tttt
現役最年長Jリーガーの三浦知良(47)=横浜FC=が23日、来季の現役続行とクラブ残留の意向を示した。契約延長の打診を受けていることを明かし「オファーをくれるのもありがたい。自分で勝手に出ていくわけにはいかない。クラブに対して立場とか責任がある」と語った。  今後クラブと本格交渉に入る。契約を更新すれば横浜FCで11季目となり、プロ生活30年目のシーズンを48歳で迎える。  三浦は10月に自らが持つ最年長出場記録を47歳7カ月23日に更新した。今季はけがで出遅れ、途中出場2試合、プレー時間は計4分にとどまった。「プロとしては失格」と不本意なシーズンを振り返る一方で「10、11月に全てがフィットして調子が良くなってきた。その実感を次につなげたい」と来季へ意気込んだ。〔共同〕
海外の反応をまとめました。




・あの年齢でプロのサッカーをするなんて、体に堪えるに違いない。


・子供の頃、彼がセリエAでプレーしていたのを憶えている。
ガスコインとプラットがプレーしていた時代だ。
彼がいまだにプレーしているなんて信じられん。


・シドニーFCでプレーしていた時の彼を見た。
38歳にしては、驚くほど良い選手だった。
彼がプレーした時には、スタジアムにアジアの人がたくさんいたよ。
たしか、俺たちの為に4試合出場して2得点したと思う。


・伝説的だよな。
彼の最後の試合は、とても感傷的なものになるだろう。


・どうして彼が48歳でいまだに現役を続けているの?
この競技への情熱?
それともお金が絡んでいるの?


・↑どうして駄目なんだ?
たとえ48歳でも、まだプレー出来るなら、どうしてプレーしない?


・↑単にサッカーをするのが好きなんだと確信している。






・成り行きを見守れ。
次のチェルシーが契約する選手は彼だ。
パスポートには23歳と書いてある。


・↑彼が点を取ってくれるなら構わないよ。


・寿司を食べると、70歳まで体型を維持できるんだよ。
リバプールは彼を獲得しろよ。


・ファルカオよりも上。


・日本のスタンリー・マシューズだな。
サー・スタンリー・マシューズ, CBE(Sir Stanley Matthews CBE, 1915年2月1日 - 2000年2月23日)はイングランド出身のサッカー選手。ポジションはフォワード。

イングランド・サッカー史上に残るウイングの名選手。「ドリブルの魔術師」の異名を持ち、彼が得意としたフェイントは『マシューズ』と呼ばれ、現在もドリブルの基本技の一つとして受け継がれている。

1956年には最初のバロンドール(欧州年間最優秀選手)受賞者となり、1965年にはサッカー選手としては初めてナイトの称号『サー』を授かる。現役中にこの栄誉に浴したのは2013年現在もマシューズのみである。

喫煙、飲酒を控えるのはもちろん、菜食を心がけ、毎朝6時に起床するなど徹底的な体調管理によって、17歳でのプロデビューから50歳まで一線でプレーした。一部リーグおよび代表選手としての最年長出場記録も保持している。また、33年間の現役生活で一度も警告を受けたことがないという生粋のフェアプレイヤーであった。

ペレからは「全サッカー選手の模範となる名選手」、フランツ・ベッケンバウアーからは「誰にも止めることができない男」と評されている。(ウィキペディア)


・キングカズに敬礼!




日本サッカーの伝説KING KAZUが46歳8カ月でゴールを決めたぞ(海外の反応)

実力があるのにワールドカップでプレーしたことのない選手って誰がいる?(海外の反応)

中日の山本昌が49歳で日本人最年長勝利(海外の反応)


41歳の葛西紀明がソチ五輪ラージヒルで銀メダル獲得(海外の反応)
follow us in feedly