このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1211
    かつてセレッソ大阪で指揮を執ったレヴィー・クルピ氏が、飛行機墜落事故で多くの犠牲者を出したシャペコエンセ(ブラジル1部)の監督に就任する意向を明かした。同氏はツイッターを更新し、思いを綴っている。 クルピ氏は「私は昨日の朝に起きて、シャペコエンセでの仕事をボランティアで務める提案をすることに決めた。5月の州選手権が終わるまでの間だ」とツイート。無給で同クラブの指揮を執る意向を明かした。以下略(サッカーキング)
    海外の反応をまとめました。


    【香川の恩師が無給でシャペコエンセを指揮か?(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    12
    日本代表FW岡崎慎司の所属するレスター・シティは現地時間3日に最下位サンダーランドと対戦し、1-2で敗北を喫した。これにより第14節を終えた時点での勝ち点は13に止まり、ディフェンディングチャンピオンの成績としてはプレミアリーグ史上ワーストのスロースタートぶりであることが判明した。英衛星放送局「スカイ・スポーツ」が報じている。以下略(Football ZONE WEB)
    海外の反応をまとめました。

    【レスターの14節時点での勝ち点が歴代最低に(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1222
    [12.4 セリエA第15節 ミラン2-1クロトーネ]
     セリエAは4日、第15節を行った。日本代表FW本田圭佑の所属するミランはホームでクロトーネと対戦し、2-1で勝利した。本田は後半36分から途中出場すると、FKから決勝点を演出した。以下略(ゲキサカ)
    海外の反応をまとめました。


    【本田圭佑がFKから決勝点演出!ミランが連勝(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ