re







 サッカーゲームのFIFA14において、パワーの評価が100の内97で1番数値の高い選 手が、イングランドのリーグ2(リーグ4部)に属するAFCウィンブルドンでプレーしている。その選手は、ロンドンのイズリングトン出身、32歳のFWアデバヨ・アキンフェンワ。身長は約180センチ、体重は約100キロの巨漢で、ベンチプレスは180キロを持ち上げることができる。
アキンフェンワは、パワー世界最強の称号を喜んではいるが、一方でその巨漢のせいで FIFA14でスピードの数値は53で、加速の数値が34と非常に評価が低い。実際にFIFA14で自分自身をプレーした際、スピードがとても遅かったの が気になり、製作元のEA(エレクトロニック・アーツ)スポーツに、少し速くしてもらうよう頼んだことを明かしている。イギリス紙『テレグラフ』がインタ ビューでの同選手のコメントを伝えた。(サッカーキング)
海外の反応をまとめました。




「去年までFIFAがこんなに有名だとは知らなかった。実際に俺は、フィジカルの強い選手たちの1人だと思っていたが、FIFA14で公式に世界最強になった。彼らがそう言うなら間違いない。俺も気に入ったよ」
「何回か自分自身でプレーしたことがあるんだ。俺はとても遅かったよ。だからFIFAに少しだけ速くしてくれるよう頼んだんだ。でも全てを手に入れることはできなかった」
 また2013年に行われたイギリスメディア『BBC』のインタビューでは、「同じサイズの兄弟がいて、自分も大きくならなければ、その兄弟たちにいじめられるから」と巨漢になった理由を語っている。
  さらに、警官の職務質問に対して「フットボール選手だ」と答えると、警官は「最近スーパーボールを見始めたよ。面白いね」と、イギリスにも関わらずアメリ カンフットボールの選手だと勘違いされることもあり、最終的には「フットボールをするにはデカすぎる」とまで言われたエピソードを語っている。
 アキンフェンワは、イングランドのリーグ1(リーグ3部)以上ではプレーの経験はない。リーグ1とリーグ2では、通算合計380試合に出場し124ゴールを挙げている。7月19日に行われたチェルシーとのプレシーズンマッチにも出場した。(サッカーキング)
wewe












・なんてデカい奴なんだ。
どうして膝が持っているんだ?


・何度か彼のプレーを見たことがあるが、スピードを増す必要はあまりない。
彼は本当に速くないよ、ハハ。


・↑ああ、同意だ。
彼は確かに重戦車だけど、スピードは彼のストロングポイントではない。


・本当にデカい奴だ。
http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2013/11/14/article-0-19288E5700000578-809_306x465.jpg


・↑彼は太っていない。
すべて筋肉であることに怖気づいてしまうよ。


・↑全部筋肉ではないだろ。


・彼は一体どんな種類の「フットボール」をプレーするんだ?


・↑実は彼はまあまあの選手だよ。






・FIFA(ゲーム)の数値に不満な選手って他にもいるか?


・みんなスピードについて不満を言うね。
今までに4人見てきた。


・ルカクも去年、同じようなことを言っていたよな。


・↑FIFA12でのルカクは、パワーがありすぎだったと思う。


・↑うんざりするほど安かったしな。


・ヤヤが少し前にシュート力について不満を言っていた。




 

http://goo.gl/QLl5CF