2018年01月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    yh
    ヘルタ・ベルリンvsドルトムントの一戦はホームのヘルタが1点を先行。香川真司がヘディングで1点を返すも、ドルトムントの反撃はこの1点にとどまり、ドロー決着となった。以下略(goal.com)
    海外の反応をまとめました。


    【香川真司が同点ゴールもドルトムントはヘルタとドロー(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    rt

    海外の反応をまとめました。

    【(香川のシュートも)ブンデス公式が選ぶ「がら空きのゴール」を外したシーンTOP5(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    wr
    前略 ストライカーの代役候補として噂に上がっているオーバメヤンについて尋ねられると、「今のところ、何も具体的なことは話せない。こういったことは秘密にしておいたほうが良いからね。一度、目に見える形になってから公にするものだよ」と前置きした上で、「強烈なキャラクターは良くもあれば、悪くもある。だが、オーバメヤンのようにすでに実績を積んだ上での強烈なキャラクターは(ピッチ上で)ポジティブなものをもたらしてくれるだろう」と言及した。  ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)はこれに反発。「他クラブの選手について話すのはリスペクトに欠ける。アーセナルからのコンタクトもない」とクラブの広報を通じて発表し、「アーセナルは自分のチームのパフォーマンスを気にする必要があるのではないか、と私たちは思うが」と皮肉を続けた。以下略(サッカーキング)
    海外の反応をまとめました。


    【ドルトムントがヴェンゲルを非難(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    rhd
    マンUの練習場で、マンUのロゴが入った限定トラクターの最新モデルがお披露目されました。
    ヤンマーのトラクターは、2017-2018シーズンからオールドトラフォードと練習場のピッチ整備に使用されているそうです。


    海外の反応をまとめました。

    【マンUの日本企業つなぎ留め戦略、限定モデルのヤンマー製トラクターを公開(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    hhr
    アーセナルFWアレクシス・サンチェスは、マンチェスターUと個人合意に至ったようだ。『テレグラフ』が報じている。  今夏アーセナルとの契約が切れ、1月の退団を望んでいるというサンチェス。マンチェスターCら多くのビッグクラブが狙っていたが、争奪戦はユナイテッドが制したようだ。以下全文を読む(goal.com)
    海外の反応をまとめました。


    【AサンチェスがマンUと個人合意も移籍実現はムヒタリアン次第に(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    gg

    海外の反応をまとめました。

    【どうしてインドのサッカーは弱いの?(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    u
    ボルシア・ドルトムントは15日、バーゼルからスイス代表DFのマヌエル・アカンジ(22)を獲得したことを発表した。契約は2022年までとなる。 決定的となっていたアカンジのドルトムント移籍が完了した。187 センチの長身を誇るセンターバックは、14日にドルトムントのメディカルチェックをパスして、契約を交わした。以下略(goal.com)
    海外の反応をまとめました。


    【ドルトムントがスイス代表DFを獲得(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    j
    【1月15日 AFP】14日に行われた17-18フランス・リーグ1のナント(FC Nantes)対パリ・サンジェルマン(Paris Saint-Germain、PSG)の試合で、トニー・シャプロン(Tony Chapron)主審がたまたま自身ともつれあったナントの選手に蹴りを入れ、退場処分にするという暴挙に及んだ。  問題の場面はPSGが1点リードして迎えた試合終盤に起きた。PSGのカウンターの場面で、シャプロン主審は自陣へ戻るナントのCBディエゴ・カルロス(Diego Carlos)と接触して転倒。すると主審は倒れたままカルロスに足払いを見舞うと、さらに同選手にこの試合2枚目のイエローカードを突き付け、観客とテレビの前のファンをあぜんとさせた。試合はPSGが1-0で勝利している。以下略
    海外の反応をまとめました。


    【仏リーグで主審が暴挙、もつれあった選手に蹴りを入れて退場処分に(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    erg
    ドルトムントvsヴォルフスブルクの一戦は、ホームのドルトムントが猛攻を仕掛けるも1点が遠く、0-0でフルタイムを迎えている。香川真司は先発フル出場を果たした。以下略(goal.com)

    海外の反応をまとめました。

    【香川フル出場もヴォルフスブルクとスコアレスドロー(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    he
    今季J1復帰の名古屋グランパスが14日、名古屋市内で新体制の発表会を行った。サポーター参加の形で、新加入6選手もお披露目。その場でオーストラリア代表歴のあるGKミッチェル・ランゲラック(29)の獲得が発表されると、サポーターの期待に満ちた歓声が沸き上がった。以下略(日刊スポーツ)
    海外の反応をまとめました。


    【名古屋が香川の元同僚GKを獲得(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ