drr










ブンデスリーガは19日、第31節2日目を行い、FW岡崎慎司の所属するマインツは敵地でドルトムントと対戦し、2-4で敗れた。岡崎は0-1の前半14分に6試合ぶりとなるゴールを決めると、1-2の後半8分に2得点目。今季5度目の1試合2発で今季通算13ゴールとし、11-12シーズンにドルトムントでMF香川真司(現マンチェスター・U)が記録した日本人最多記録に並んだ。(ゲキサカ)
海外の反応をまとめました。




・1-0(ヨイッチ)


・ヨイッチは本当に良いプレーをしてくれるよな。


・ゴールにカウントして良いかな?
明らかにキルヒの手に当たっていた。
それを除けば素晴らしいゴールだった。


・↑シーーー!


・最近のロイスって怪物だよな。


・1-1(岡崎)


・岡崎か、知ってた。


・ちくしょう!
試合前のスレで、岡崎がゴールするって予想してた奴がいたよな。
あいつ、どこに行きやがった?


・岡崎のシュートは外れそうだったのに。
まあ、こういうこともあるさ。


・正義の鉄槌が下された。


・フンメルスに当たるまで、枠にすらシュートは飛んでいなかったじゃないか。


・2-1(レヴァンドフスキ)


・なんというコンビネーション!


・シャヒンのパス、凄かったな。


・試合開始20分で3点入った。
遅れて見るのには、最悪な試合だよな。


・2-2(岡崎)


・シャヒン、何してるんだよ。


・酷いパスだ。イライラする。


・岡崎がムヒタリアンみたいにシュートをすることを望んだけど・・・。






・3-2(ピシュチェク)


・この試合は本当に面白いな。
俺たちにはいつも答えがある。


・おそらくピシュチェクが初めてホームで決めたゴールだ。


・審判は、試合のコントロールを失っているようだ。


・4-2(ロイス)


・ロイスはゴールに値した。
レヴァンドフスキが彼にPKを譲ったのは素晴らしい。





・ロイスとレヴァンドフスキが素晴らしい攻撃を見せた。
もしくはマインツの4バックが惨い。
3つのシンプルなパスをつなぐだけで、レヴァンドフスキはキーパーの正面でドフリーだった。


・素晴らしい試合だった。
これでCLは安全圏内だ。
あとはドイツカップで優勝して、来シーズンに備えるだけだ。


・ロイスがマンオブザマッチだよ。
でもドゥルム、キルヒ、ヨイッチが再び美しいプレーを見せた。
ヨイッチが戦術的なトレーニングを積めば、来シーズンは面白くなりそうだ。

http://goo.gl/UuMfL8http://goo.gl/AtfPRmhttp://goo.gl/PkTTgJ
follow us in feedly