このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    h
    [ロサンゼルス 29日 ロイター] - 米アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーは29日、女性や有色人種などマイノリティーを中心に新たに683人の新会員を選んだと発表した。投票権を持つ会員の人選が多様性に欠けると批判を受けたことに対応した。 俳優からはイドリス・エルバ、アメリカ・フェレーラ、オスカー・アイザック、ジョン・ボイエガ、エバ・メンデスのほか、今年の主演女 優賞受賞者のブリー・ラーソンが新会員の対象に含まれた。日本からも映画監督の北野武氏らが選ばれた。対象者のうち46%が女性、41%が有色人種で、年 齢は24─91歳。以下略
    海外の反応をまとめました。

    【日本からは北野武監督ら、白人偏重批判の米アカデミー賞会員に多様性拡大(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    f
    麻雀に勝って、内定に「リーチ」――。情報機器販売のスターティアが2017年4月入社の新卒採用から始めた「麻雀選考」が、いま大きな注目を集めている。 説明会や懇親会と同時に、就活生と社員が卓を囲む麻雀大会を開催。1位を獲得した学生には、いきなり最終面接に進めるという特典が付く。もちろん通常の採用選考も実施するが、採用目標40人のうち「麻雀枠」で2~3人の採用を予定している。以下略(J-CASTニュース)
    海外の反応をまとめました。



    【麻雀を採用試験に使う日本企業(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ