hf
海外の反応をまとめました。






・俺たちは一体何をしているのだろう?


・大混乱!


・↑カオスの要因だ。


・ボールが見えないように、壁を2つ並べたのか?


・↑壁が2枚必要なのか?奇妙だ。


・↑相手の壁を混乱させて、壁が分散するのを狙っていたのだろう。


・GKには、十分見えていたようだ。
壁の位置を間違えたんじゃないか?


・我々は、攻撃の際も守備の際も、セットプレーに関してセリエAで最悪なチームかもしれない。
この夏、セットプレーの魔術師契約したのではなかったのか?
日本代表MF本田圭佑が所属するミランが、新監督に就任したフィリッポ・インザーギ氏による新体制のテクニカル・スタッフを、12日に発表した。
 クラレンス・セードルフ前監督の後任となったインザーギ新監督を支えるのは、マウロ・タソッティ氏。54歳のタソッティ氏は、2001年からミランの副監督を務めており、インザーギ政権下でもナンバー2として新監督をサポートすることになったようだ。
 そして、今回の新体制で注目すべきは、『セットプレーの魔術師』と称されるジョヴァンニ・ヴィオ氏の就任である。ヴィオ氏は、セットプレー専門コーチとして、フィオレンティーナで務めてきたが、契約満了に伴いインザーギ体制のミラン・スタッフに迎えられた。
 インザーギ新監督は、コーチング・ライセンス1級を取得する際に、ヴィオ氏の講義を受け、大きな影響を受けたと見られている。
 ミランは今シーズン、セットプレーから多くの失点を喫しており、弱点の改善を図るとともに、セットプレーでの得点力アップに期待が掛かる。(サッカーキング)

・本田はFKが得意なんだろ?


・↑現在、アジアカップでチームから離れている。
それに彼は、時々は脅威であることを見せてくれるが、継続性があるわけではない。





・アタランタの壁の横に、壁をならべて、GKがどこからボールが飛んでくるのか予測できないようにしたんだろ。


・↑GKだけじゃない。
ミランの選手たちにも見当はついていない。


・だから俺たちは勝てないんだな。


・ほぼ成功した。


・↑ほぼ勝ちかけた。


・↑そうするには、あと2点必要だった。


・ホームでアタランタ相手にこんな茶番をするなんて。
頼むぜ。


・↑この試合での主な問題は、間違いなくこれではない。


・インザーギの戦術™。

http://goo.gl/Zj6xUs
follow us in feedly