ererr




















コロンビア代表は1994年のアメリカワールドカップ南米予選で快進撃を続け、ついに敵地でアルゼンチンを5-0で下しました。
攻撃陣に多くのタレントを抱え、本大会でもダークホースに挙げられていましたが、予選リーグで敗退してしまいました。


海外の反応をまとめました。



・コロンビアは驚くことに、敵地で過去に2度W杯を制したアルゼンチンを倒した。


・何という勝利だったろうか。


バルデラマ
彼は2度南米最優秀選手に輝いた。






・あの頃が懐かしいぜ。
98年以降、ワールドカップに出場できると考えることは、狂ってるとさえ思える。


・これはアルゼンチンのディフェンスがあまりに酷かったからだろう。


・コロンビアの黄金世代はイングランドの黄金世代と同じくらい良くて、同じくらい成功しなかったよ。


・黒人のFW2人の名前は何だ?
とてもスピードがある。


・↑アスプリージャとリンコンだ。


・↑アスプリージャは今でもニューキャッスルで伝説だよ。
彼ほど見ていて楽しい選手は未だに現れていない。





・ アンドレアス・エスコバルを忘れない。

アメリカワールドカップ1次ラウンド終了後、代表チームはアメリカで解散となり、選手の多くは国民の非難や報復などの後難を恐れて帰国しようとしなかった。しかしエスコバルだけは「自分はあのオウンゴールについてファンやマスコミに説明する義務がある」と唯一人帰国した。だが、エスコバルのこの決断が自身の運命を最悪の結 末にする事を決定づけてしまった。

1994年7月2日の深夜3時半頃、エスコバルは母国コロンビアのメデジン郊 外のバーで友人と歓談した後、店から出たところを銃撃され死亡した。まだ27歳という若さであった。エスコバルと一緒にいた友人によると、犯人のウンベル ト・ムニョス・カストロは銃撃の際に「Gracias por el auto gol(オウンゴールをありがとう)」という言葉を口にしながら、12発の弾丸を一気に発射したという。まだ大会の期間中に起こったこの衝撃的なニュースは世界中に報道され、直後に行われた決勝トーナメント1回戦のドイツ-ベルギー戦とスペイン-スイス戦では彼の死を悼みキックオフ前に黙祷が捧げられた。なお、エスコバルは射殺されなければACミランへ移籍する予定だった。この一連の事件は後に「エスコバルの悲劇」と呼ばれ、今もなお語られている。

この事件はコロンビア代表がまさかの1次リーグで敗退したことへの報復行為であったと広く信じられているが、果たしてこの犯人が単独で及んだ犯行 だったのか、またワールドカップを賭けの対象としていた不法賭博シンジケートが関与していたかどうかについては明らかにされていない。シンジケートの用心棒だった犯人カストロは1995年6月にエスコバル殺害の罪で逮捕され、懲役43年の判決を受け服役したが、模範囚であるとして刑を短縮され11年後に出所した。(出典 ウィキペディア)



・現在のコロンビア代表のメンバーは期待が出来ると思うが。
ファルカオ、ムリエル、ハメス・ロドリゲス、グアリン、ペレア、ファン・スニガ、アルメロ。


・このハイライトもいいぞ。
ナレーションが特に素晴らしい。
スペイン語を話す奴らは楽しむがいい。