このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    t
    キリンチャレンジ杯(12日、日本3-0パナマ、デンカ)森保一監督(50)率いる日本代表(FIFAランキング54位)がパナマ代表(同70位)と対戦。日本はMF南野拓実(23)=ザルツブルク=とMF伊東純也(25)=柏=の2戦連続弾、FW川又堅碁(28)=磐田=がダメ押しとなるオウンゴールを呼び込み勝利。ロシアW杯主力組との融合を図った一戦で見事白星を挙げた。以下略(サンスポ)
    スペイン語の誤訳はご容赦ください。

    海外の反応をまとめました。


    【新生日本代表がパナマに3発快勝(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ed
     海外サッカーでPKを蹴った選手がそのままバック宙を決め、ついでゴールも決めるという破天荒なゴラッソを炸裂。前代未聞の“バック宙PK”の瞬間を海外メディアが動画付きで紹介し、ファンに「プスカシュ賞」「これは一体ない」「今夜試してみる」と衝撃が広がっている。かつて、こんなPKがあったのか。奇想天外の“バック宙PK”を決めたのは、ロシアリーグのU-21ルビンカザンのノリク・アヴダリアンだった。ラウル戦、後半9分の場面だった。以下略(The ANSWER)
    海外の反応をまとめました。


    【ロシアで生まれたバク宙PKが海外で話題に(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    r
    ビックリ仰天のPKが話題になっている。ロシア連邦のひとつであるダゲスタン共和国で行われたアマチュアリーグで…。ルール上は得点が認められるが、記録はGKのオウンゴールだろうか…。終了間際に決まったこの得点により、試合は4-4の引き分けに。以下略(qoly)
    海外の反応をまとめました。


    【サッカーの試合で審判がゴールを決めてしまう(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ