sfvv












11日に行われたプレミアリーグ第21節、マンチェスター・ユナイテッド対スウォンジー・シティの一戦は、2ー0でホームのユナイテッドが勝利した。MF香川真司はフル出場した。

今年に入って3戦3敗と苦しんでいるユナイテッドは、5日のFAカップでスウォンジーに負けたばかり。早速訪れたリベンジのチャンスを逃すわけにはいかなかった。
(goal.com)

海外の反応をまとめました。



前半はユナイテッドが押し込むが、ゴールは生まれない。11分にヤヌザイのFKがクロスバーを叩くシーンがあったが、0ー0のまま折り返す。

しかし、後半は立ち上がりから動いた。

47分、左サイドからヤヌザイがクロスを上げると、ニアでDFの頭をかすめたボールがファーへ。これを香川がヘディングで狙うが、GKに止められた。それでも、弾かれたボールをバレンシアが押し込んで、ユナイテッドが先制する。

後半は香川も決定的な場面に頻繁に顔を出した。53分には、ペナルティーエリア手前で自らフィニッシュ。これはバーの上に外れるも、存在感を示す。

59分には、香川も絡んで右サイドからクロスが入り、こぼれ球をエブラがシュート。ゴール前にいたウェルベッ
クがこのボールのコースを少し変えて、2点目を挙げた。

香川は66分、左サイドからのクロスでビッグチャンスを演出。ファーサイドに完璧なクロスを供給したが、フリーで走り込んだスモーリングが当てそこね、枠の上に外してしまった。

不運にもアシストをつけられなかった香川は、その10分後にゴールのチャンスを逃す。カウンターのチャンスでパスを受けた香川はペナルティーエリアに入ったところでDFをかわしたが、切り返した後に少し時間がかかってしまい、絶好機を逸した。

それでも、ユナイテッドは2ー0のまま逃げ切り、2014年初白星。ようやく求めていた結果を手にした。
(goal.com)



・たとえ何が起きようと、マイケル・オーウェンがこの試合のコメンテーターでないことに感謝するために、少し時間を取ろう。


・香川はウイングか。(ため息)


・マンUの前半のボール保有率は34%か。


・香川は俺達には賢すぎる。
ヤヌザイとルーニーだけが彼と波長が合う。


・↑問題なのは彼がセントラルミッドフィルダーで彼がプレーすることだ。
俺達は彼が欲しい場所で、彼にボールを持たせることが出来ていない。


・後半の違いは、香川・ウェルベック・ヤヌザイがアグレッシブに走ったことだ。
枠内にシュートはないが、彼らの意図は素晴らしい。



・香川が中央に来た。
泣きたい。
思いの丈を吐き出してくれ。


・↑後半、彼は俺達の創造性のエンジンだった。
すべてに絡み、彼がドイツでどれほど素晴らしかったかを示した。
ようやくチームが彼とワンツーパスを使うようになった。
彼が自信を持ってプレーする様子が見れて嬉しいよ。



・香川が真ん中に来て、ヤヌザイがウィングになってから違いが出た。


・香川のクロスは、今シーズン俺達が見た中では一番美しい。


・香川のクロスは素晴らしかった。
スモーリングは3-0にするべきだった。


・何?!バレンシアが香川にパスを出したぞ?


・香川を真ん中に持ってくると、俺達の攻撃にはバランスがとれる。
チェルシーのアザールのように、ヤヌザイをプレーさせて役立たせることが出来る。


・香川とヤヌザイのポジションチェンジが試合を変えた。
ヤヌザイの方が香川よりもウィングとしては10倍良い。
香川はハーフウェイラインとペナルティボックスの間に推進力をもたらした。






・香川はチームメイトが動いて、試合の流れが早いとずっと良いプレーをするね。


・今日の香川は素晴らしかった。


・香川とヤヌザイのプレーを見れて嬉しい。
攻撃に流動性がある。


・シンジは素晴らしい!フィニッシュまでは。


・今日のスモーリングは素晴らしかった。
ボニーを試合から完全に消していた。


・ヴィディッチとスモーリングは一級品だ。
フレッチャーは手堅い。
ヤヌザイは素晴らしい。
ディフェンスが素晴らしかった。
間抜けなミスはしなかったし、背後のスペースを取らせなかった。
2人のセンターバックはエリア内に入ってこようとする選手を完全に封じた。
ボニーはシャットダウンされた。



・後半の香川は素晴らしかったが、彼はシュート練習をした方が良い。
彼はゴールともう1アシストを決めても良かった。


・↑同意。
彼のゴール前での自信は揺らいでいる。
彼がまもなくゴールを決めることを望むよ。


・↑同意だ、しかし少なくともシュートを打つようになった。


・フレッチャーとキャリックのコンビは素晴らしい。
チェルシー戦でフレッチャーがフル出場できることを望む。


・↑あの2人は前線の選手たちを攻撃に専念させた。


・クレバリーをプレーさせなかったことを感謝したい。
それが一番の違いだったと思う。
中盤はずっと良くなった。





・18歳の時点ではヤヌザイの方がCロナウドよりも上だ。


・ヤヌザイは10年以内にバロンドールをとる。


・昨シーズン、ファーガソンはスウォンジーを2-1で下した。
モイーズは2-0で勝った。
だからモイーズ>ファーガソンだ。


・↑完璧な論理だ。


http://goo.gl/ExkfVE  http://goo.gl/gKAOPB http://goo.gl/8y0Mqs
follow us in feedly