gb
ボルシア・ドルトムントのハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOは、「ユルゲン・クロップ監督を解任することはない」と話している。ドイツ『シュポルトビルト』のインタビューで、クラブの指揮官に対する信頼を改めて強調した。(以下略 goal.com)
海外の反応をまとめました。




・だから何だ?
状況が良くならなければ、クロップ自ら退くだろう。


・たいていの場合、こういう発言は、一週間以内に解任するということを意味する。


・つまり、お互いに合意の上で、彼が去るということだろう。
(状況が改善されなければね。)


・俺もこういう雇用保障を得られるかな?


・↑もし最高の仕事をしているのなら、君は安全だ。


・↑彼は最高の監督ではないが、良い監督だ。
それとどれくらい良いかなんて関係ない。
誰でも代えがきく。


ドルトムントにファンに聞きたい。
もしCLで優勝出来るのなら、降格しても構わないか?


・↑降格は嫌だが、CLで優勝出来るのなら埋め合わせになる。





・クロップを解任するかどうかの話じゃないんだ。
誰もそんなことを期待していない。
「みんな、クロップが我々には変化が必要だ。
でも私はもう遠慮しておくよ。」と言うかが問題なんだ。


・クロップは何とかするだろうし、ELに出場できると思うぞ。


・↑もしかしたらELには出れるかもね。
でもCL圏内は遥か先だ。


・↑すべては状況次第だ。
ブンデスリーガのチームは、出来る限り勝ち点を失おうとするからね。


・エバートンファンとしては、クラブとファンがふさわしい監督を堅持する様子を見ることは新鮮だよ。
あまり多くのクラブが、早まった決断を下す。


・だからといって、彼が止めないというわけではない。





・ドルトムントのようにしっかりしたクラブを、どうやったら愛さずにいられる?


・↑シャルケファンなら、彼らのことは愛さない。


・ドルトムントは、トッププレーヤーたちを残留させることを気にした方がいい。

http://goo.gl/FcBIjHhttp://goo.gl/MYMJpwhttp://goo.gl/ZUuN0k