01384
Crime and Punishment
以下、ASMAL、Reddit、4chan、YTより引用。(CRで公式に海外配信中)


 22歳 男性 カリフォルニア州
パラサイトの一人として言わせて貰うおう・・・
私を止められると思うなよ!愚かな人間ども!

パラ:え・・・?(Huh?)
ミギ:一人死んだ。(One died.)



不明
新一とミギーの会話、思いっきり浦上に見られてたけど大丈夫なのか?


 不明 
現時点で新一が後藤に対して勝ち目があるとは思えないな・・・これが
少年漫画なら、特訓エピソードを数話挟んでるところだろう。(笑)
このエピソードは暗さもさることながら、「本当の怪物は誰なのか」を

浮き彫りにしていていいよね。


 不明 
いつだったかミギーが、悪魔の定義について調べたら
人間が最も近い存在だったって言ってたのを思い出す。

山岸:(奴らは生物ではない・・・悪魔が操縦する機械だ。機械を止める
    にはモーターを完全に破壊すればいい・・・心臓を確実に破壊する
    為には点の貫通力よりも、面の破壊力だ。
    (They are not life forms. They are machines operated by demons.
    To stop a machine, we need only destroy the "motor." The key
    factor in ensuring the destruction of the heart is not the penetrating
    power of each round, but the force of each shot's
 overall spread.)



 不明 
パラサイトも人間もぐちゃぐちゃになってるな。このアニメが投げかけ
てくる道徳的な疑問も大好きだ。ただ安心して愉しませてくれるだけ
じゃなくて、考える機会も与えてくれるんだからさ。


不明
隊長の言ってることが玲子の考えていたことと真逆を言ってるのが
面白いよね。「利己的な遺伝子」とも通ずる部分がある発想なのに。


 23歳 男性 ノルウェー
AA-12で武装した選択そのものは間違ってなかったんだがな・・・

平岡:例の殺された私立探偵のメモに不明確ながら書かれていた・・・
    (The murdered P.I.'s notes mentioned something relevant,
    although they were rather vague・・・)

山岸:テレパシー?ええ、読みましたよ。
    (Telepathy?Yes, I remember reading about that.)

平岡:ここは万全を期すべきです。
    (We should take all necessary precautionary measures.)




 26歳 男性 
浦上の手錠はどう考えても必要だったでしょ・・・彼が誰かを攻撃
することを防ぐ為ではなく、ビショップをこすりだすのを防ぐ為に。
(訳註:※下品なネタ解説なので嫌いな方は読み飛ばしてください※
    polishing/beating the bishop  で、○慰行為を意味します。
    チェスの駒であるビショップが、皮を被った逸物と似てること
    からきた比較的古い表現です。他にも、廃れた表現ですが
    1世紀ほど前にはshooting the bishopで夢○を意味しました。)


不明
というか、なんで手錠を前でかけてるのか意味がわからない。


不明
日本だと手錠は前で着けるらしいよ。それでも大人しくしてる人が多いからって。

浦上:おいおい、手錠外してくれよ。いざって時、これじゃ困るぜ?逃げ
    やしねえよ。第一こんなお巡りだらけの中どうやって逃げんだよ。
    (Hey, c'mon. Uncuff me. What am I supposed to do if anything
    happens?I won't run. Besides, how am I supposed to make
    a run for it with all these cops around?)

警官:よし、いいだろう。(All right, fine.)



不明
日本人は捕まって逃げるくらいなら切腹する(Commit Sudoku)ことを選ぶから。
(訳注:切腹/seppukuをわざと数独/sudokuとミススペルするミームがあります。)


不明
いやいや、それはおかしい。普通に逃げられるだろう。


不明
うん、だから現に逃げられそうになってるよね。

新一:なあ、ミギー!俺達も協力しよう・・・こっちだって敵を見分けら
    れるんだから。
    (Hey, Migi. We should help, too. We can tell them apart.)

ミギ:ダメだね。(No.)
警官:ダメです、協力してください。(No. Please cooperate.)
広川:市民に銃口を向けるとは、何事だぁ!
    (How dare you point guns at civilians?!)




 22歳 女性 メリーランド州
お願いよ、ミギー。新一に好きなようにやらせてあげて。


不明
こうなると思ったんだよ・・・浦上は明らかにわざとやってる。

警官:列に戻って下さい!(Please get back in line!)
パラ:ちょ、ちょっと・・・あ・・・あの・・・(W-Wait・・・U-Um・・・)
浦上:早く撃て、殺せ!(Shoot him now!Kill him!)



 不明 
建物内で特殊部隊の男がオートでAA-12を撃ってたけど、自動式散弾銃
の音じゃなかったよね。音的には旧式のSMG、AR、LMGっぽかったし。
(まあ、アニメでそういう所まで正確なのが稀なのはわかってるけど) XD


 不明 ノルウェー
あれはたぶん「ストック」されてる音をそのまま使ってるんだろう。
セミの音がいつも同じなのに似てる。

警官:装置に流れ弾が・・・センシングシステムがダウンしました。
    (Our equipment got hit by friendly fire!
    The sensing system's down!)



 不明 
十字砲火の状態で混乱状態になったから民間人の死傷者がでてしまった
だけだから、隊員たちを責める気にはならないな。相手は瞬く間に十数人を
倒せるような化け物だしさ。


不明
ただ群衆のいる状況でショットガンを撃つのはあまり良い選択ではないよな。

警官:皆さん、静かに!落ち着いて下さい!落ち着いて!
    (Quiet, everyone!Please calm down!Calm down!)

警官:クソッ!(Shit!)
警官:撃つな!(Don't shoot!)



 不明 
彼らは軍隊じゃなくて警察だからな。それに、新一からパラサイトと
戦う上で情報がもう少し降りてれば違っただろう。情報がなさすぎる。


17歳 男性
彼らって警官でもないんじゃない?ただの傭兵か何かだと思ってた。


 44歳 男性 ハワイ州
もしも彼らが軍隊だったら、相手の発言に関係なく反射的に撃てるし
相手が動かなくなるまで集中砲火で圧倒してるから軍隊ではないよ。

山岸:全員床に伏せろ!両手を頭の後ろに組め!5秒以内だ・・・早くし
    ろ!絶対立ち上がるな、許可なく立つ者はその場で射殺する。
    (Everybody down!Hands behind your head!You have
   fiveseconds!Now!Don't stand up, no matter what!
    Stand without permission and we'll shoot to kill!)

職員:ちょっと待てよ、いきなり何勝手なこと・・・
    (Hey, wait a minute!Who're you to tell us—)

山岸:ふん・・・人間だったか・・・(Hmph. A human.)



 不明 
軍人って実のところ、パラサイトによく似てると思う。徹底した合理主義と
条件付けで本能的に反射的に戦えるよう訓練していった結果、 躊躇する
間もなく身体が動くようになる。 今回だと、それが徹底して出来てるのは

山岸だけだった。彼だけが軍人で、他はそこまで戦い慣れてない印象を
受けるよね。それらの点を踏まえれば、彼の部下はあくまでパラサイト用
に急造した組織なのかもしれないな。


不明
自分も同意見だな。少なくとも
標的が誰であるかに囚われてた時点で間違いなく軍人や熟練の武装警官
隊ではない。今回の場合は特に根絶やしにするという大指針もあるわけだし。


不明 ①
部下は通常の訓練は受けてても人を殺すための訓練は積んでないみたいだ。


不明
あの浦上が山岸にだけ態度少し違ったのもそういうことだよね。

山岸:この市庁舎には多数のパラサイトがおり、これから我々がやつらを
    制圧する!いいか、自分が人間だと思うのなら、おとなしく我々の
    指示に従え!(There are several parasites in this city hall.
    We are going to neutralize them. Listen up!If you believe
    yourselves to be human, do exactly as we say!)



19歳 男性
怪物を倒したいと願うなら、己も怪物になる必要があるからな。


不明
是非、SWATを使ってくれないか。ターゲットを人間扱いしないから。


不明
はは、そいつはきつい一発だな。(笑)


不明
ロシア人でももう少しまともに、というか良い感じに解決できてたはず。

(スペツナズ テロリスト42名、人質129名、死体袋171。任務完了。)


不明
笑っちまった。一緒に地獄に落ちよう。


不明
ロシア人だったら、まず市庁舎に催眠ガスを送り込んでるところだな。


不明
軍人を中心に見た場合、パラサイト、それに殺人鬼はある意味では
極めて近しい存在だけど、決定的に違ってる部分がある。まず軍人
とパラサイトの決定的な違いは、「殺意」をもって殺してるかどうか。

軍隊は心理的障壁を減らして、如何に殺意を持たない状態で兵士に
殺させるかを研究する場所でもある。殺意を持つってことは相手を
それだけ意識しなければならないし、そんなことを一々やっていては

身が持たない。その好例としては母殺害後の新一があげられるよね。
山岸が害虫駆除と言い、動いたモノを人間扱いしないと宣言したのも
実際には、この障壁を減らすことで部下達が動きやすく、気持ちが楽

になる状況を作ってるんだ。彼はその点、根っからの軍人だよね。
次に軍人と殺人鬼の違いは勿論幾つかあるけど、一番大きいのは
行動のよりどころとなる「命令」がどこにあるかだろう。軍人の場合

はあくまで軍の「命令」がなければ動けないけど、殺人鬼の場合は
自分の中の「命令」に従ってるからね。

山岸:これより狩り場を拡大する。ここは如月班に任せる。怪しい者は
    容赦なく撃て。(We will now expand our hunting grounds.
    Kisaragi Squad, you'll take this area. If you see anyone
    suspicious, shoot to kill.)

警官:は!(Yes, sir!)



不明
あぁそういえば、パラサイトは人間を食い殺す「命令」を受けてるって
玲子が言ってたな。そう考えると殺人鬼とパラサイトの違いって殆ど
ないような・・・


不明
殺人鬼は成長しきっててほとんど更正の余地がない。一方のパラサイトは
ちょっと噛み癖のある赤ん坊に、教養とヘビー級ボクサーの肉体を与えた
みたいな感じで、周りは苦労するだろうけど、どう成長するかは未知数だ。


不明
ちょっと待って、パラサイトってマイク・タイソンだったのか?


不明
いや、彼に教養はないだろう。

警官:正当防衛・・・いやそれとも公務執行妨害・・・か・・・これは
    非常事態であり・・・!?(Is it justifiable self-defense?
    Or・・・Is it obstruction of justice?
    This is an emergency, so・・・)

浦上:あ?なんだって?(Huh?What're you going on about?)



24歳 男性
あらゆる規制に対して中指を立てて応えたようなエピソードだったな。


 男性 ヨーロッパ
あの市庁舎には数十体のパラサイトが居たみたいだな。実に暴力的な
エピソードだったが、市長がこれに対して何を言うのか見モノだよね。


男性
改めて確認して気付いたが、10分20秒~11分40秒に流れるBGM
って「ブレードランナー」のエンドタイトルをオマージュしたものだよね。
凄く良かった。恐らく、テーマの類似性(レプリカントとパラサイトという

存在の対比)も考えて入れてるんだろうけどさ。

職員:わああああ!
警官:止まれ!(Stop!)
職員:うぅ・・・うぅうううう!



 男性 ワシントン州
これは責任問題になりそうだな。
SWATチームのリーダーはパラサイトよりも人間にとっての脅威と言える。


不明
感興をそそられるのは、目的が民間人の安全確保よりもパラサイトの
根絶にあると語られたことだな。社会の利益のためにどれだけの人間
を犠牲にして良いのかって論点にも繋がるよね。


 25歳 男性 カンザス州
まあ、極端な状況下では極端な対応が求められる
ただ、それだけのことだと思うけどね。

後藤:何故、逃げようとしない?・・・あんたなら包囲網抜けるのもたやす
    いだろう。(Why aren't you trying to escape?You should be
    able to get through the cordon easily enough.)

広川:君もな。(The same goes for you.)



不明
なるほど、だからこの題名なんだな。


男性
楽しかったけど、これが本当に身近で起こったらと考えると・・・D:


 不明 南アフリカ
率直に言うとパラサイトのことを好ましく思ってる。彼らは食べるために
殺してるって部分があるからね。それに、人間側の戦略には大きな瑕疵
がある気がする。パラサイトは市庁舎にだけいるわけじゃないだろうし

人間の戦略を知った彼らからカウンターを喰らうのが目に見えてるからな。

後藤:俺はもう少し敵の戦いぶりを見ていくつもりだが・・・あんたは
    どうする?(I intend to watch how the enemy fights for
    a while longer first. What about you?)

広川:さて、ここで逃げても意味がない気もするしな。(Good question.
    I feel there's no real point in running at this point.)

後藤:ほお。(まあ、好きにするさ。)(Oh?)《Well, I'll just do what I want.》



不明
率直に言って、今回は誰が真のモンスターなのか判断が付かないよ。


 不明 
人間もパラサイトもどっちもモンスターだよね。人間は衣食住のために
他の動物を殺し、パラサイトは人間を家畜扱いしてる。両者の違いは
既にわからないよ。


32歳
とりあえず、除外できるのはこの状況下でも
二人で愉しんでたカップルだろうな。アレは紛れもなく人間だ。

山岸:殺人犯、貴様は睦月班、皐月班の混成チームに同行しろ。
    (Killer, you'll accompany the joint team formed by the
    Mutsuki and Satsuki Squads.)

浦上:俺は浦上だよ・・・てめぇだって人殺しだろ?
    (The name's Uragami. You're a killer, too.)

警官:しかし、そちらは敵の識別が・・・
    (But that means you won't be able to ID the enemy・・・)

山岸:ご心配なく。そろそろ私にも、バケモノの見分けがつくようになった。
    (Don't worry. I'm starting to get the hang of telling the monsters apart.)




 26歳 男性 
武装したテロリストが侵入しただって?しかも
人間やパラサイトの大勢が殺し合ってる?問題ない。セ○○スしよう。


不明
その価値があるからな!


 19歳 男性 テキサス州
あの瞬間、俺の脳内には
ザ・ロンリー・アイランドの「I Just Had S○x」が静かに流れていた。
(訳註:名曲ですが、歌詞は直球すぎる下ネタなのでご注意ください。)



不明
I Just Had S○x!


 男性 
俺は今まさに、右手とセ○○スしてたんだけど、これは数に含まれ?


 不明 ドイツ
ない。


不明
こんなところでイチャついてるなんて・・・
「トワイライト」よりは、よっぽどまともなラブストーリーだけどさ。
(訳注:「Still a better love story than twilight」は、小説「トワイライト」
    シリーズを揶揄した表現。米国で10代少女に馬鹿ウケした反面
    その他の老若男女から、幼稚というレッテルを貼られています。)


警官:何やってんだ、お前ら!こんな時に・・・!
    (What the hell are you guys doing in a crisis like this?!)

二人:すいません!(Sorry!)
浦上:平和だねぇ。でも、俺がいなきゃこの二人はハチの巣だったな。
    (Ignorance is bliss. But if I hadn't been here,
    they'd be full of holes by now.)




不明
私は彼のことを気の毒に思うよ。ホットな同僚とここまで仲良くなるのに
数ヶ月もしくは数年の月日を要した可能性が高い。そして彼にとっては
勝負に出たのがこの日だったんだ。それがせっかくうまくいったのにさ。


不明
しかし、彼は人間スイスチーズ(human swiss cheese)にならずに
済んだわけだし、アドレナリン補正もかかって、またすぐにデート
できると思うよ。


不明
彼氏:俺たちの同僚の三分の一が死んでるときに
    二階でいちゃいちゃしてたときのこと覚えてる?
ってか?なるほど、この関係は末永く続きそうだね。(皮肉)


不明
こういうことになるから、ネットのトラブルでSWATしちゃいけないんだ。
(訳註:ネットのいざこざに端を発する形で、相手をテロリスト/重罪人
    としてたれ込んでSWATを送りこむというイタズラが、近年の
    アメリカでは流行しています。ここもそれに掛けた表現です。)


警官:なんでわかったんです?(How did you know?)
山岸:一階のホールにいなかった。
    (He wasn't in the first floor entrance hall.)

警官:はあ?(Huh?)
山岸:ともかくだ、見つけたなら撃て!
    (In any case, just shoot anyone you find.)




不明
隊長って男前だが、とんでもないヤツ(mofo)だな。
(訳註:mofo/mfは、マザーフ○○カーの略です。)


19歳 男性
そりゃあ、衛宮切嗣と同じ中の人だし格好良くて当然だろう。


29歳 男性
彼の声の馴染み具合が半端じゃないよね。パラサイトだろうが
人間だろうが、皆殺しにする意志を固めた凍てついた声だよ。

ナレ:戦いは初めから人間側が優勢だった。もとより攻撃部隊の目的は
    市民の保護などではなく敵の殲滅であったが、その姿勢をあえて
    からさまにすることでパニックを封じた。
    (Humans had the upper hand from the start. The assault troops'
    objective was never the protection of civilian lives・・・
    It was the elimination of the enemy. By making that strategic
    priority explicit, we prevented a panic.)



不明
どうやら「多数を救うために少数を生け贄にする」って
主張(mantra)はそのまま受け継がれたみたいだね。


 19歳 男性 テネシー州
それはまさに今回の皮肉な部分だよね。多数を守るために
少数を犠牲にしていくことの是非はあっちのほうでは出ていたよね。


 不明 ルーマニア
今回は人類が化け物のように描かれてるけど、もしもパラサイトをここ
で逃せば、長期的に多くの人が死ぬことになるからな。彼らを根絶やし
にするための犠牲はやむを得ない。

後藤:大粒の散弾でボディを破壊か・・・なかなか効果的なようだな。
    (So they're using large shotgun rounds to destroy the body.
    Seems to be pretty effective.)

警官:こいつは?(What about him?)
警官:如何にもって感じだが?(He looks the type.)



不明
個人的には少数の無実の人々だろうと多数の人間を救うために犠牲に
することはおかしいとは思わないな。そんなの免疫システムだって
感染と戦う際に同じことをしてるからね。周囲ごと破壊するしかないんだ。


47歳 男性
連続殺人鬼といえど、怖くなったら逃げるんだね。


 41歳 男性 
もし連続殺人犯が少女のような悲鳴を上げて逃げるようであれば
それは、貴方が間違ったドアを開けた可能性が高いということだ。

浦上:はいはい、めんどくせーな~もう。構わねえから皆
    撃っちゃえばいいんだよ・・・うわぁぁぁぁ!!あああああ!
    (Fine, fine. Man, what a drag. Just shoot everyone already.
    I don't care.)

警官:浦上!何処へ行く?
    (Hey!Uragami!Where do you think you're going?)

後藤:来いよ、こっちのほうが広いぞ。
    (Follow me. We'll have more room this way.)




27歳 男性
後藤:ついてこい。もっと広い場所で戦うほうがいいはずだから。
これに普通について行くとは・・・まともな判断とは思えないな。


不明
警官:わああ!この廊下、暗くて狭いよ!
後藤:もし、撃たないでくれるなら死が見えるくらい明るいところまでお連れしよう。
警官:えぇ、ホント?それはありがたい!


 21歳 男性 フィリピン
隊員:あぁ!彼は我々により開けた場所で戦う機会を
    与えてくれるらしい!皆、彼について行くんだ!
って・・・この兵士たちはどうやってこの仕事に就いたんだ。

警官:浦上!キサマ、やっぱり逃げるつもりだったのか!
    (Uragami!Bastard!So running was your plan all along!)

浦上:み、見ただろアイツを!アンタら、あれが人間の形に見えたのか?
    (Y-You saw him, didn't you?!Did he look human to you guys?)

警官:なんだと?!(What?!)



21歳 男性
まず廊下で出会ったときに撃ってれば、結果は大分変わったんじゃ?


不明
う~ん、どうだろ。その場合、死ぬのがより早くなっただけだと思う。XD


 44歳 男性 ジョージア州
チャンスが全くなかったかというとそれも疑問だけどね。少なくとも
後藤が身体を変化させて準備するだけの時間を与えてしまった。

後藤:なんだ、たったこれだけか。2分くれてやろう。
    (Oh, only this many?I'll give you two minutes.)

警官:撃て!(Fire!)
警官:なぜ倒れない・・・血が全然出てないぞ?!
    (Why won't he fall?H-He's not bleeding at all!)




不明 ②
武士道的なアレだろう。
廊下は狭くるしいから、明るい部屋で決着をつけようって話さ。


不明
信じてもらえるかわからないけど、殆どの日本人は武士道の鍛錬を
積んでないはずだぞ。


 21歳 男性 フィリピン
これからは「奇っ怪くねくねムクムク腕ぶんぶん中空男
(wacky waving inflatable arm flailing tube man)」を見る度に
ショットガンの小弾を投げてくる可能性を考えなきゃいけないのか。

(訳註:大人向けの過激なコメディアニメ「ファミリー・ガイ」から
    生まれた表現で、宣伝用のエアーダンサーのことです。)



 18歳 男性 ネバダ州
このパラサイト、チャック・ノリスって名前だろ。


 23歳 男性 フロリダ州
こういうときこそ、特殊弾「ドラゴン・ブレス」を使うときだと思うんだが。


不明
せっかく、後藤が撃たれるのを待ち構えてたのになぁ・・・
彼が5方向からドラゴンブレス弾を浴びて、悶絶する所が見たかったよ。

警官:なんだ、この音は・・・?(What's that sound?)
警官:ヤツの体内からだ!(It's coming from inside him!)
後藤:ずいぶん沢山ご馳走してくれたな。(You sure gave me a lot.)



17歳 男性
うわ~やられた。
後藤が散弾銃の小弾を「撃ち返して」きたときは鳥肌が立ってしまった。


不明
穴ぼこ恐怖症(trypophobia)の人にとっては、不快指数の高い回だな。


 42歳 男性 
最終的に新一はあのパラサイトの化け物と対峙することになりそうだな。
銃弾を吸収して、あまつさえそれを撃ち返してくるなんて尋常じゃない。

後藤:なんだ、まだ生きてる奴がいるな。なるほど・・・ボディアーマー
    おかげか・・・こういう場合、しゃらくせえとかいうのか?
    (Oh, one's still alive. I see. It's thanks to their body armor.
    In situations like this, does one say,
 "insolent fool"?)



19歳 男性
火炎瓶(Molotov)でもなんでも良いから
もうひとつ武器を用意してれば全然違ったのにな。
(訳註:ここでいうモロトフは、「Molotov cocktail」のことで
 引用:ソ連で開発された焼夷手投げ弾 に由来する表現。)



不明
まあ、これはつまり怪物狩りの時には
手榴弾やら何か爆発物的なものを持って行くべきだという教訓だな。


不明
聖なる手榴弾さえあれば、あんなヴォーパルバニーいちころなのに!

警官:睦月班と皐月班の混成チームが全滅した模様です。 (It appears
    the Mutsuki and Satsuki joint team has been wiped out.)

山岸:わかった。弥生班を議会棟へ回せ。
    (Understood. Send the Yayoi Squad to the council wing.)




19歳 男性
後藤の場合、身体を完璧に破壊する必要がありそうだな。
そしてそれと同時に彼の頭部や手足を切断する必要がある。


37歳 男性
まあパラサイトは基本、化学物質に弱いってわかりきってるから。


不明
我々は一匹(他に四匹ついてるけど)のパラサイトを駆除するのに
町ごと核攻撃することを検討する段階に入ったんじゃないのか?


26歳 男性
おぉ~後藤(5 migi)と傷男(Scar)の対決とか楽しみすぎてやばい・・・
ってここで来週かよ!

警官:さあ戻るぞ、浦上。(Let's get you back there, Uragami!)
浦上:冗談じゃねえや。(You've got to be shitting me.)
警官:いいかげんにしろよ!(That's enough.)



不明
このアニメの制作者は
クリフハンガー以外でエピソードを締める方法を知らないんだろうか。


不明
なんでいつもすぐに終わっちゃうんだ?「寄生獣」の偉大さにサムズ
アップを送ろう!XD


 19歳 男性 テキサス州
ニュース速報:寄生獣の視聴者が次々タイムトラベル能力に目覚めた
         模様です。体感時間3分で、20分先の未来へと時間移動
         している事実が判明しました!


 女性 カリフォルニア州
真剣に、今回なんて5分ほども経ってない気がするのよね・・・


 男性 
あの赤みがかったスーツの男がどうやってこの場を切り抜けるのか気になる。

広川:やあ、諸君。(Hello, everyone.)


既読者向けの掲示板は「こちら