このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    t
     ACミランの日本代表FW本田が今夏の移籍市場でバルセロナへ“逆オファー”を出し、断られていたと23日付のスペイン紙スポルトが報じた。
     本田が今夏に売り込みをかけた複数クラブの中にバルセロナがあったという。本田の代理人が接触したが、バルセロナは「ノー・グラシアス(結構です)」と断ったとされる。ミランは本田のプレーが年俸250万ユーロ(約2億8000万円)に見合わないとして放出に前向きだった。バルセロナ側はアジア市場における魅力を評価しながらも「競技面において本田を補強する必要性はかなり低い」と判断したという。以下略(スポニチ)
    スペイン語の誤訳はご容赦ください。
    海外の反応をまとめました。

    【本田がバルサに逆オファーも断られる(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    hh
    [9.27 欧州CLグループリーグ第2節 ドルトムント2-2R・マドリー]
     UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は27日、グループリーグ第2節1日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムント(ドイツ)はホームで昨季王者のレアル・マドリー(スペイン)と対戦し、2-2で引き分けた。公式戦4試合連続でベンチスタートが続いていた香川はベンチ外。負傷の影響でベンチ入りしなかった10日のライプツィヒ戦以来、今季公式戦2度目のメンバー外となった。以下略(ゲキサカ)
    海外の反応をまとめました。

    【ドルトムント戦で見逃されたCロナウドのハンド(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    rr
    イングランド代表のサム・アラダイス監督が、禁止されている金銭による選手の移籍の補助を約束していたことがイギリス紙『テレグラフ』のおとり取材によって明らかになった。 7月にイングランド代表の監督に就任したばかりのアラダイスの“悪事”が明らかになってしまった。FA(イングランド・サッカー協会)で禁止されている第三者による選手の移籍の口利きを行っていたという。『テレグラフ』によれば、アラダイス監督はビジネスマンに扮した記者に対して、金銭による口利きが現代でも横行していることを認めた上で「何の問題もない。どこでもやっている」と話したようだ。さらにアラダイスは40万ポンド(約5230万円)ほどで架空の代理人会社とチームの間を取り持つ約束をしたという。以下略
    海外の反応をまとめました。

    【イングランド代表監督が選手の移籍の口利きで解任か?(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ