tte
イタリアのセリエA第15節の2試合が15日に行われ、日本代表DF長友佑都(28)の所属するインテル・ミラノはアウェーでキエーボと対戦し、2―0で勝利。リーグ戦6試合ぶりの白星を挙げた。長友は左サイドバックで先発し、後半途中から右に回ってフル出場を果たした。  インテルは前半19分、長友が左サイドからクロスを上げると、ファーサイドでイカルディが落とし、こぼれ球をコバチッチが蹴り込んで先制。後半10分にはダンブロージオのクロスからラノッキアが左足で追加点を決めた。  長友は左クロスで前半の先制点の起点となると、後半開始直後にはペナルティーエリア手前でボールを受け反転して左足でシュート。惜しくもゴール右に外れたが、その後も豊富な運動量で積極的に攻撃に絡み、マンチーニ監督のリーグ戦初勝利に貢献した。(ゲキサカ)
海外の反応をまとめました。




・それで、マンチーニは今のところどうなの?
マッツァーリの時と比べて、何か目に付くような変化があった?


・↑攻撃のチャンスが増えた。
いまだに俺たちのクロスは酷いけどね。


・どうしてドドではなく長友なんだ?


・オスヴァルドではなく、いつもパラシオが先発することが信じられない。


・インテルの守備は酷いな。


・ハンダノヴィッチが、何とかしてインテルをまともなチームに保っている。


・クズマノヴィッチのプレーをたくさん見たことはないが、見るたびに彼は良い影響を与えているように見える。


・↑彼は何でもそつなくこなすが、すごくはない。


・仕事で試合を見れないんだけど、グアリンはどう?


・↑典型的なグアリンのプレーをしている。
良い走りをするけれど、何にもつながらない。
40メートルの距離から1度シュートを打った。
そして馬鹿みたいなファウルを何度かした。


・グアリンは、本当に酷い。
この冬にチームから放出してほしい。


・ゴール!コバチッチ!


・ゴールが生まれそうな時間帯だった。


・今のところ、中盤のトリオは酷いな。


・キエーボのカウンターは、本当に鋭い。






・長友に代わってドドが見れるかな?


・この審判酷過ぎるな。


・キエーボの選手たちは、全員がダイバー。


・ダイバーだらけだ。
長友が寄せただけで、撃たれたかのようにダイブする。


・審判はレッドカードを無くしたのか?


・ラノッキア!ゴール!


・ハハ、ラノッキアはセカンドトップなのか?


・カウンターの際に、グアリンにボールを渡しては駄目だ。


・ マキシ・ロペスが出て来る。
ワンダ・ナラ・ダービー!
サンプFWロペス、試合前に前妻の浮気相手イカルディとの握手を拒否(海外の反応)


・右サイドバックの長友は、単純に酷い。


・良い試合だった。
でも怖い場面が何度かあった。


・ようやく勝った。
勝つってこんな気分なんだね。


http://goo.gl/WOfZEjhttp://goo.gl/YBrvvd
follow us in feedly