erere
大分トリニータU-18に所属するU-19日本代表MF坂井大将が英紙『ガーディアン』の「次世代の世界の若き才能40名」に選ばれた。坂井は、今夏にはブラジルW杯を戦った日本代表にサポートメンバーとして帯同。現在は、U-20杯ニュージーランド2015出場権の獲得をめざすU-19日本代表の一員として、AFC U-19選手権を戦っている。  英紙『ガーディアン』は、「次世代の世界の若き才能40名」という題で、1997年生まれの若手選手について特集。日本人選手では、坂井がただ一人だけ選出された。(ゲキサカ)
海外の反応をまとめました。



大分U-18に所属する坂井は2014年2月に2種登録され、7月13日に行われた天皇杯2回戦・ヴェルスパ大分戦で、公式戦デビュー。自ら得たPKを決めて、2-1の勝利に貢献すると、大分の公式戦史上最年少得点記録も樹立した。
 同紙には坂井についての評価も書かれており、「坂井大将は将来有望な日本の若きスターで、2013年U-17W杯で注目を集めると、A代表のアルベルト・ザッケローニ監督は、W杯前のアメリカ合宿へ坂井を帯同させ、練習にも参加させた」
「左右のサイドバックだけでなく、前のポジションをこなすことができ、優れたテクニックと休みなく走り続ける走力も兼ね備えている。彼の貪欲な姿勢は、J リーグの大分で早いうちに見せる日がくるだろう。その時、日本のファンは、坂井がどんなに良い選手なのかを見るチャンスを得るはずだ」と書かれている。(ゲキサカ)
Next Generation 2014: 40 of the best young talents in world football


・フットボールマネージャー2015の為に、保存した。


・2024年にこのスレを見て、この予想が如何に間違っていたか見るのが待ち遠しい。


・↑ハハハ。そうだね。
こういう予想を振り返るのは、いつでも面白い。
彼が如何に若いのか考えると、彼らがどうなるのか予想するのは、ほぼ不可能だ。


・↑2006年にデイリーメールが、2014年W杯のイングランド代表メンバーを予想したのを憶えているか?
彼らが予想した選手たちのうち、トップリーグでプレーしているのはベン・フォスターだけだと思う。


・他のこういったリスト同様に、5~10年経ってから読み返すと面白いだろうね。


・10年経ったら、リスト上の名前のうちの半分を笑い飛ばすことになると思う。
未来のイングランド代表みたいなもんだ。
メディアはこういうのに執着しているよな。


・ベトナム人とシンガポール人が載っていることが興味深い。


・へんぴな国の選手がリストに含まれていて嬉しい。
オーストラリアがサッカー大国になったら素晴らしいだろうな。






・GKというポジションについて聞いたことはあるか?


・アジアから5人で、アフリカからたったの1人?
ガーディアンのスカウトのネットワークには空白があるようだね。


・フレディ・アドゥーが、リストに入っていなくて驚いた。


・俺のトップリスト:フレディー・アドゥーとボージャン・クルキッチ。


・どうしてスコットランド人がいないの?


・フラムのパトリック・ロバートは、イギリスのメッシ。


・ パトリック・ロバートがリストに載っていなくてよかった。
彼の周りの熱狂も収まって、彼も自分を磨き続けられると思う。


・全員チェルシーに買われて、フィテッセにレンタルされるよ。





・エーデゴーアは、このリストに載るには若すぎるようだね。(笑)
ノルウェー代表のエーデゴーアが15歳でEURO予選最年少出場記録を樹立(海外の反応)


・↑素晴らしい。
98年生まれか。
俺は昨日のように感じる。


・↑ああ、98年W杯後に生まれたんだぞ。
どうかしているぜ。

http://goo.gl/nNE0Qrhttp://goo.gl/0F89sBhttp://goo.gl/kvCi03http://goo.gl/1hWYQs
follow us in feedly