2017年06月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    h
     日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのドイツ代表DFマティアス・ギンターについて、クラブ退団の可能性が浮上している。25日付のイギリス紙『デイリーメール』が報じた。  クラブとの契約が2019年6月までとなっているギンター。今シーズンは公式戦42試合に出場し、チームに欠かせない役割を果たした。同選手に関しては、チームバス爆発事件の際に引退を示唆するなど、その去就に注目が集まっている。以下略(サッカーキング)
    海外の反応をまとめました。


    【プレミアの2クラブがドルトムントのギンター獲得を狙う(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    gt
    サッカーの2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会と22年カタール大会招致の不正疑惑で、国際サッカー連盟(FIFA)は27日、14年に倫理委員会が作成した調査報告書の全文を初めて公開した。400ページ以上に及ぶ報告書には、22年大会に立候補した日本が当時のブラッター会長に約10万円相当の「屋久杉ボール」を贈ったり、ワーナー副会長や理事、夫人にデジタルカメラ、ペンダントなどをプレゼントしたと記述。調査に対し日本協会は「価値、内容は妥当で日本では一般的な値段」と説明したが、「FIFA倫理規定や招致ルール違反の可能性がある」とした。以下略(時事通信)
    海外の反応をまとめました。


    【(日本についても言及)FIFAがW杯招致めぐる不正疑惑の調査報告書を公表(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    i
    【ロンドン=共同】英紙デーリー・メール日曜版は25日、サッカーの2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会に出場したロシア代表23人全員がドーピング違反の疑いで国際サッカー連盟(FIFA)の調査を受けていると報じた。FIFAの広報担当も調査の事実を認めたという。以下略
    海外の反応をまとめました。


    【14年W杯のロシア代表全員にドーピングの疑い(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    gr
    日本代表DF吉田麻也の所属するサウサンプトンは、新監督にマウリシオ・ペジェグリーノ氏を迎えると発表した。3年契約を結んだ。
     ペジェグリーノ氏はアルゼンチン出身の45歳。現役時代はバルセロナやリバプールなどでプレーした。以下略(ゲキサカ)
    海外の反応をまとめました。

    【吉田所属セインツの新監督はペジェグリーノ(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    kk
    ジュビロ磐田の元日本代表MF中村俊輔は24日に39回目の誕生日を迎えた。かつてプレーしたセルティックや英国メディアからも祝福されている。以下略(フットボールゾーンウェブ)
    海外の反応をまとめました。


    【セルティックと英メディアが中村俊輔の誕生日を祝福(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    j

    海外の反応をまとめました。

    【スペインのユニフォームはスパゲッティを食べこぼして汚れたように見える(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    hr
    マンチェスター・ユナイテッドが、レアル・ソシエダとアドナン・ヤヌザイの移籍で合意に達したと報じられました。
    移籍金は約14億円と報じられています。
    今季のヤヌザイは、レンタル移籍でサンダーランドでプレーしていました。


    海外の反応をまとめました。

    【香川の元ライバル、ヤヌザイがソシエダに移籍へ(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ggg
    日本代表FW岡崎慎司(31)の所属するレスターが、マンチェスター・シティーに所属するナイジェリア代表FWケレチ・イヘアナチョ(20)の獲得に動いていると、21日付の英紙デーリー・テレグラフが報じた。  マンチェスターCのグアルディオラ監督は今夏にストライカーの獲得を進めており、アーセナルのチリ代表アレクシス・サンチェス(28)がトップターゲットになっている。すでにアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ(29)、ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズス(20)がいるため、イヘアナチョは“戦力外”で退団が認められているという。以下略(スポニチ)
    海外の反応をまとめました。


    【岡崎に強力ライバル?レスターがマンCのイヘアナチョ獲得に動く(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    k
    Bミュンヘンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキはチームメイトたちやカルロ・アンチェロッティ監督に不満を抱いているようだ。ドイツ誌『キッカー』で代理人が明かしている。  レヴァンドフスキは今シーズンのリーグ戦で30ゴールをマーク。しかし最終節となったフライブルク戦ではゴールを決められず、同日のブレーメン戦で2ゴールを決め、リーグ戦で合計31ゴールを記録したドルトムントFWピエール=エメリク・オーバメヤンに得点王のタイトルを譲っている。  それに対し、レヴァンドフスキは以前にも母国メディアで「今は何も思っていないが、当初は落ち込んだよ。もしかすると、チームが僕を助けてくれなかったことに満足していなかったのかもしれない。最後の試合が終わったすぐ後は怒りを感じたよ。チームに失望していた」と振り返っている。だが、どうやらそれは”過去のこと”として片づけられていないのかもしれない。以下略(goal.com)

    海外の反応をまとめました。

    【不満を抱いたレヴァンドフスキがバイエルンから移籍?(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    fh
    香川真司所属のボルシア・ドルトムントが、フィオレンティーナのクロアチア代表選手ミラン・バデリ獲得の正式なオファーを出したと報じられました。


    海外の反応をまとめました。

    【ドルトムントがバデリに正式オファーか(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ