このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1e
    [6.13 W杯アジア最終予選 日本1-1イラク テヘラン]  W杯アジア最終予選は13日、第8節を行い、B組の日本代表は中立地イラン・テヘランのPASスタジアムでイラク代表と対戦し、1-1で引き分けた。前半8分にFW大迫勇也のゴールで先制したが、後半27分に追いつかれた。1-1の引き分けで勝ち点1を積み上げるにとどまった日本だが、5勝2分1敗の勝ち点17で首位をキープ。3位以内も確定し、次戦8月31日のオーストラリア戦(埼玉)に勝てば、最終節を残して6大会連続のW杯出場が決まる。以下略(ゲキサカ)

    海外の反応をまとめました。

    【大迫先制弾も日本はイラクとドロー(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    hf
    マンチェスター・Uとチェルシーがギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロス獲得に向けて、所属するドルトムントにオファーを送ったようだ。ドイツ紙『ビルト』が報じた。以下略(サッカーキング)
    海外の反応をまとめました。


    【マンUとチェルシーがドルトムントの守備の要の獲得に動く(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    hr
     2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選 A組の試合が12日に行われ、イラン代表のW杯出場が決定した。  試合前に勝ち点「17」で首位に立っていたイランは、勝ち点「12」の3位ウズベキスタンをホームに迎え、2-0で勝利。これで勝ち点を「20」としたイランは、2試合を残して2位以内が確定し、アジア勢では一番乗りでロシアW杯出場が決定した。以下略(サッカーキング)

    海外の反応をまとめました。

    【イランがアジア一番乗りでロシアW杯出場決定(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ