このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    iad



















    国際サッカー連盟(FIFA)は28日付の世界ランキングを発表し、日本は前月から4つ下げて48位となった。

     4つ上げたイランが45位となり、日本と入れ替わってアジアの最上位に浮上した。ワールドカップ(W杯)欧州予選のプレーオフを勝ち上がったポルトガルが14位から5位に浮上し、ブラジルが1つ上げて10位に返り咲いた。

     12月6日のW杯1次リーグ組み合わせ抽選会前最後の発表となったが、開催国ブラジルを含む第1シードの8カ国は10月17日付のランキングで既に確定している。

     シード国では1~4位のスペイン、ドイツ、アルゼンチン、コロンビアと6位のウルグアイは前月と変わらなかった。スイスが1つ下げて8位、国際親善試合で日本に敗れたベルギーは5位から11位に後退した。

    (nikkansports)


    海外の反応をまとめました。


    【(日本代表は4つ順位を下げて48位アジアトップから陥落)最新FIFAランキングを見た海外の反応 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    asssssa













    2014年に行われるブラジルW杯開幕戦の会場となっている建設中のアレーナ・コリンチャンス(サンパウロ市東部)で現地時間27日正午過ぎ、崩落事故が 発生し、42歳と44歳の2人の作業員が死亡した。多くの作業員は昼休みだったために大事は免れたようだが、未だに3人目の負傷者が瓦礫の間に挟まってい る状況で、詳しい死傷者の数は明らかになっておらず。今後さらに増える可能性もあるという。ブラジル各メディアが報じている。
     観客席を覆う屋根の一部が崩壊した。事故は競技場南側の屋根の取り付け作業を行っていた際に、地面が陥没し、約500トンの鉄骨部品が落下。作業用クレーンを直撃したとみられている。倒れたクレーンはLEDパネルを直撃し、2列分の観客席が崩壊した。
      同競技場は来年6月12日に行われるW杯開幕戦で地元・ブラジル代表が試合を行う予定。当初予定された工期は遅れたものの、来月末の完工が見込まれてお り、既に全工程の94%が終了していた。しかし今回の事故原因の調査などのため、今後は30日間の工事中止が決定したため、遅延は避けられない状況となっ た。
     ブラジルW杯競技場の工事で死亡事故が起きるのは今回で3回目。昨年6月にはブラジリア国立競技場で作業員1名が亡くなる事故が起きており、今年3月にはアレーナ・ダ・アマゾニアでも同1名の死者を出している。
     コリンチャンスは「今回の事故に対して深く遺憾の意を表する」と声明文を発表。作業用クレーンがさらに崩落する可能性があることから、付近の立ち入りを禁じているという。
    (ゲキサカ)

    亡くなられた方に、お悔やみ申し上げます。

    海外の反応をまとめました。



    【ブラジルW杯会場で崩落事故 スタジアム建設現場での死亡事故は3度目(海外の反応) 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    erar












    UEFAチャンピオンズリーグは27日、グループステージの第5節を行った。日本代表MF本田圭佑の 所属するD組のCSKAモスクワ(ロシア)はホームでバイエルン(ドイツ)と対戦し、1-3で敗れた。バイエルンは5連勝で首位をキープ。昨年度大会から 続くチャンピオンズリーグの連勝を10に伸ばし、新記録を達成した。すでに敗退の決まっているCSKAは4敗目を喫した。(ゲキサカ)

    海外の反応をまとめました。


    【本田がPKを決めるもCSKAはバイエルンに敗戦 バイエルンはCL10連勝の新記録達成(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ