ew
ブンデスリーガは18日、動画再生サイトの公式アカウントで『歴代日本人選手トップ10』を発表した。  1位は、今夏にマンチェスター・Uから古巣ドルトムントへ復帰したMF香川真司。動画では、復帰戦となったブンデスリーガ第3節のフライブルク戦で挙げたゴールも紹介された。(サッカーキング)
海外の反応をまとめました。



2位は1977年から9年間に渡りブンデスリーガでプレーし、「東洋のコンピューター」と呼 ばれた元日本代表MF奥寺康彦氏が選出された。3位には、昨シーズン15ゴールを挙げ、欧州主要リーグ日本人最多得点記録を更新したマインツ所属の日本代 表FW岡崎慎司がランクインした。

 4位には、ブンデスリーガの3クラブでプレーした経験を持つフランクフルト所属の日本代表MF長谷部誠、5位には2011年にDFBポカールとスーパーカップのタイトルを獲得した、シャルケ所属のDF内田篤人が入った。

 歴代日本人選手トップ10は以下の通り。

1位:香川真司(ドルトムント)
2位:奥寺康彦(ケルン/ヘルタ・ベルリン/ブレーメン)
3位:岡崎慎司(シュトゥットガルト/マインツ)
4位:長谷部誠(ヴォルフスブルク/ニュルンベルク/フランクフルト)
5位:内田篤人(シャルケ)
6位:清武弘嗣(ニュルンベルク/ハノーファー)
7位:乾貴士(ボーフム/フランクフルト)
8位:細貝萌(レヴァークーゼン/アウクスブルク/ヘルタ・ベルリン)
9位:高原直泰(ハンブルガーSV/フランクフルト)
10位:宇佐美貴史(バイエルン/ホッフェンハイム)
(サッカーキング)




・これには同意する。
香川は素晴らしい選手だ。
ドルトムントは彼を連れもどして、大きなアドバンテージを得た。
次は、内田にシャルケの試合に戻って来てほしいね。


・この動画を気に入った。
次はオーストリア人選手歴代ベスト10を作ってくれ。


・↑アラバが一位になる可能性が高いな。


・オランダ人選手トップ10の動画を作ってくれ!


・ブンデスリーガでプレーしたメキシコ人選手でトップ10を作るべき。


・ ソンフンミンはどこだ?
彼は韓国人だ。日本人ではない。


・ブンデスリーガでアジア人選手が上手くやっている様子を見るのは、凄く良いことだね。


・中国人選手は?


・ウッシー!


・みんなすごく可愛いよね。






・本田はどこだ?
彼はブンデスリーガでプレーしたことがないのか?


・↑ないよ。
彼はエールディビジのVVVでプレーした後、ロシアに渡った。


・↑そして今はミラン所属だ。


・本田圭佑がブンデスリーガでプレーしたら、どれくらいやれるんだろうか?


・本田はブンデスリーガに来る必要がある。


・どうして高原がいるんだ?
彼はドフリーで外すぞ。


・酒井が10位になるべきだよ。
3点しか奪えなかった選手よりも、定期的にプレーしている選手の方が良いだろ。
それと岡崎との連携を思い出してくれよ。


・ブンデスリーガは、日本人選手とにってとても良い場所だ。
柿谷にもブンデスリーガに来てもらいたい。
代表チームが良くなるといいな。
ワールドカップでは悲しくなったよ。





・香川真司と岡崎慎司は俺の大好きな選手だ。
俺は香川の方が上だと思う。


・↑だから昨晩、ドルトムントは岡崎の前に敗れ去ったのか。


・ドイツ人選手でトップ10動画を作ってくれ。


・↑(笑)

follow us in feedly