w
(CNN) 世界のサッカー協会や選手、審判らと接触して多数の八百長試合を仕掛けたシンガポール人の大物フィクサー、ウィルソン・ラジ・ペルマル氏(49)がこのほど、CNNの番組で初のテレビインタビューに応じ、「後悔はしていない」などと語った。 ペルマル氏はインタビューで「正確に数えたことはないが、八百長を仕掛けた試合は80~100回くらいだと思う」と述べた。 「ベンチに入って選手や監督を指図したこともあるほど、簡単なことだった。取り締まりは皆無で、審判ともすんなりと接触できた」と話す。一部の協会から「大歓迎」を受けたことさえあるという。 八百長工作を通して稼いだ金は約500万ドル(約5億2000万円)に上ったが、すべてギャンブルで使い果たした。
海外の反応をまとめました。



同氏は最近、自身の半生を振り返った著書「Kelong Kings」を出版した。「子どものころは兵士になるのが夢だったが、学校時代に犯罪歴を 作ってしまって断念した。19~20歳のころに賭博(とばく)にはまり、負けたくない一心で八百長フィクサーになった」という。

1980年代に故郷のシンガポールで地方のサッカー試合を仕掛けたのが始まりだった。その後、世界最大規模とされるフィクサー組織の仲間に入る。

90年代半ばになると、インターネットの普及と同時にフィクサーとしての活動範囲が大幅に広がった。「世界中の試合を見て、狙いやすそうな国やわいろを受け取りそうな人々に目をつけた。自分で会社を作って各国の協会にメールを出し、関係を築いていった」という。

八百長の成功率は70~80%だったと、同氏は振り返る。この中にはオリンピックやワールドカップ予選などの試合も含まれていたという。

これまでにサッカー関連の罪でシンガポールで3回、フィンランドで1回の服役を経験した。4回目の刑期2年のうち1年を終えたところでハンガリーへ引き渡され、警察の八百長捜査に協力している。

同氏はインタビューで「後悔はしていない。そんな時期もあったという楽しい思い出だ」と述べた。また、「サッカーはもはやスポーツではなくビジネス。だれもがこのビジネスで金を儲けようとしている。人々は勝利という結果のためなら手段を選ばない」とも話した。(CNN)



・俺も彼に同意する。
サッカーはスポーツではなくビジネスだ。


・↑すべてがビジネスだよ。
大統領選もビジネスだ。
金持ちや影響力のある連中が金を出している。


・第三世界が三流のスポーツをする。
とんでもない冗談だ。


・八百長するには、まずはFIFAと奴らの取り分を決めるために接触しないといけない。
公式の八百長というわけさ。


・先月、ブラジル対ドイツの試合で最も稼いだ人物は誰だ?


・↑今でも胸が痛む。


・↑一番金を儲けたのは、スアレスが噛みつくことに賭けた男じゃないか?


・審判になることにする。


・↑ハハハ。
奴らが年にいくら稼ぐと思っているんだ?






・つまりすべてが筋書通りなのか?


・俺はいまだにこの記事が、サッカーについてなのかアメフトにツイテなのか確証が持てない。


・↑アメフトでは6人の選手に10万ドルを支払っても、試合を負けさせることは出来ない。


・↑アメフトって何?


・アメリカ国外で、アメフトのことを気にする人たちなんてほとんどいない。



・どうして彼は塀の中にいないんだ?


・↑刑期を終えたんだよ。


・奴はスケープゴートだよ。
自白して生贄になるように仕向けられた。
八百長を仕掛けるシンジケートは、金の面ではFIFAよりも巨大だよ。




http://goo.gl/VH8KqO
follow us in feedly