erer
ボルシア・ドルトムントのユルゲン・クロップ監督は、マンチェスター・ユナイテッド元監督のサー・アレックス・ファーガソン氏がMF香川真司について述べた言葉を明かしている。ファーガソン氏は、ユナイテッドが香川の力を存分に発揮させられなかったことを残念に感じているようだ。 ドルトムントでブンデスリーガ2連覇に貢献した香川は、2012年夏にファーガソン氏の誘いを受けてユナイテッドへ移籍。同氏のラストシーズンとなった加入1年目には期待を感じさせるプレーを見せたが、監督が交代した2年目以降は出場機会が減少し、この夏の移籍市場でドルトムントに復帰することになった。 クロップ監督は今月3日と4日にスイスのニヨンで行われたUEFA監督フォーラムでファーガソン氏に会った際、香川についての話をしたとのことだ。イギリス『サン』がクロップ監督の言葉を伝えた。(goal.com)
海外の反応をまとめました。



「ファーガソンは今でもシンジのことが大好きなんだ。彼はこう言っていたよ。『彼にとってうまくいくようにさせてやれなかったのは残念だ。我々は1年目には満足していた』」

「2年目には普通なら次のステップを踏むものだが、彼はそれができなかった。だがサー・アレックスは言っていたよ。『残念だ、我々がうまく成功させるべきだった』とね」

MFマルコ・ロイスを負傷で欠いて16日のチャンピオンズリーグ初戦に臨むドルトムントだが、復帰初戦でさっそくの活躍を見せた香川の存在はクロップ監督を安心させているようだ。

「アーセナル戦の前にマルコを失うのは信じられないほどの痛手だ。心臓にショックを受けたようだったが、『大丈夫だ、シンジがいる』と考えることができた。彼が戻ってきた最初の日、我々は『シンジ』を見ることができた。2日目も『シンジ』、3日目も『シンジ』だ」

「彼 のスキルは今でもすべて変わっていない。自信の面でも問題はないと思う。そのことについて話をしたが、彼は大丈夫だ。みんなが考えているよりも、彼は(ユ ナイテッドで)多くの試合を戦ってきた。90分フル出場ではなくとも、50試合近くプレーしてきたんだ。完璧ではないが、何もないというわけでもない」(goal.com)


・誰が惜しんでいない?


・ありがとう、モイーズ。


・俺たちは既にこのことを知っていた。
ファーガソン・モイーズ・ファンハールと監督が交代するたびに、あの素晴らしい選手が、間違った起用をされた。
彼のドルトムントでの幸運を祈るよ。


・↑彼がどんな風に使われたかなんて関係ない。
彼は単にプレミアの需要に合わなかっただけだ。
それが鮮明になっただけだよ。


・↑いいや、それは違う。
明らかになったのは、彼は10番の選手なんだから、左ウイングで起用しても上手くいかないということだ。


・シェフチェンコ、トーレス、ヴェロン、リバプールに今季新加入した全員など、多くの良い選手たちが新しいチームに行きながら、上手くいかなかった。
チームには良い時もあれば、悪いときもあるし、チームを発展中の場合もある。


・俺たちは香川真司の幸運を祈っているし、彼のドルトムントでの成功を信じている。
でも、オールドトラフォードにも新しい興奮の波がやって来ている。
昔のマンUの選手のことを考えない方が、この変化に興奮できる。


・素晴らしい小さな選手だ。


・オールドトラフォードでは、いつも本来のポジションでプレーできなかったからな。
彼が優れたプレーを見せられる中盤でチャンスを得ることは滅多になかった。






・俺はルーニーにあれほどの高額の契約が与えられずに、マンUがマタと一月に契約しなかったら、香川は今でもマンUにいたと思う。
俺は香川がこの2人の選手よりも質の高い選手だと、マンUに証明してみせると思う。
マタは良くやっていると思うが、彼との契約は本当に不必要だったと思う。
彼は全く必要ではなかったのに、マンUが本当に必要な選手であるセスクを獲得するために使えた3700万ポンドの現金を、チェルシーに与えてしまった。


・モイーズ以外は、彼のことを才能のある選手だと言うよ。
モイーズが指揮を執っていた時に、香川は退化した。
モイーズの看板男であるルーニー以外のすべての選手に対して言えることだと思うけどね。


・↑モイーズとファンハール以外だろ。


・俺たちはドルトムントに彼のことを返したかった。
クロップは彼をどこで使ったら良いのか知っているから。
たったの800万ユーロだから、彼はおそらくこの夏の移籍市場で一番の契約だったと思う。
グッドラック、シンジ。


・クロップのことは愛さずにはいられない。


・彼は2008年のマンUだったら、簡単にフィットしていたと思う。
このチームではフィットしない。


・↑今のチームなら、彼はフィットすると思うけど。
(マタをチームから外したらね。)


・↑香川とディ・マリアのワンツーなんて脅威だろうな。
両者が狂った加速を見せていただろう。





・マタかシンジの選択だった。
トップレベルの選手を放出するのは辛いことだ。
でもシンジのような選手は、輝くことに値する。
ドルトムントは、彼にとって完璧な場所だ。
願わくば、俺たちがロイスを獲得するためのお膳立てだったと願いたい。


・香川が去るのは悲しかったけど、ドルトムントで再び輝いている姿を見れて嬉しい。


・正直、ウェルベックが去る事よりも香川が出ていくことに動揺してしまった。


http://goo.gl/DKCDm9http://goo.gl/gLiocchttp://goo.gl/4NaxRj
follow us in feedly