a
【1月19日 AFP】第16回アジアカップ(2015 AFC Asian Cup)を主催するアジアサッカー連盟(AFC)が、開催国オーストラリアと前回王者の日本が対戦する可能性が高い準決勝の会場であるニューカッスル・スタジアム(Newcastle Stadium)の収容人数を、増やそうと検討していることが分かった。
海外の反応をまとめました。


ハンター・スタジアム(Hunter Stadium)の別名を持つ同スタジアムは、収容人数2万3000人と5つの試合会場の中で最も小さい。オーストラリア・Aリーグのニューカッスル・ジェッツ(Newcastle Jets)の本拠地である同スタジアムは実際には3万3000人を収容できるが、AFCはゴール裏の立ち見席のチケット販売を禁止していた。

 しかし、前回大会決勝の再戦となる試合が開催される可能性がでできたことで、AFCは立ち見の芝生席をサポーターに解放するよう迫られている。

 AFCの広報担当は電子メールで、「準決勝については、ゴール裏芝生席の収容人数増加を地元の組織委員会から正式に要請された。この件は慎重に協議され、近く判断が下る」とAFPに答えた。

 開催競技場を大きなスタジアムに移す選択肢もあるが、物理的な問題や、すでにこの試合のチケットを手にしている数千人のサポーターに迷惑がかかることになる。

 大会の行われるスタジアムでは、8万3500人を収容するシドニー(Sydney)のスタジアム・オーストラリア(Stadium Australia)が最大で、ピッチ状態が選手やコーチから酷評されているブリスベーン(Brisbane)のスタジアムが5万2500人収容、メルボルン(Melbourne)のスタジアムが3万人収容、キャンベラ(Canberra)のスタジアムが2万5000人収容となっている。

 オーストラリアは22日にブリスベーンで行われる準々決勝で中国と4強入りをかけて対戦する。日本はグループDを首位で通過するとみられており、準決勝ではオーストラリアとの対戦が見込まれている。(c)AFP


ff


・どうやら大会組織委員会は、オーストラリアがトップ通過すると賭けていたみたいだな。


・決勝トーナメントに入る前は、どの試合を開催するにも十分だったことが面白い。
でも準決勝となると、スタジアムは開催には不十分だ。
スタジアムではなく、組織委員会を批判しろ。


・どうしてニューキャッスルで、準決勝を開催するんだ?
誰が計画したんだ?
もし日本とオーストラリアが対戦するのなら、もっと大きなスタジアムで開催するべきだろ。
ニューキャッスルで準決勝を開催しようと思った素人は、クビになるべきだね。
信じられないよ。


・こんなの狂っているよ。
日本対オーストラリアの試合なら、スタジアム・オーストラリアの83,000の観客席が埋まるはずだ。


・政府が資金を出して、スタジアムに席を設置するべきだ。
今は21世紀だぞ。


・芝生席のチケットを売ることができないのが、馬鹿げている。
観客数を3万3千人から2万3千人に減らせば、貧相に見えるし、スタジアムの雰囲気も凄味が減るだろう。


・↑別に馬鹿げていることではない。
どの主要大会でも、立見席無しが標準となっている。
そもそも収容人数が2万3千人のニューキャッスルで、準決勝を開催すること自体が馬鹿げている。





・みんな!心配するなよ!
準決勝で日本と対決するのは、中国だからな。


・準決勝のことを心配するのは、やめようぜ。
俺たちは、準々決勝のことを心配するべきだ。
まるで俺たちは、中国が俺たちに挑戦出来ないと思っているかのようだ。


・↑君たちが、中国相手に苦戦することは無いと思うぞ。
チームは自己満足の姿勢でプレーしてはいけないが、ファンは自信を持っていい。


・準決勝で芝生席に仮の座席を設置する話し合いが持たれているようだが、実現してほしいね。


・組織委員会は、韓国のいる組でオーストラリアが2位になることは予想していなかったのか?
正気なのか?


・準決勝で日本と対戦するのが、中国になったらどうするの?



http://goo.gl/lxzQwQhttp://goo.gl/FkCmduhttp://goo.gl/gGlZW9http://goo.gl/gcvmm1
follow us in feedly