02154
The Miasma of the Void, Cool Ice, Part 2 既読者向け掲示板(ネタバレ可)はこちら
以下、ASMAL、Reddit、4chan、forum、YTから引用。(CRで公式に海外配信中)


18歳 男性
これまでと同じ気持ちでバニラアイスを食べることは二度と、ないだろう。

アイ:な、なに?聞いていなかったぞ。ポルナレフのスタンドがこんなに
    素早く、しかも遠くまで攻撃出来るなどと・・・
    (Wh-What?I hadn't heard that Polnareff's Stand was so fast,
   or could attack at this distance.)

ポル:こっちを向きやがれ!このどぐされが~!
    (Look over here, damn it!You piece of shit!)




 19歳 男性 
ヴァニラアイスのことが、現実のヴァニラアイスと同じくらい憎らしく感じてる。


 27歳 男性 
アヴドゥルウウウウウ!


不明
POLNAREFUUUU!


不明
鉄雄おおおおおおおお!

ポル:ちくしょう!手応えはあったが、やってねえ・・・あっという間に
    小さくなって空間に消えやがった!本体もスタンドも・・・・アヴ
    ドゥル・・・畜生・・・てめえが。てめえのほうから言ったくせに
    (Damn it!I know I hit him, b-but he's not dead・・・They
    suddenly shrank and disappeared into their dimension.
    The user and the Stand both・・・Avdol・・・God damn it.
    You're・・・You're the one who said・・・)



 男性 サウジアラビア ①
クソ!死ぬほど強烈だったが、ここで切るのか!ポルナレフは男を見せた。
彼がヴァニラアイスに有効打を放ってたのも嬉しい。一方のイギーも最高に
クールだったけど、彼が蹴られてる間、自分は縮こまりながら見ていたよ。


 26歳 男性 イリノイ州
正直、三部は誰も死なないまま進んでいくと思ってたから、怒濤の展開に驚き
を隠しきれない。

ポル:何かあったら自分の身を第一に考えろ、俺を助けないと言ったくせ
    に・・・嘘つきめ!インドの時からてめえはよけいな事ばかりして
    んだよ。アヴドゥル!てめえは俺のことなんか放っておけばよかっ
    たんだよー!(You said if something happened, we had to think
    of ourselves first. You said you wouldn't save me. You liar!
    Ever since India, all you've done is meddle in other people's
    problems!Avdol!You should have just left me alone!)



不明
アイスを応援してるのって俺だけなのかな?彼の意志と前に進む粘り強さ
そして、人間の魂にまつわる演説には共感したんだよね。ポルナレフのこと
は好きだけど、彼等が人の家に勝手に侵入してることには変わりないからさ。


不明
いや、わかるよ。ひたすら自分に与えられた役割を果たそうとする意気揚々と
したキャラって眩しいよね。

ポル:いま偶然しゃがまなかったらやられていた!運命が生き延びろと
    っているのか?アヴドゥルの意志が戦えといっているのか?
    (If I hadn't crouched down just then, I would
    have been killed. Is fate telling me to live on?
    Is Avdol's will telling me to fight?)



 不明 ロシア
アヴドゥルは死んでないと思ってたけど
今回見てるとホントに死んだみたいだ・・・周回遅れで彼の冥福を祈る。


 32歳 男性 
嘘だろ?(No way) そんなこと絶対に信じない!(No f○○king way!)


不明
前半は、古き良きスクービードゥの追いかけっこを見てる気分だった。

ポル:このまま逃げるのは、それこそ負け犬のすることだ。今、俺は逃げ
    てるんじゃあねえ、DIOの野郎に近づく為に走っているんだあ!
    (Running away now is what a loser would do. I'm not running
    away. I'm running to get to that bastard, Dio!)



不明
犠牲なくして・・・勝利なし(No Sacrifice・・・No Victory)


 不明 ポルトガル
アイスと戦うことを決意したことで、結果的に彼の裏をかくことになったこと
が小気味良かった。あれだけでも、アヴドゥルに生かされてるっていうポル
ナレフの直感がよくわかるよね。

アイ:出口にくると思ったが・・・惜しい・・・このヴァニラ・アイスに
    傷を負わすとは、確かにポルナレフは自分の生命危機や恐怖を克服
    した精神力を持っている。確実に追い詰めて殺す。確実に・・・
    (And I thought they'd go for the exit. So close・・・I'm
    impressed that he managed to injure me. It is indeed true
    that Polnareff has a mindset that allows him to conquer
    fear and face danger. Without a doubt, I will corner and
    kill him. Without a doubt・・・)



不明
そういえば、どうしてポルナレフは今回の戦いで宙に浮かばないんだ?


不明
前回、宙に浮かんだときはその直後に子供に変身させられたからだ。


不明
でも、そのあとで色っぽいお姉さんと巡り会えたじゃないか。

ポル:あ!さ、先回りされている!近くにいる!来やがっている!イギー
    俺の背後を見張れ!俺はおめえの後ろだ!(H-He cut us off!He's
    nearby. He's here!Iggy, watch my back!I'll watch yours.)



不明
シーズンの初めには、言い争ってばかりの(at each other's throats)二人が
ポルナレフの死の瞬間には終生の友になっていたな。

ポル:どっからでも来い!ちくしょう!ぶった切ってやる!今の俺の
    チャリオッツは素早いぜ!アヴドゥルを失った怒りでグツグツ
    煮えたぎっているからよお!(He can't come through without
    breaking a hole in the wall. What I do know is that the
    moment he shows himself from that dimension of darkness
    is when we'll have our chance to kill him.)



不明
クリームがモノを飲み込むときに発するノイズが好きだってことだけは書いて
おきたかった。


不明
俺は彼が戻ってくるときの音が好きだな。


不明
ポルナレフがどれだけ足を持って行かれたか微妙に分からなかったんだけど
つま先なのか?足の裏なのか?

ポル:何?!足の下の溝に?!チャリオッ・・・うわああああ!足がああ!
    (What?!H-He's in the crack under my foot?!Chario— My foot!)

アイ:まず、足を奪った!ちょこまかと動いたり逃げたり出来なくする為
    にな!(First, I've taken your foot, so you won't be
    able to run around or escape!)




不明
もしかして、チャリオッツって体型的に女の子なのか?


不明
いや、スタンドは使い手の性別と一致するから。


不明
でも、キラークイーンは女の子だよ?


不明
まあキラークイーンは、君と同じくらいには女の子かもしれないな。

花京:ジョースターさん!また破壊音だ!(Mr. Joestar!
    The sound of another wall breaking!)

セフ :あぁ、間違いない。アヴドゥル達がこの館に突入して戦っているん
    だ。急ぐんだ!彼らを探すんじゃ!(Yeah, there's no doubt
    about it. Avdol and the others are in this mansion,
    and they're fighting. Hurry!We have to find them!)




不明
君もね。


不明
でも、おっぱいなくない?


不明
ぺちゃぱい(flat)なだけだよ。


不明
チャリオッツはただ、ポルナレフと同じくらい胸が大きいってだけだな。

アイ:どさくさに紛れて隠れたな、ポルナレフ・・・無駄だ・・・その足
    で遠くには行けない。どこかその辺のがれきの下だろう。貴様はこ
    のヴァニラ・アイスの前では無力だ。しかし確実に倒す。
    (You managed to hide during the confusion, Polnareff. But it's
    no use. With that foot, you can't go far. You're probably under
    some rubble nearby. You are powerless before me.
    Without a doubt, I will defeat you.)



不明
そういえば、どうやってイギーはDIOがこういう見た目だって知ったんだ?


不明
一期の写真を承太郎が持ってきてるはず。


不明
しかし、そうなると声はどうなんだ?


不明
そもそもイギーに写真を見せたところで、後ろ姿しかわからないからな・・・

DIO :騒がしいな、ヴァニラ・アイス。(What's all this noise, Cool Ice?)
アイ:ディ・・・DIO様!お気をつけください。そこらにポルナレフの
    ヤツと犬が一匹隠れています。ここは私にお任せ下さい。DIO様
    が下りてくる程の事ではございません。(L-Lord Dio!Please
    be careful!Polnareff and that dog are hiding nearby.
    Please leave this to me. You need not personally
    trouble yourself with this, Lord Dio.)




不明
DIOの格好で会話できるってことは
イギーって普通に人間相手のコミュニケーション取ることもできるんだな。


不明
いないいないヴァニラアイス(Peek-a-boo b!tch)


 女性 アラブ
くそったれ、ヴァニラアイス!


女性
ヴァニラアイスが脱皮途中みたいになってるのが敵ながらちょっと可愛かった。

ポル:(ザ・フールで作った偽のDIO・・・騙せた・・・普通なら背後
    から攻撃するのは卑怯といいう罪悪感が伴うが背中からアヴドゥル
    を殺したてめえにゃ、いっぺんの哀れみもねえぜ当然の死に方だ!)
    《The fake Dio we made using The Fool tricked him. Usually,
    I'd feel guilty about attacking someone from behind like a
    coward, but since that's how you killed Avdol, I don't feel
    even a shred of pity!It's exactly how you deserve to die!》



不明
ペットショップよりも残酷な仕打ちを与えるスタンド使いが出てくる
と思わなかった。イギーの運は最悪だな。みんな、殺されてしまう。


不明
相手はDIOではないッ!このイギーだッ!
(すまん、書きたい欲求を抑えられなかった。)


不明
そのミームは今回特別しっくり来る状況だから、心配しないで大丈夫。

ポル:(やれ、イギー!肩甲骨をぶち割って、上半身を腰間骨まであじの
    開きのように裂いてやれ!)《Do it, Iggy!Break through his
    scapula, and split him open to the hip, like a mackerel!》



不明
正直、砂製の腕の断面にまで規制が入ったときにはちょっと笑っちゃった。


不明
ヴァニラアイスも吸血鬼だと思ってたけど、彼は太陽の光って大丈夫なのか?


不明
思いっきり外に出てるけど、どうしてヴァニラアイスは灰にならないんだろう。


不明
別次元に隠れてるせいで、太陽光に当たらずに済んでるからじゃないか?

アイ:この部屋は窓から太陽の光が差し込んでいる。本物のDIO様がご
    自分の部屋からここへ下りてこられるはずがない。
    (Sunlight streams through this room's windows. The real
    Lord Dio would never leave his room to enter this place.)



 不明 カリフォルニア州
DIOがひきこもり(shut-in NEET)であることが確認された。


18歳 男性
それでもDIOならクルセイダースと戦うよりもよっぽど大切なことをやってる
はず。たとえば、一日中ベッドで寝転がりながら、ライトノベル読んだりとか。


 27歳 男性 
WRYYYYYYYYYYYYYYYY

アイ:本物のDIO様はこの私を信頼されて任せるとおっしゃったのだ!
    だから、なにがあろうとこの二回へ下りて来られるはずがない。
    (The real Lord Dio told me he trusts me, and that he would
    leave this to me!So, no matter what happens, he would
    never descend to this second floor!)

ポル:(やばい!イギーがやられる!イギーが暗黒空間に飲み込まれる!)
    《Shit!He's going to kill Iggy!Iggy will be swallowed up
    by that dimension of darkness!》




不明
これだったら、自分ならビデオゲームで決着つけるほうを選ぶな。


23歳 男性
ものすごい控えめに表現しても、ヴァニラアイスはまとも(right in the head)
じゃないよね。しかし、まあ紛れもなく全シリーズで最も無慈悲な戦いだな。


30歳 男性
ちょっと強すぎ(OP)ないか?(笑) ヴァニラアイスでこれだと、DIOは
どんだけ強いのかと。それをどう打ち負かすのかも楽しみにしてるけど。

アイ:よくもこのクソ犬が!私にDIO様の姿を・・・破壊させたなァ!
    (You shitty little mutt!How dare you?!You made me
    destroy an image of Lord Dio!)

ポル:(な、なんだ?殴ったぞ?暗黒空間に飲み込まずに、殺さずイギー
    を殴り飛ばした!)《Wh-What the hell?He punched him!
    He didn't use his dimension of darkness!He punched Iggy
    across the room without killing him!》




不明
イギーへの蹴りを30まで数えたけど
それ以上は無理だった・・・ジーザスクライスト。


24歳 男性
50回以上蹴ってたのは確かだな。たぶん、70回近く行ってると思う。


25歳 男性
「ジョジョの奇妙な冒険 未来への遺産(the Heritage for the Future)」
の中でもヴァニラアイスは必殺技としてローキックを20くらい繰り出してた
からな・・・

アイ:よりによって・・・この私に、よくも・・・砂の偽物だろうとDI
    O様をよくも私に攻撃させたなー?!けり殺してやる、このドチク
    ショウが!(Of all things・・・Even if it was a fake Lord
    Dio made of sand, how dare you make me strike him?!
    I'll kick you to death, you bastard!)



 26歳 男性 
ヴァニラアイスが、「倒れた犬を蹴るな(Don't kick a dog when it's down)」
って格言を知らないのはよくわかった。


 22歳 男性 フィリピン
アイスは凶悪だよな・・・イギーを殺さ(ice)ないでほしい。
(訳註:ice はスラング表現として①~を殺す ②氷状のモノの隠語
    ダイヤモンド、麻薬《特にメタンフェタミンなど》を意味します。)


 65歳 男性 メリーランド州
来週は、犬が虐待されたことに憤る
「動物虐待防止協会(SPCA)」のクールアイスへの攻撃から始まりそうだな。


28歳 男性
う~む、つまりヴァニラアイスは文字通り、犬に当たった(kicking the dog)
わけだな・・・
(訳註:kick the cat/kick the dog は「自分より下の立場の相手や弱者に
    八つ当たりして憂さ晴らしする」という意味。19世紀からある表現。)


アイ:暗黒空間に飲み込むのは一瞬だ!それでは私の怒りが収まらん!貴
    様が悪いんだ!貴様が・・・私を怒らせたのは貴様だ!貴様が悪い
    んだ!(It takes but an instant to be swallowed by my
    dimension of darkness!That is not enough time for my anger
    to wane!This is all your fault!You!You're the one who has
    angered me!This is all your fault!)



 男性 カンザス州
俺以外にも、ヴァニラアイスが怒ったときにおならみたいな音を聞いた人いる?


男性
聞こえたよな。


不明
イギーがオナラをしてるのか、それとも風の音なのか割と本気で混乱してた。


男性
ヴァニラアイスのヤツはクールじゃねえ。クールじゃねえよ。

ポル:(このヴァニラ・アイス、まともじゃあねえ。異常だ!DIOの姿を
    自分が攻撃したことを怒っているのか?こいつの精神こそ暗黒空
    間だ。こいつの心の中がバリバリ裂けるどす黒いクレバスだ!)
    《Cool Ice isn't right in the head. This is overkill. He's mad
    that he had to attack Dio's image?
His mind itself is the
    dimension of darkness!
His mind is the black abyss that
    rips everything apart!》




不明
どうして荒木先生は犬に対してこうも厳しいんだろう。


 不明 ドイツ
毎度ながら、このシリーズの犬に対する厳しさは何なんだよ?!


 不明 ポルトガル
イギーが蹴られてる姿は純粋に犬が苛められているというより、戦士や闘士
が抗ってるのを見てる気分になった。他のアニメの動物キャラでこんな気持ち
になったことは一度もなかった・・・


不明
イギーが純粋な魂を持っていることも、多くの敵より遥かに誇りを胸に
秘めていることも間違いないね。自分も激しい義憤の念に駆られてる。

アイ:DIO様はおっしゃった。人間の覚悟の力には侮れないものがあると
    ・・・だが貴様は所詮ゲスな犬ころ!覚悟など、誇り高き魂など
    ・・・微塵も無い!(Lord Dio said that we cannot
    underestimate the power of human resolve. But you're no
    more than a filthy dog!You don't have resolve,
    or a proud soul, or anything like it!)



 22歳 男性 フィリピン
アニメで人間が傷つくのを見るよりよっぽど犬が傷つくほうが辛いし
憤りを感じるんだけど、これって俺がおかしいのか?


 22歳 男性 ミシガン州
おかしい。


不明
おかしくない。


 19歳 男性 スウェーデン
おかしくない。

ポル:やめろ!ヴァニラ・アイス!(Stop it, Cool Ice!)
アイ:けりをつけてやる!ポルナレフ!(I will end this, Polnareff!)



22歳 女性
イギーが蹴られてるところ、苦痛で見てられなかったわ・・・気分が悪い。:/


 23歳 男性 
イギーが蹴られてるシーンは見てるだけで辛かった・・・


不明
イギーが蹴られてる間、ずっと目を背けてたよ。


 30歳 男性 ニューヨーク州
あまりにも残酷すぎたな。

ポル:わかるぞ、どう動いているか軌跡が分かるぞ!ざまあ見ろ!やった
    ちくしょうめ!てめえは空間を移動する時・・・障害物を飲み込
    みながらでないと移動出来ない。飲み込め、砂を飲み込んで移動し
    てこい、くそたれが!そしてその・・・歯くそ臭え口を出したその
    時が・・・てめえが崩れ落ちる時だ!
    (I can see him. I can see the route he's taking!Serves you
    right!I've got you!You bastard!When you use your dimension
    to move, you have to swallow up whatever's in your path. So
    swallow this!Swallow the sand and head this way, you shithead!
    And when your rotten, stinking mouth appears,
    that's when you're going to crumble!)



不明
スティーリーダン以上に、ヴァニラアイスが激しく叩きのめされることを願うよ。
彼の残酷さは許容限界を遥かに超えてる。


不明
イギーが蹴られてるとき、ポルナレフがヴァニラアイスに攻撃できなかったのは
何か理由があるのかな?


 男性 サウジアラビア ②
どうしてチャリオッツを送らなかったんだ!ポルナレフ!まあ、彼が疲れて
いたのもよくわかってるけど、ヴァニラアイスの気も逸れてたし、結構チャンス
だったからな・・・しかし、それでもイギーは立ち上がるんだ・・・漢だな!


 18歳 男性 カンザス州
スタンドをある一定以上遠くに飛ばそうとするときは、必要なエネルギーが
急激に増すんだと思う。広い部屋でお互いの距離はかなり離れてたからな。

ポル:おめえのもう一つの弱点はな、ヴァニラ・アイス・・・俺が何処に
    いるのかを確認しようとする時、てめえはその暗黒空間から姿を現
    さないと外が見えないということさ!しゃぶれ!俺の剣をしゃぶり
    ながらくたばりやがれ!このどぐされが~!
    (Your other weakness, Cool Ice, appears when you try to
    confirm my location. You've got to poke your head out of
    your dimension of darkness, or you can't see what's outside!
    Suck on that!Suck on my sword until you die, you piece of shit!)



不明
というか、あのときポルナレフは
スタンドの移動可能範囲より外に敵がいたから近づこうとしてたんだよね。


不明
脳幹を切られてるのに生きてる理由って何だ?もしかしたら、彼は吸血鬼に
なってるのかもしれないが・・・それでも、動けるのはよくわからないけど。


不明
スタンド使いが動けるかどうかは、スタンドの動きに関係ないだろう?
あの赤ん坊を思い出してくれよ。


 不明 
吸血鬼になったあとのDIOは3階上からの彫像パイルドライバーを
喰らったうえで燃やされたし、そのあとにも首を切り落とされた状態
で生きてるんだぞ。脳幹を切断されたくらいなんてことないだろう。

ポル:(こ、こいつは・・・喉を通して脳幹を串刺しにしてんだぞ!ちく
    しょう)早く、くたばれ!致命傷だぜ!さっさと死にやがれ!くた
    ばりやがれヴァニラ・アイス!《Y-You bastard・・・I pierced
    your brain stem through your throat, damn it!》
    (Hurry up and die!You're mortally wounded!
    Just hurry up and die!Die, Cool Ice!)




25歳 男性
ヴァニラアイスが憎たらしい。そもそも、呼吸するのにも意識を保つのにも
脳幹が傷つけられてたら無理じゃないか?科学はどこにいったんだ?!


18歳 男性
自身を自分の口の中に詰め込んで、巨大な死のピンボールと化すことができる
キャラクターに、現実の科学を当てはめようというのがナンセンスだろう。


32歳 男性
とりあえず、ヴァニラアイスがDIOのために頭を切り落として
DIOが自分の血を使って彼を復活させた展開を思い出せ。

アイ:俺は死なん。苦痛を意に介してる暇も無い。必ず貴様を仕留める
    必ずイギーを飲み込みジョースターどもを殺す!私が死ぬのは
   
その後でいい!(I will not die. I do not have time to suffer pain.
    Whatever it takes, I will kill you!Whatever it takes,
    I will swallow up Iggy and kill Joestar and the others!
    I can die after that!)




不明
アイスは刺された直後のシーンまで吸血鬼の牙が生えてなかったからな。
DIOが警察に撃たれる直後まで吸血鬼の力に目覚めてなかったのに近い。


不明
なるほど、いい着眼点だ。


不明
エピソード前半は普通の歯をしてたけど、脳幹を刺した直後に牙が
生えてきたからちょうど吸血鬼になろうとしてるタイミングだったよね。

アイ:お利口だ。剣を引き抜いてくれたな。
    (A wise move. You've pulled your sword free.)

ポル:今度こそ、あの世へ行きやがれ!
    (This time, I will send you to hell!)

アイ:この腕が俺を刺した悪い腕か?
    (Is this the vile arm that stabbed me?)




不明
最初からアイスに牙が生えてたか少し疑問に思ってたけど
途中で生えたのか。道理で、いままでと印象が違うはずだ。


不明
途中から、自分の身が傷つくことまで恐れなくなったからな。


不明
アイスのサディスティックさが、アニメーションだけで如実に表れてる。

ポル:(ヤツはなんていうか・・・執念を持っている!クレイジーだがDIOに
    仕えるという執念を持っている!その執念に圧倒されるな!俺の方
    だって、てめえを殺すまでは死ねねえぜ!)
    《This guy is just・・・He's obsessive!He's crazy, but he's
    completely obsessive about serving Dio!I can't let that
    overwhelm me!I can't die until I kill you, either!》



不明
犬派(dog person)としては実に辛かった。いつも、うちの犬と一緒にジョジョ
を見てるんだけど、今回の虐待のくだりを見た後では彼女にそんなことしない
と言い聞かせる必要があったからね。


 26歳 男性 ミネソタ州
うちでは
ちょうど犬へ暴力を振るってるタイミングで、父が部屋に入ってきたんだよ。


不明
タバコは規制されるのに、こういうシーンは普通に描かれてるのが笑える。


不明
承太郎は未成年(minor)だけど、イギーは犬の年齢で大人だからね。

ポル:く・・・くっそお・・・このイギーの出血・・・普通じゃねえ。
    へし折られた骨が何本も肺に突き刺さってるんだ・・・
    (D-Damn it・・・Iggy's losing blood like crazy. A bunch
    of broken bones are piercing his lungs・・・)



 26歳 男性 
ヴァニラアイスはDIOの最も忠実な僕かもしれないけど、彼は完膚なきまでに
彼の居城を破壊してたよね。ちょっと財政意識が欠落してるんじゃないか?


 65歳 男性 メリーランド州
というか、あの調子で壁に穴開けていったら
DIOの部屋ごと崩落しててもおかしくないよね。それで倒すことすらできそう。


21歳 男性
ジョナサンがDIOを刺して、燃えさかる邸宅の下敷きにしても
結局倒せず生き延びてしまったことを考えるとあまりいい作戦とは思えない。

ポル:勘じゃねえ、ヤツの動きは計画的だ。ヤツは円の軌跡を描いて動いて
    いる。その円は次第に小さくなってきている。軌跡は渦巻きのように
    ・・・蚊取り線香のように・・・俺に迫っている!
    (This isn't instinct. His moves are calculated!He's moving
    around in circles, and the circles keep getting smaller.
    He's on a path like a cyclone・・・No, like a mosquito
    repellent coil, closing in on me!)



18歳 男性
ヴァニラアイスは
如何にして観客を唸らせる(bring down the house)か、よくわかってるんだ。
(訳註:bring down the house ここでのhouseは、芝居小屋、劇場のことで
    「劇場を揺るがすほど観客を沸かせ、喝采を浴びる」ことを意味します。

 起源:元々、houseと呼ばれる芝居小屋が建てられ始めたのは、1500年頃
    の英国です。当時は藁葺き屋根の小屋であり、実際盛り上がりすぎる
    と倒壊しかねなかったことから、この用法が生まれたとされています。)



 23歳 男性 ニューヨーク州
これほど激しい戦いの最中に
ポルナレフが輝かしいポーズを何度も決めていることを改めて確認しておこう。


 26歳 男性 
ハンサムか。ポルナレフがこんなに追い詰められた状況でもまだユーモアを
忘れないことが愛おしい。彼は紛れもなくアヴドゥルの相棒だったよ。(涙)

ポル:(そこで問題だ・・・このえぐられた足でどうやってあの攻撃をか
    わすか?Now, here's the question・・・How am I going to
    dodge when I have this hole in my leg?)



 不明 カリフォルニア州
ポルナレフがいきなり「脳コメ(Noucome)」の主人公になってしまった・・・
選べ!(Erabe!)


15歳 男性
人の一生において、確かに選択を迫られる瞬間ってあるよね。それも命さえ
選択肢に入っていることがある。そして、ポルナレフはそれを選んだんだ。
アヴドゥルの犠牲を無駄にはできないし、ポルナレフはどんな犠牲を払って

でも、ヴァニラアイスの野郎を地獄に送ると誓ったんだ。ただ、ポルナレフが
ここであっけなく殺されるとは信じたくない!


 19歳 男性 フロリダ州
現実は非情なり。


20歳 男性
2番になることを願ってたけど、ジョジョがそんな安直な方法を取らないこと
もわかってた・・・・安らかに眠れ、ポルナレフ。実に男らしい最期だった。

ポル:(俺が○をつけたいのは答え②だが、期待は出来ない。10分前に
    館に入ったジョースターさん達があと数秒の間にここに都合良く現
    れてアメリカンコミックヒーローのようにジャジャーンと登場して
    待ってましたと、間一髪助けてくれるわけにはいかねえぜ。)
    《I'd like to choose answer #2, but I can't count on it.
    There's no way Mr. Joestar and the others, who entered the
    mansion ten minutes earlier, would show up in the next couple
    of seconds like American comic book heroes—ta-da!—
    and save me at the last minute.》



 男性  ①
いや~ほとんど泣きそうになってしまった。ポルナレフが三つの選択肢を
与えられた時点でもう・・・俺をこんな顔にしないでくれよ、ジョジョ。T_T


不明
二フィート分くらい離れれば良いだけみたいだから、無理に起き上がろうと
せずとも転がっていけばいいんじゃ・・・?>.>


不明
ポルナレフも一緒になって転がるという選択肢はなかったんだろうか。


 21歳 男性 
バレルロールするんだ!(Do a barrel roll !)
(訳註:Do a barrel roll は、ゲーム「スターフォックス」に由来するミーム。
   2004年頃から様々なMAD動画、ネタ画像が作られました。おそらくいま

   残っているモノで最も有名なのは、Googleで「Do a barrel roll」を検索
   すると画面が回転することでしょうか。その元ネタとなっていることだけ
   でも、当時、このミームが如何に知れ渡っていたかわかると思います。)



不明
クリームはジョジョ時間のなかでゆったり移動してる様に見えるだけで
実際にはあっという間の出来事だから。


不明
アヴドゥルたちが動き出したのが、10分後でしかないことを考えても
ジョジョ時間と現実の時間がどれだけ違うかよくわかる。
 

22歳 男性
最初はアヴドゥルで、次はポルナレフとは・・・胸がえぐられる気分だ。


不明
It all returns to nothing(無へと還ろう),
it all comes tumbling down, tumbling down, tumbling down.
(みんな崩れていく、崩れていく、崩れていく) ;_;
(訳註:「Komm, susser Tod~甘き死よ、来たれ」 の歌詞です。)

ナレ:絶望!突きつけられた答えは③・・・現実は非情なり。(Despair!
    The answer he's been left with is #3. Reality is cruel.)



30歳 男性
ポルナレフが死ぬとか。俺まで死にそう。


19歳 女性
彼がそう簡単に命を落とすかというと疑わしくはあるけどね・・・


不明
ポルナレフが何らかの理由ですんでのところで助けられたことを本気で願って
るけど、それでも我々の前の非情な現実が彼の死を告げている・・・心がバラ
バラになってしまった。


 30歳 男性 ニューヨーク州
安らかに眠れ、ポルナレフ。
スターダスト・クルセーダースのなかでも1番好きなキャラだった。;_;

ポル:このズタボロが・・・じっとしてろ!バカ!おめえはそれ以上動い
    たり、スタンドパワーを使ったら折れた骨が肺に食い込んで間違い
    なく死ぬぜ!おい、何を気取ってんだバカ?!俺を助けようとして
    俺もろとも死ぬ気か?
    (You wreck!Keep still, you idiot!If you move or use any
    more of your Stand's power, your broken bones will pierce
    further into your lungs, and you'll die!What are you
    trying to act all tough for, you idiot?!Are you trying
    to save me so you can die along with me?)



不明
クソ!今度はポルナレフまで・・・0_o
「釁(ちぬ)られた婚儀(red wedding)」の再来じゃないか。
(訳註:red wedding は、北米ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」において
    シーズン3エピソード9で起こった事件のこと。YOUTUBE上が
    リアクション動画で溢れるくらいの衝撃展開で話題になりました。)



21歳 男性
NOOOOOOO!!!!どうして、ポルナレフを殺そうとするんだよ・・・
ughhhh AHHHH Im SUUUUUUUUUUUUUUUPER 悲しい。/(T -T)/


不明
ポルナレフの死は悲しいけど、彼の散りざまは至高だった。知力と体力の
全てを尽くして、命がけで戦って、なんとかベストを尽くそうとして、少な
くとも友人を助けることができた。自分が見てきた中でも最高峰の死闘だ。

ポルナレフ、君のことも決して忘れないよ。


 男性  ②
アイスがスローモーションで迫ってきたときは
ポルナレフが救われるものだと思ったのに、闇に飲まれてしまうなんて・・・

ポル:アヴドゥルは俺を助けたが・・・おめえは俺を助けるな!皆、死ん
    じまったらお終いだからな!あと一回転でここに突っ込んで来る。
    (Avdol saved me, but you don't need to save me, too!If we
    all die, it's over!One more time around, and he'll comeright
    to me.)




 23歳 男性 アルゼンチン
もう少しでモニターを殴りつけるところだった。ここで切るのはやめてくれ!


 不明 
この戦いがどんな形で決着するのが考えるだけで恐ろしい。T_T


不明
ポルナレフが死んだことで少し安心してる自分がいる。というのも、彼は
これまでこっぴどい目に遭いつづけてきたけど、これでようやく解放された
わけだからさ。


女性
死の事実を認めたくないけど、ポルナレフの散りざまは美しかったわ。

ポル:答えは③だ。現実は甘くねえぜ。ヤツの執念の勝ちってとこ・・・
    か・・・あばよ。イギー。(The answer is #3. Reality does not
   forgive.Looks like his obsession・・・wins. So long, Iggy.)



23歳 男性
今となってはエンディングテーマで悲しい思い出ばかりが蘇ってくる・・・


 男性 カリフォルニア州
エンディングで誰が生き、誰が死ぬのかを繊細に描いているよね。
そのことに多くの人が気付かないまま終わるんじゃないかと思う。


 20歳 男性 
次回予告で幾つかネタバレがあるから、原作を読んでない人は注意するように。


不明
ていうか、なんで予告でポルナレフが普通に喋ってるんだ?


既読者向け掲示板(ネタバレ可)はこちら