2018年03月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    rrr
    (スレ主)2002年W杯のイタリア戦で安貞桓がゴールデンゴールを決めると、イタリアのペルージャは彼との契約を解除した。
    会長は「イタリアサッカーを台無しにする人間に給料を払うつもりはない」と語った。



    海外の反応をまとめました。


    【2002年W杯で伊から決勝点を奪った安貞桓はそのことでペルージャと契約解除された(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    jj
    UEFAはこれ以上、ボルシア・ドルトムントのミシー・バチュアイが、ヨーロッパリーグのアタランタ戦で人種差別的な行動を受けていたことについて、調査を行わないことを木曜日に発表した。この判断に、バチュアイ自身は大きな失望感を示している。 2月終わりに行われたアタランタ戦では、ミシー・バチュアイに対して人種差別と受け取れる心無い罵声が寄せられており、試合後に同選手は自身のツイッターにて「2018年にもなって、未だに猿の鳴き声をするような輩がいるなんて、マジかよ?これから僕たちのヨーロッパリーグでの戦いを、ゆびをくわえて楽しんで見てもらいたいもんだね」と苦言を呈していた。以下略(キッカー日本語板)
    海外の反応をまとめました。

    【UEFAがバチュアイへの人種差別行為を不問に(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    tt
    フランス紙レキップはパリサンジェルマンがトーマス・トゥヘル氏をウナイ・エメリ監督の後継者として狙っていると報じたと、30日に独紙ビルトが伝えた。  すでに契約交渉も大詰めで、トゥヘル氏はアシスタントコーチを探しているという。  レキップ紙によるとパリSG首脳陣はトゥヘル氏が流ちょうなフランス語を話し、また彼が志向するサッカーに好印象を受けたという。オフィシャルな発表はまだない。以下略(日刊スポーツ)
    海外の反応をまとめました。


    【トゥヘルがPSGの新監督に就任?(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    rr
    国際サッカー連盟(FIFA)は29日、6月に開幕するワールドカップ(W杯)ロシア大会の審判員を発表し、日本の佐藤隆治主審と相楽亨副審が名を連ねた。  佐藤審判員が本大会で笛を吹けば、日本人としてはW杯で5人目となる。相楽副審は3大会連続の選出。発表された主審は全体で36人で、副審は63人。以下略(日刊スポーツ)
    海外の反応をまとめました。

    【日本から2名選出、FIFAがロシアW杯の審判団を発表(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    r

    海外の反応をまとめました。

    【香川がシュールレに日本語をレクチャー(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    eeff
    ボカ・ジュニアーズに所属するカルロス・テベスが、異父兄弟が服役しているアルゼンチンの刑務所で他の囚人たちとサッカーをして、全治3週間の怪我を負ったそうです。
    この怪我でテベスは4試合を欠場する見込みです。

    海外の反応をまとめました。

    【テベスが刑務所で囚人とサッカーをして全治3週間の負傷(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    eer
    イタリア紙イル・テンポによると、ラツィオが振り込め詐欺の被害にあったそうです。
    ラツィオは2014年に蘭代表DFステファン・デ・フライをフェイエノールトから移籍金850万ユーロで完全移籍で獲得しました。移籍金は分割払いで、1回分の200万ユーロの支払いをフェイエノールトを装ったEメールで指示された口座に振り込んでしまったそうです。

    海外の反応をまとめました。


    【ラツィオが約2億6000万円の振り込め詐欺の被害に(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    eef
    【3月27日 AFP】母国開催となったサッカー親善大会の中国杯(2018 China Cup)で同国代表チームが2試合連続の大敗を喫したことを受け、幻滅したファンが協会に非難の声を上げている。中国国内では、代表選手が試合中にタトゥーを見せることを禁止されたとの報道が出たさなかだった。  0-6で大敗した先週のウェールズ戦と1-4で敗れた26日のチェコ戦では、試合に出場した複数の中国代表選手が腕にスリーブをつけたり、包帯を巻いたりするなど、一見してタトゥーを隠している姿があった。  複数メディアの報道によれば、選手は中国代表としてプレーする時はタトゥーを隠すよう告げられたといい、代表チームの中で最も多くのタトゥーを施している張琳ペン(Zhang Linpeng、チャン・リンペン)は普段ならCBの第1候補だが、ホームで苦杯をなめた今回の2試合はいずれも欠場した。公式には故障が欠場の理由とされているが、一部のファンは、腕や首に入れた数多くのタトゥーがメンバーから外れた原因ではないかと示唆している。  他の国と比べれば、一般的に中国のサッカー選手はそこまでタトゥーに熱心ではないが、人気の高まりは、中国共産党の「価値感や道徳」に反する行為を規制する政府の目も引きつけている。以下略

    海外の反応をまとめました。

    【中国が代表選手のタトゥー禁止(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    3
    アトレティコ・マドリーが今シーズンからホームスタジアムとして使用するワンダ・メトロポリターノで行なわれたスペインとアルゼンチンのフレンドリーマッチは、思わぬ大差がついた。ホームのスペインが爆発的な攻撃力を見せつけ、6-1の勝利を収めている。以下略(サッカーダイジェストウェブ)

    海外の反応をまとめました。

    【スペインが6点奪いアルゼンチンを粉砕(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ser
    [3.27 キリンチャレンジ杯 日本1-2ウクライナ リエージュ]  日本代表は27日、ベルギー・リエージュのスタッド・モーリス・デュフランでキリンチャレンジ杯を行い、ウクライナ代表に1-2で敗れた。前半21分に先制を許すと、同41分にセットプレーからDF槙野智章のゴールで追いついたが、後半24分に再び勝ち越された。以下略(ゲキサカ)

    海外の反応をまとめました。

    【日本代表が「仮想ポーランド」ウクライナに敗れる(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ