wew































海外の反応をまとめました。



W杯準決勝 ブラジル1―7ドイツ(2014年7月8日 ベロオリゾンテ)
 歴史的大敗をブラジルメディアは「ミネイランの惨劇(ミネイラッソ)」と表現した。「マラカナンの悲劇(マラカナッソ)」にちなんだものだが、スポーツ紙ランセは「マラカナッソなどもう何でもない。過去の話だ」と64年前を上回る同国史上最大の汚点と指摘。
フォーリャ・ジ・サンパウロ紙などは1面が追悼記事のように白黒で“ブラジルは死んだ”と言わんばかり。各紙とも「歴史的な恥」「恥、悲惨、屈辱」など糾 弾する見出しが並び、エスタド・ジ・サンパウロ紙は「選手に泣く資格はない。泣きたいのはこっちだ」との記事を掲載した。(スポニチ)


スマホユーザー向け画像リンク


・こっちはドイツ紙の一面だ。

スマホユーザー向けリンク



・↑両国の新聞のスタイルの違いが気に入った。
一方が視覚志向で、もう一方は言葉に重点を置く。


・Metroの表紙は素晴らしいな。
(This Metro cover is the same on every Brazilian edition of Metro today - at least 7 major cities)

・↑俺も気に入ったよ。
芝生に横たわった選手の視線みたい。


・これが一番だろ。



・↑訳してくれない?


・↑上:バルボサ(1950W杯決勝のGK)、安らかに眠れ。
  下:ブラジルサッカー最悪の日。


・6つ目の星が落ちるVergonhaの表紙が素晴らしい。
Disgrace





・ほとんどの新聞は、スポーツ紙ですらない。


・Metroの一面は、パワフルだな。
一番だと思う。


・指を7本立てているスコラーリの写真は素晴らしい。


・↑後ろからも見たか?



・ワールドカップで優勝するのは、すごく難しい。
彼らはリラックスした方が良いね。


・一番下の子は、Stop Girlみたい。
Fiasco

Stop girl




・あの子供たちは気の毒に思う。


・一日中でも見てられるな。


・写真を見るだけで泣けてくる。


・あまりに多くのドラマが起きた。
最初はフィールド上で。
今は、メディアで起きている。
http://goo.gl/IJK83n