dse
米カリフォルニア州で、児童の保護者でつくる団体が国際サッカー連盟(FIFA)などを相手取り、選手のヘディング回数を制限するなどの安全措置を求める訴訟を起こしたことが28日、明らかになった。原告側は「世界中のあらゆる世代で、サッカーの脳振とう傷害が起こっている」と主張。FIFAと米国サッカー連盟などに対して、脳振とうの防止策とヘディングによる衝撃をできる限り緩和する対策を求めている。(時事通信)
海外の反応をまとめました。





・アメリカの訴訟文化は愛さずにはいられないな。
もしサッカーをプレーしたいなら、しなければ良い。
だれもプレーを強要していない。


・マジかよ、アメリカ人はあらゆる理由で誰でも訴えるな。


・↑あるアメリカ人が太らせたとマクドナルドを訴えたことがあるはずだ。


・↑複数の人間がね。


・↑コーヒーを自分で自分にこぼした女性がマクドナルドを訴えた。
注意を促す看板があったから、彼女は訴えた。


・ボールを蹴るのも禁止にしよう。
足のケガが多いからな。


・ふざけんなよ、馬鹿げた連中だ。


・こんな馬鹿げたことを今まで聞いたことが無い。
もうすぐみんながヘルメットと防具を装着し出すだろうな。


・ボールを風船と取り替えることを提案したい。






・もし科学的な根拠があるのなら、考慮しても良いと思う。
でも疑わしいな。


・実現することはないだろうから、議論する価値が無い。


・ヘディングのことでFIFAを訴えよう。
でもアメフトは問題ない。
恥ずかしいよ。


・だから俺たちには良いことがないんだよ。


・とりあえず今日目にした物の中では、一番馬鹿げたことになると思う。


・危険性を示す研究結果があるのか?
それとも何の根拠もないのか?

http://goo.gl/QVo85e
follow us in feedly