目からすっごい汗かきそうな気がする・・・