http://i.imgur.com/W24OXdN.gif
18日のリーガエスパニョーラ第20節、敵地ベニト・ビジャマリンでのベティス戦(5-0)で先制点を記録したRマドリードFWクリスティアーノ・ロナウドだが、そのシュート速度が話題となっている。

 C・ロナウドはこの試合の10分、ペナルティーエリア手前までボールを持ち込んで右足を一閃。スピードに乗ったボールは枠の右上へ突き刺さり、ベティスGKステファン・アンデルセンは身動き一つ取れなかった。

 スペイン『カナル・プリュス』によれば、ペナルティーエリアから26メートルの位置から放たれたこのボールは、時速132キロを計測したとのこと。スペイン『アス』は、このシュートを「制止不可能なミサイル」と形容した。

 なおC・ロナウドは、今季のリーガで21得点を記録している。(Goal.com)

海外の反応をまとめました。





・もっと良い角度で見たい。


・↑もっと良い角度。



・ロナウドはシステム上の誤作動だよ。


・あのシュートのスピード・・・。
横に外れてたら、誰か死んでいたな。


・新しいプーマのシューズ。


・↑ああ、それが理由だね。


・このシュートに対する適切な反応は、キーパーが示しているよ。


・ロナウドのトレードマークさ。
馬鹿馬鹿しいほどのパワーと正確性を兼ね備えている。
彼がこれをする度に感心させられるよ。


・あれはロケットだぜ。
俺がGKなら止めに行こうとは思わない。






・あのロナウド少年は、いつの日かバロンドールを獲得するに違いない。


・ロナウドはキックベースボールがとても得意だろうね。


・この星であのシュートを止めれるキーパーは存在しない。


・自分の中のツバサを解放した。


・↑彼は100%日向になった。


・ユナイテッド時代のポルト戦でのゴールを思い出すな。






・アンチェロッティは、こう感じた。
http://goo.gl/8dkS8G
follow us in feedly