ererrere







アーセナルに所属するドイツ代表MFメスト・エジルが、ブラジルの子供たちの手術代を支払うことを自身の公式フェイスブックで発表した。イギリス紙『デイリーミラー』が伝えている。
 ドイツ代表の一員としてブラジル・ワールドカップで24年ぶりの優勝に貢献したエジルは、ブラジルの手術を必要としている子供たち23人のためにワールドカップの優勝で得たボーナスで援助することを決めている。(サッカーキング)
海外の反応をまとめました。



同選手は、本大会の開催に先駆けてすでに、チャリティー団体『BigShoe』との共同で、11人の子供たちの手術代を支払っていた。しかし、個人的な感 謝を表するため、さらに12人の子供たちの援助を発表している。自身の公式フェイスブックで以下のようにコメントしている。
「ファンのみんなへ、ワールドカップの開幕前に、僕は子供たち11人の手術を援助していた。だけどワールドカップでの優勝は11人の選手だけではなく、 チーム全体の23人のおかげだ。だから(援助する子供たちの数を)11人から23人に増やすことを決めた。これはブラジルの人々のおもてなしに対する個人 的な感謝の気持ちだよ」
『BigShoe』は、ドイツ発祥のチャリティー団体。2006年ドイツ・ワールドカップでドイツ南西部に位置するヴァンゲンにキャンプ地を構えていた トーゴ代表に、母国で手術を必要とする赤ちゃんのニュースが届いた。同じくそのニュースを聞いたヴァンゲンの市民たちが、手術代のために募金を始めたこと が由来となっている。その後2010年南アフリカ大会、ユーロ2012でも活動しており、手術を必要としている数多くの子供を支援している。ブラジル・ ワールドカップの期間中には、世界中の子供100人に支援することを目標に掲げていた。(サッカーキング)


・23人の子供たちは、ブラジル代表として知られている。


・これ以上、彼のことを愛せないと思った。


・ドイツ代表は、ブラジルに自前の練習場とホテルを建てた。
人々との交流イベントを催して、ブラジルに勝利した時には、謝罪までした。
周辺地域からスタッフを雇い、市に練習場とホテルを寄付し、それが学校になった。
彼らがブラジルでしたことを考えると、この選手がしたことは驚きではない。


・彼はすごい人だよ。
兄と従妹は、よちよち歩きの頃から彼と一緒に育った。
数年目にドイツにいる従妹の家に行ったら、彼に会えた!


・もっと良い見出し。
「23人のブラジルの子供たちが、ドイツ代表MFエジルのおかげで手術を受けれる」


・7-1で勝ったことを申し訳なく思ったんだろうな。


・↑それが原因で、子供たちに手術が必要になった。


・↑涙管が破裂した。






・人種、宗教、国にかかわらずなんて偉大な男なんだ。
年に何百万ドルも稼ぐ、もっと多くのプロ選手のスター、投資家、CEOたちが彼に続くべき。


・それでFIFAは、一体どれだけの数の子供たちを救ったんだ?
サッカーで数十億円も稼いでおいて。


・アメリカ国民一人分の手術代か。


・たしかガザへの援助にも寄付したと思ったが?


・良い奴だ。
ブラジルの23人の大人を破壊した後だからな。


・ネイマールも子供たちの一人に入っていたのだろうか?


・ワールドカップの優勝ボーナスっていくら?


・↑一人30万ユーロ(約4100万円)。


・なんて素晴らしい奴だ。
これで彼が外した8点目の埋め合わせができる。






・最終スコアは8-1だな。


・↑30-1だよ。


・24番目の子供が気の毒。


・↑デイリーメール「エジルがブラジルの子供の為の手術代の支払いを拒否」


http://goo.gl/gwtYdzhttp://goo.gl/zmz1rt