2015年12月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1

    ‘Would I take the Manchester United job again? Of course I would’ - David Moyes

    マンUのルイス・ファン・ハール監督の解任が現実味を帯びてきました。
    前監督のデビッド・モイーズ監督が英紙のインタビューに答え、「もう一度マンUの監督を引き受けるか?もちろんだ。」と発言しました。
    一方で、ファン・ハール監督にはもう少し時間を与えるべきだと発言しました。


    海外の反応をまとめました。

    【モイーズ「再びマンUの監督を引き受けるか?もちろんだ」(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    5
    ボルシア・メンヒェングラッドバッハ(ボルシアMG)は29日、ボルシア・ドルトムントからMFヨナス・ホフマン(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。クラブはホフマンと2020年までの契約を交わしたと伝えている。 主にホッフェンハイムの下部組織で育ったホフマンは、2011年にドルトムントに加入。ドルトムントでリーグ戦48試合に出場した元U-21ドイツ代表MFは、出場機会を求めて移籍先を探していたところだ。(goal.com)
    海外の反応をまとめました。

    【ドルトムントのホフマンがボルシアMGに移籍(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1
    [12.29 プレミアリーグ第19節 レスター・シティ0-0マンチェスター・C]
     プレミアリーグは29日、第19節を行った。FW岡崎慎司の所属するレスター・シティはホームでマンチェスター・シティと対戦し、0-0で引き分けた。首位レスターは、得失点差でアーセナルに首位を明け渡し、2位で2015年を終えた。なお、ベンチスタートとなった岡崎は4試合ぶりの出番なしに終わった。(ゲキサカ)
    海外の反応をまとめました。

    【(岡崎出番なし)レスター対マンCはスコアレスドロー(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1111
    28日に行われたプレミアリーグ第19節、ワトフォード対トットナムの一戦は、2-1でアウェーのトットナムが勝利した。中略 それでも1-1が続いたが、最後に歓喜したのはトットナム。89分、途中出場でピッチに立ったソン・フンミンが右サイドからのクロスボールにヒールで合わせると、ボールはGKの股間を通ってゴールネットを揺らした。 ワトフォードに6試合ぶりとなる黒星をつけたトットナムは、暫定で3位に浮上している。(Goal.com)
    海外の反応をまとめました。

    【スパーズのソン・フンミンが終了間際に決めた技あり決勝ゴール(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    111111
    今季、好調を続けるレスターはクリスマス時点でのプレミアリーグ首位を確定させた。1年前の同時期は最下位だっただけに、この快進撃を予想できた人間は多くないだろう。(中略) 2015-16シーズンのプレミアリーグにおいてクリスマス時点で首位に立っているチームとして、レスターに賭けている。掛け金は5ポンド(およそ900円)で、賭けた日は今季のプレミアリーグが開幕する前日の8月8日だ。そして、オッズは1000/1=1001倍。 つまり、開幕前にクリスマス時点でレスターが首位になっていると賭けていた人がいて、見事に5000ポンド(90万円)をゲットしたというわけ。 レスターは敵地でのエヴァートン戦に3-2で勝利し、首位を確定させた。『leicester mercury』でも、岡崎慎司のゴールとリヤド・マフレズのPKのおかげで、それが現実になったとしていた。以下略(qoly)
    海外の反応をまとめました。


    【岡崎のゴールでレスターファンが1000倍の賭けに勝つ!(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    122
    2015年最後の試合を白星で締めくくったミランだが、シルヴィオ・ベルルスコーニ名誉会長はあまり満足していないのかもしれない。「いつ勝てるようになるかは分からない」と発言したという。カルピやエラス・ヴェローナといった降格圏で苦しむ下位を相手に2試合連続ドローに終わり、シニシャ・ミハイロビッチ監督の進退が再び騒がれたミラ ンだが、コッパ・イタリアではサンプドリアを下してベスト8に進出。セリエAでもフロジノーネを4-2と沈め、勝利で2015年を終えた。だが、以前からミハイロビッチ監督への不満が報じられているベルルスコーニ名誉会長は、18位相手に勝っただけでは納得していないようだ。イタリア各メディアが、同名誉会長が次のように述べたと報じている。「私は常にミランを愛してきた。今年は1億5000万ユーロ(約200億円)を投じているんだよ。いつ、我々が再び勝つようになるのかは分からない」以下略(goal.com)
    海外の反応をまとめました。

    【ベルルスコーニ「ミランがいつ勝てるようになるか分からない」(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    123445
    海外の反応をまとめました。


    【レスターの監督「私は日本のカメラのよう」(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    11111111
    マンチェスター・Uがマインツに所屬する日本代表FW武藤嘉紀らの獲得に興味を示していることが明らかになった。25日付のイギリス紙『ガーディアン』やイギリス紙『デイリーミラー』など各紙が一斉に報じた。以下略(ワールドサッカーキング)
    海外の反応をまとめました。

    【武藤が移籍金18億円でマンUに移籍?英紙が一斉に報道(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    141
    2015年12月10日から20日にかけ、3年ぶりに日本で行われたクラブW杯。結果はご存知の通り、欧州王者のFCバルセロナが南米王者のリーベル・プレートを圧倒的な攻撃力で3-0と粉砕し、クラブ世界一を勝ち取った。
    日本でも人気の高いFCバルセロナが来日したことで大歓迎ムードの数日だったが、サッカー界の大御所……『キャプテン翼』の作者・高橋陽一先生が一肌脱いでいたのでご報告だ。なんとFCバルセロナの選手たちを『キャプ翼』風に描き下ろしていたぞ!以下略(ロケットニュース)
    スペイン語の誤訳はご容赦ください。
    海外の反応をまとめました。

    【あの日本の漫画家が描いたバルサの選手たちのイラスト(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1111
    レスター・シティに所属する岡崎慎司は22日の午後、キングパワースタジアムのオフィシャルショップを訪れ、レスターグッズの詰まったクリスマスパックの販売を手伝った。
    ショップには岡崎だけでなく、ネイサン・ダイアー、ギョクハン・インレル、ベン・ハマーらが訪れ、ファンにクリスマスパックを手渡しし、サインや写真撮影 に応じた。レスターはクリスマスを初めてプレミアリーグ首位で迎えるため、ファンも和やかな雰囲気だったようだ。クラブの公式サイトが伝えている。以下略()
    海外の反応をまとめました。


    【サンタの帽子を被った岡崎がレスターの公式ストアをお手伝い(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ