このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    f
    韓国政府は、北朝鮮の核やミサイルの脅威に対応するため、最新の迎撃ミサイルシステム「THAAD」を韓国南部に配備することを最終的に決めましたが、中国政府は改めて反対を表明し、かつて良好だった中韓関係は急速に冷え込んでいます。韓国は、アメリカの最新の迎撃ミサイルシステム「THAAD」について、ことし7月、韓国南部のキョンサン(慶尚)北道ソンジュ(星州)にある空軍基地に配備すると発表しましたが、市街地から近いことから、地元でレーダーの電磁波による健康被害を懸念する声が上がっていました。これを受けて、韓国国防省は配備する場所を再検討し、30日、同じソンジュの山あいにあるゴルフ場へと変更することを最終的に決めたと発表しました。以下略(NHK)
    海外の反応をまとめました。

    【急速に冷え込む中韓の関係、韓国が「THAAD」配備先を最終決定(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    r
    (CNN) デンマークの小規模政党が最近、難民対策と称する「護身用スプレー」を市民に配布したことに対し、国際社会から非難の声が集中している。物議を醸しているのは「デンマーク人の党」と名乗り、国家民主主義と反移民を掲げる右翼政党。デンマーク南東部の港町ハザスレウの路上で24日、市民らに約150本のスプレー缶を配った。同国では催涙スプレーの使用が禁止されているため、代わりにヘアスプレーが使われた。これに対して、欧州の難民支援団体から「難民への敵意に満ちたとんでもない行為だ」「戦火を逃れて欧州へやって来る難民を保護し、人間として尊重するべきなのに、このように扉を閉ざしたり偏見の目を向けたりする例が多過ぎる」と非難する声が上がった。以下略
    海外の反応をまとめました。

    【デンマークの極右政党が難民対策でスプレー配布(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ