ss
サッカースペインリーグ、バルセロナのヘラルド・マルティノ監督の今季限りでの退団が確実な情勢となり、来季新監督の候補に現ボルシア・ドルトムントのユルゲン・クロップ監督らの名前が挙がっている。
 14日のスペイン紙スポルトによると、後任候補にクロップが挙がっている理由は、まず第一にドルトムント退団の意思を示していること。2017年までの 契約を全うしないことが規定路線になっている。監督としては選手の長所を引き出し、チームに合ったスタイルで構成する能力を評価されている。またスペイン 紙アスではクロップ招へいが失敗に終わった場合を想定して現ドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督が第2オプションだとみている。
 マルティノ監督の退団は確実な情勢。バルセロナで快適な状況ではなく、関係者にはすでに退団の意思を伝えているという。新シーズン終了までの2年契約があるもののクラブとの話し合いで契約破棄、あるいは期間短縮したうえで円満解決する見通しになっている。
(デイリースポーツ)
海外の反応をまとめました。





・性格という観点では、クロップこそこのチームにまさに必要なタイプの監督だ。
誰の影響も受けない人物だ。
誰からもいじめられない。
大賛成だ。


・↑それに偉大な指導者だしな。
誰の影響も受けない。


・彼のことが好きだ。
時々彼のことが怖い。


・↑こういうことか?
http://d3j5vwomefv46c.cloudfront.net/photos/large/809703657.gif?1379532479


・クロップがドルトムントを去ってバルセロナへ?
もちろん俺の夢の中での話だな。


・スポルト氏の一面によると、チームは既にこのことを知っているそうだ。
それとバルサは、ロイスを3500万ユーロ(約49億円)で獲得することを望んでいるそうだ。


・↑真面目な話、どうしてロイスなんだ?
俺は彼のことは嫌いではないし、むしろ大好きだ。
でも彼がこのチームに何をもたらすと言うのだ?
バルデスが去るから、テル・シュテーゲンはチームに何かをもたらすだろう。
どんなディフェンダーでもこのチームに何かをもたらすことになると思う。
ルカクやマンジュキッチは、高さをもたらす。
でもロイスが何をもたらすんだ?
もしバックアップならあまりに高額すぎるだろう?
もしバックアップなら、香川の方がずっと安いから彼を獲得するね。


・↑多くの人たちがロイスは、ペドロとAサンチェスよりも上だと議論している。
もしそうならば、彼はチームに何かをもたらすだろう。


もしロイスが加入したら、ペドロが出て行くことになるだろう。
ただ両方とも起きるとは思えない。



・↑Aサンチェスも出て行くかもね。
彼はバルサと長い付き合いなわけではないから。







・クロップは、フンメルスを一緒に連れてくるべき。


・↑俺は何か見逃しているのか?
移籍禁止の件はどうなったんだ?


・↑たぶん取り下げられるだろう。
たぶんな。


・クロップは間違った選択だよ。
彼のスタイルは、バルサの選手の長所と全く異なる。
偉大な監督だが、バルサには合わない。


・楽観的になりたいが、来季の選手獲得禁止のままなら、グアルディオラでさえ来シーズンのバルサを救うことは出来ないと思う。
我々のディフェンス陣は弱々しい。
もし禁止が解除されたら、話は別だ。
クロップが何が出来るか見てみようじゃないか。





・マルティノのことは大好きだ。
でもクロップが来るなら、考える必要もない。
マルティノは、すぐに後任として上手くやった。
でも彼は急ごしらえの監督だった。
クロップのような監督なら、このチームで素晴らしい仕事をしてくれるだろう。
特にモチベーションと規律と言う点でね。


・選手とどうやってコミュニケーションを取るんだ?
グアルディオラでもドイツ語を覚えるのに1年掛かったぞ。
一体どうやってドイツ人が数か月でスペイン語を学ぶんだ?


・最近、俺が夢で描き続けていることは、クロップかベンゲルがバルサに来ることだ。

http://goo.gl/eVaiwe
follow us in feedly