クウェートの1部リーグで起きた事件です。
抗議した選手に審判のパンチがさく裂、さらにキックもお見舞いしました。
それでも審判の怒りは収まらずレッドカードを連発。

海外の反応をまとめました。





・動物だな。ノーコメント。


・ナショナルジオグラフィック。


・0:55秒で見せた審判の蹴りはキックボクシングの蹴りだった。


奴らにはM134 (機関銃)と手榴弾が必要なようだな。






・この選手たちと審判は二度とピッチに戻ってくるべきではない。
人間を蹴ったり、殴ったりするなんて茶番だよ。
人間に対してのリスペクトを欠いている。
俺の国では若い選手が審判を蹴って、審判が死んだ。
クウェートでも同じことが起きるだろうし、それが起きるまで時間がかからないだろうな。


・伝説では、審判は今でもレッドカードを出し続けているとのことだ。


・1:07で審判は選手たちに唾を吐いているぞ。


・それでもベルギーの審判よりはマシ。


・何枚レッドカード出た?


・野蛮人。


・イングランドにも、こういう審判が必要。


・私は5回これを見た。
審判のPKの判定は絶対に正しい。
背番号13の紫色のユニフォームの選手は、エリア内で40番の選手に意図的にぶつかった。
それから審判は紫色のチームの選手たちに攻撃された。
紫色の背番号11が審判を乱暴に引っ張った。
だから審判は反射的に身を守る為にパンチを出した。
13番の選手は明らかに審判とけんかする為に向かっていった。
だから審判の蹴りも正当防衛だ。
40番の選手はレッドカードを貰うようなことはしていないけど。





・あの審判は自分にレッドカードを出すべきだったな。


・タイトルは読めないけど、たぶん「これはサッカーじゃない」って書いてあるんだろうな。

follow us in feedly