weew
マンチェスター・Uの元監督であるデイヴィッド・モイーズ氏が、レアル・ソシエダの新指揮官に就任すると、スペイン紙『アス』が報じた。  レアル・ソシエダは、2日にハゴバ・アラサテ監督の解任を発表。新監督にはモイーズ氏の他、ベティスやウェスト・ブロムウィッチなどを率いた経験を持つペペ・メル氏などの就任が噂されていた。  同紙によれば、モイーズ氏とレアル・ソシエダの交渉は大筋で合意に達した模様。年俸は同クラブの指揮官として過去最高額のおよそ200万ユーロ(約2億8000万円)になると予想されており、9日に行われるリーガ・エスパニョーラ第11節のアトレティコ・マドリード戦後に就任が発表されると伝えられた。(サッカーキング)
海外の反応をまとめました。




・準備しておけよ、スペイン。
フェライニがやって来るぞ。


・↑う~ん、スペインの選手たちは、彼が顔にひじ鉄を喰らわすには小さすぎると思う。


・記録が破られることを準備しておけよな!ソシエダ!


・↑ソシエダが82年以来のリーグ優勝をする!


・ファンハールがソシエダに行くことになるの?


・ソシエダのプレースタイルは、モイーズのサッカーとは真逆だ。
どちらにとっても、全く意味の分からない決定だと思う。


・トゥヘルを監督にしてくれた方が、よほど面白くなるのに。


・どうなるか見ものだな。
彼が良くやってくれることを望む。
もしかしたら、彼の戦術はスペインで上手く行くかもよ。


・ソシエダの状況は?


・↑19位だ。
1勝6敗3分。


・↑酷いな。


・彼はスペイン語を話すのか?


・グッドラック、デビッド。
より多くのイギリス人監督に、プレミアから出ていくだけの勇気があったら良いのに。







・どうやらみんな、モイーズがエバートンで如何に成功していたかを忘れているようだ。
だから彼はマンUで仕事をすることが出来たんだぞ。
チームに適しているかどうかのコメントは控えるが、彼が新しい仕事に就けてうれしく思うよ。
スペインでの成功を祈る。


・↑サッカーファンたちの記憶力は、悪名高くて有名なほどに短い。


・彼は何も勝ち取っていない。
どうして成功したと言えるんだ?


・彼は見苦しくない仕事をしてくれると思う。
是非アストンヴィラに欲しいと思った。
冗談はさておき、ソシエダを良くしてくれると思う。


・どんな監督でもファーガソンの後を引き継いだら失敗すると思う。
もし2年続けていたら、違っていたと思う。


・彼のことを欲しがるプレミアのチームはいないのか?
エバートンでの彼は良かったのに。


・ニューキャッスル入りの噂はどうなったの?





・幸運を。
でもロングボール一辺倒のメンタリティーは捨てないといけないかもね。


・↑そんなことはない。
ロングボールを蹴るチームは、2チーム以上いないリーグでは、とても効果的かもしれない。
アトレティコは、モイーズに馴染のあるセットプレーとクロスで成功したからな。


・やっとフェライニの買い手が見つかった。


・安らかに眠れ、ソシエダ。

http://goo.gl/pjjaiGhttp://goo.gl/fY1e9Whttp://goo.gl/68hYYkhttp://goo.gl/vGcQQ0
follow us in feedly