サッカー日本代表強化試合(日本3-1コスタリカ、2日、米国タンパ)勝ち越しゴールを決めた香川は、試合後のインタビューで「前半のうちに1点欲しかったし、本番では先制される前に1点取らないと厳しい戦いになる」と答え、3-1の逆転勝ちにも厳しい表情だった。

 後半35分、ゴール中央へ持ち込んだ香川は、柿谷とのワンツーで戻ってきたパスを詰まりながらも流し込み逆転ゴールを決めた。前半、好機がいくどもあったが決定打がなく、逆に31分に日本の右サイドを崩されコスタリカに先制を許してしまった。

  香川は前半の先制点について「みんなでうまく守れるところが守れていなかった」と振り返り、「逆転で勝ちきり、失点が最小限でよかった。3点取ったが本番 が大事。(コンデションは)いいので、初戦へキープする」と引き締めた。最後はスタンドのファンに拍手と一礼し会場をあとにした。(サンケイスポーツ)

海外の反応をまとめました。






・ワンツーが出来る仲間がいることは、良い気分に違いない。


・↑正直、ゴールを決めた時の彼は右利きのメッシのようだった。


・↑同意せざるを得ない。
密集した場所で、バランスを保つために細かいステップを踏み、ほぼ背後にあったボールをゴールに打った。
公平な比較だと思う。


・彼はドルトムントに戻らないといけない。
彼にとても良く合う。


・彼は全体的に良いプレーをしたよ。


・質の高いフィニッシュだ。
試合を通して彼は質の高いプレーをした。
小気味よいワンツーをたくさんして、フォワードは決めらなかったが何本か良いボールを出した。


・↑彼は2点決めることが出来たかも。
ミート出来なかった。


・素晴らしい選手だ。
ファンハールの下で、良いプレーをする彼のことが想像できる。


・↑本当にそう思う。
彼は大好きな選手の一人だ。
彼のスタイルが大好き。
速いワンツーと動きが好き。


・典型的なドルトムントのゴールだった。
ディフェンスでボールを奪って、瞬時に攻守を切り替えて、3秒後に相手ゴールを揺らしていた。


・↑以前は典型的なユナイテッドのゴールだったけれどね・・・。






・彼は何もない状態から、3点目のお膳立てもした。


・彼には本当にワールドカップでディフェンスを切り刻んでほしい。


・彼は他所に行くのだろうか?
それとも過去数シーズン無駄にされた彼の才能を有効利用するだろうか?


・黄色のユニフォームで日本がプレーをしていたから、この試合はドルトムントの香川を凄く思い出させてくれた。
日本のプレーする速度と細かいワンツーは、彼のスタイルに本当に良く合う。
もし状態が100%の本田と香川と共に今日のようなプレーが出来れば、グループステージを突破することが出来ると確信している。


・↑日本には勝ち進んでもらいたい。
どうして香川がファンハールに高く評価されてきるか証明するために。


・エリア外での日本の素早いボールタッチは、守るのが難しい。





・日本は凄く良いプレーをした。
3-1というのは、試合の内容を公平に反映していると思う。
とても素晴らしいチームだ。
一方の我々は・・・イタリア・ウルグアイ、そしてイングランドと対戦する。


・↑オビエドとサボリオが不在だったことも言い訳にはならないな。


・信じられないくらい面白い試合だった。


・日本が本調子だと、彼らのショートパスは見ていて楽しい。
美しいゴールだった。

http://goo.gl/PAknCOhttp://goo.gl/XOI2zahttp://goo.gl/w5qaze
follow us in feedly