ererer
日本代表MF香川真司(ドルトムント)が試合後に脳震盪の症状を訴え、チームから離脱することが決まった。シンガポール遠征には帯同しない。  アギーレジャパン初出場となった香川は前半38分、あごを打ってタッチラインの外で治療を受けた。そのまま後半45分に途中交代するまでプレーを続け、試合直後にはテレビインタビューも受けたが、ロッカールームに戻ってから「頭が少しクラクラする」と訴えたという。  日本サッカー協会関係者によると、あごを打って口から出血していたというが、脳震盪と見られる症状があるため、スタジアムから病院に直行。精密検査を受けることになった。  香川はマンチェスター・ユナイテッド時代の8月26日に行われたキャピタル・ワン杯2回戦でも脳震盪で途中交代しており、「立て続けにあるのは良くない」(協会関係者)との判断からドクター、監督と話し合った結果、チームから離脱することが決まった。  日本代表チームは明日11日にシンガポールへ移動し、14日にブラジル代表と対戦するが、背番号10不在で臨むことになった。現時点で追加招集は決まっていない。(ゲキサカ)
海外の反応をまとめました。





・...なんてことだ。


・ちくしょうーーーーー!


・選手たちを代表に送るのを止めるべきだ。
酷い定番のギャグになりつつある。


・多くの代表の試合は、本当に役に立たない。
選手たちは代表の試合で怪我をして、クラブに返される。
クラブ側が治療費を払って、もちろん彼らを試合で欠く。
本当に嫌いだ。


・ドルトムントにとっては、この代表の試合による中断は恵みだよ。
負傷から復帰した選手たちのことを見てみろ。

ギュンドアンはゴールも

ボルシア・ドルトムントに所属するMFイルカイ・ギュンドアンとMFマルコ・ロイスが、10日に行われた練習試合に出場している。18日のブンデスリーガ第8節ケルン戦での、2人の戦列復帰が現実味を帯びてきた。
ドルトムントとボーフムのU-23チーム同士の練習試合。ギュンドアンとロイスは、MF丸岡満らU-23のメンバーとともに出場し、前半のみプレーしている。2ー0でドルトムントが勝利したこの試合で、ギュンドアンはチーム2点目となったループシュートを決めた。
ギュンドアンにとっては先月5日に行われた紅白戦に続き、昨年8月以来2回目の実戦。同選手は自身の『フェイスブック』で、「長い、長い時間が過ぎ、やっとまた45分間ピッチに立つことができた。ただのテストマッチだけど、素晴らしい気分」と喜んでいる。
この試合をユルゲン・クロップ監督とともに観戦していたミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)は、次のようにコメントした。ドイツ『ルールナハリヒテン』など複数メディアが伝えている。
「2人ともとても良い感じだった。特にイルカイに関しては、422日間も離脱していたことを考えるとなおさらだね。彼はボールをうまく扱っていた。しかし、45分のみ出場したテストだったから、オーバーに評価はしない方が良いだろう」
なお、20日のマインツ戦で負傷したMFヘンリク・ムヒタリャンも10日の午後、チーム練習に復帰したとのことだ。(goal.com)

・↑お前、文章を完結していないぞ。
「負傷から復帰した選手たちのことを見てみろ。代表の中断期間で負った負傷から復帰した。」


・↑(笑)






・みんな落ち着けよ。
彼はたぶんケルン戦ではプレーが出来るだろう。


・英語が分かる人の為に。
彼は軽い脳震盪を起こした。


・↑もし脳震盪を起こし続けているのなら、良い兆候ではない。
彼はユナイテッドから移籍してくる直前にも一度脳震盪を起こした。


・↑頭を打ち続けているだけかもよ。


・↑肘でな。
er







・脳震盪は恐ろしいけどね。


・↑ああ、すべてのスポーツで軽視され続けているよな。
悪い知らせだ。





・良い奴だ、シンジ。
ドルトムントにいるために、脳震盪のふりをした。


・↑ああ!それが事実だったらなぁ。


・脳震盪は深刻だ。
俺は8回脳震盪を起こしたことがある。
酷いことになるぞ。
そのうちの2回の脳震盪では、各脳震盪で2~3ヶ月を失った。
思い出せないし、多くのことに制限を受けた。
怖かったよ。
良くなってくれ、シンジ。

http://goo.gl/Zau7g8http://goo.gl/EazcBi
follow us in feedly