43434









国際サッカー連盟(FIFA)の規律委員会は7日、ブラジル代表FWネイマールを負傷させたコロンビア代表DFファン・スニガに対する処分は科さないことを明らかにした。
 背後からスニガの膝蹴りを受け、腰椎を骨折する重傷を負ったネイマールは回復に40~45日間を要すると診断され、代表チームからの離脱とW杯残り試合 の欠場が決まった。スニガのラフプレーに関してブラジルサッカー連盟(CBF)からも調査を求められていたFIFA規律委員会は、スニガへの処分を検討す ることを発表していた。(ゲキサカ)
海外の反応をまとめました。



処分なしの根拠としてFIFA規律委員会は、スニガの行為が試合中、主審にファウルと認識されながら(実際にはブラジルのアドバンテージを適用してプレー を流した)、イエローカードやレッドカードが提示されなかったことを挙げている。規律委員会が試合後に処分を変更できるのは、試合中に主審が見逃した乱暴 な行為、あるいは主審が間違った選手にレッドカードやイエローカードを示した場合のみで、今回のケースはいずれにも該当しないとしている。

 ウルグアイ代表FWルイス・スアレスの噛み付き行為は、試合中に主審が見逃した前者のケースだったため、試合後、FIFAから9試合の出場停止処分と4か月間のサッカー活動の禁止処分、さらに10万スイスフラン(約1135万円)の罰金処分が下された。(ゲキサカ)


・公正だと思う。
あの試合では、過剰なチャレンジがたくさんあった。
全員を罰するか、誰も罰しないかしかない。


・馬鹿げたチャレンジだったが、悪意はなかった思う。
彼を罰するなんて馬鹿げていると思う。
もし罰せられるとしたら、ネイマールがゴールデンボーイだからだ。


・これが意図的だったか確信は持てない。
でも飛び膝蹴りは、間違いなく無謀な行為だ。
少なくともイエローカードには値するだろ。


・罰が必要なのは、カルロス・カルバージョだよ。
彼がフィールド上の喧嘩を許した。
スニガはネイマールを負傷させたくなかった。
ただ愚かなだけだ。


・ネイマールへの暴行は、一旦忘れよう。
フッキの膝への攻撃は?
あれも意図的でなかったのか?


・スニガは制御不能だったと思う。



・↑これは一発レッドカードだろ。
酷い判定だ。






・もしこれがネイマール以外だったら、FIFAは気にもしなかったろうな。


・↑その通り。
審判はあの瞬間を見ていた。
FIFAは冗談だよ。


・これがコスタリカの選手だったら、FIFAは調査していなかったろうな。


・審判も調査された方が良いと思う。


・ネイマールの負傷は残念だが、まずは試合のコントロールを完全に失った審判のことを調べるべきだと思う。


・奴らはネイマールのひじ打ちと、奴がおかした数えきれないほどのファウルは調査しないのか。


・ ハメス・ロドリゲスに対する20個のファウルは?


・あれは明らかに事故じゃないだろ。
罰が必要だよ。
明らかに相手に苦痛を与えるか怪我をさせる意図があった。


・あいつを生涯出場停止にして、暴行罪で訴追しろよ。





・ファウルですらなかったろ。


・どうして?
ブラジルの選手だけ特別扱いなの?


・それじゃあ、フェルナンジーニョのことも調査した方がよさそうだね。
http://goo.gl/Kd0u2qhttp://goo.gl/x39RMB
follow us in feedly