14-15イングランド・プレミアリーグは16日、第1節の試合が行われ、トッテナム・ホットスパー(Tottenham Hotspur)は1-0でウェストハム(West Ham)に勝利したが、FKの際に観客がピッチに乱入してボールを蹴り、逮捕される事態に発展した。(時事通信)
海外の反応をまとめました。



ウェストハムのペナルティーエリア手前で、トッテナムのクリスティアン・エリクセン(Christian Eriksen)がFKの準備をしていると、サポーターの男性がスタンドからピッチに走り込み、不名誉な形でこの試合を開幕節の注目の的にしてしまった。
 シュートは、ウェストハムのGKアドリアン(Adrian)に止められたが、男性は警備員の追走から逃げ続け、おもしろがってはやし立てる観客の声援の中、最後は御用になった。
 英ロンドン警視庁(Scotland Yard)は、イングランド南東部ケント(Kent)州出身の22歳の男性を、ピッチに乱入した疑いで逮捕したと発表している。男性は現在、警察署に勾留されている。(時事通信)


・ マンオブザマッチだ。


・↑試合の中で最も興奮させるシーンだった。


・↑そんなにつまらない試合でもなかったろ。


・入ったかどうか、全員が確かめる様子が良いね。


・壁が飛ばなかった。
酷いディフェンスだ。


・もしあれが決まっていたら、彼にはコーナーフラッグのサポーターに向かって、膝をついて滑るパフォーマンスをしてほしかった。


・↑決まっていたら、それに値するな。


・申し訳ないが、すごく面白かった。
彼はすごく幸せそうだった。


・良いテクニックを持っている。


・奴と契約しろ。


・エリクソンは、まるで本当のフリーキックのようなリアクションをしているな。


・彼には今シーズンのウエストハムのすべての試合に行かせる罰を与えろ。






・エリクセンのリアクションを見てみろ。
素晴らしい。


・↑全員が振り返った様子が気に入った。
GKは決めさせてやるべきだった。


・↑文字通り、全員がボールの行方を見ていた。
奴を追いかける警備員でさえ見ていた。


・↑もしあのビーチボールに当たったゴールが有効なら、これも有効にされかねない。
リスクは冒せない。


・↑あのビーチボールに関しては、いまだに悪夢を見る。


・↑一体どうしてあのゴールが許された?


・↑ソースをくれ。


・↑2009年のリバプール対サンダーランド戦。
ゴールは認められ、1-0で試合は終わった。






・この後のエリクソンのフリーキック。



・↑少なくとも、あの男は枠内に飛ばした。


・エリクソンよりも良くやったよ。


http://goo.gl/M6v6l0http://goo.gl/lwDGVe
follow us in feedly