ssd
レアル・マドリーは、ストレームスゴトセトのノルウェー代表MFマルティン・エーデゴーアを確保したのかもしれない。スペイン『マルカ』やノルウェーメディアが報じている。
 ノルウェー『Drammens Tidende』は表紙に「アディアス、マルティン!」と見出しを打ち、エーデゴーアのマドリー移籍が決定的になったことを報じた。ノルウェーメディアで は、19日にコペンハーゲンでマドリーとストレームスゴトセトの両首脳陣が話し合いの場を設け、移籍金200万ユーロに目標達成のボーナス200万を加え た額(合計400万ユーロ程度)で合意に達したと伝えられている。
 エーデゴーアは、マドリーと6年契約を結ぶ模様だ。また、父親の要望で同選手はトップチームで練習をしながらマドリー・カスティージャ(Bチーム)で出 場機会を積むことになりそうだ。さらに、マドリー側は父親に下部組織の仕事を与え、同選手と一緒に滞在することを許可しているとされる。
 昨年8月にフル代表デビューを果たしたノルウェーの新星に対しては、バルセロナやバイエルン、リバプール、アヤックスなど複数クラブが獲得に関心を示していた。(goal.com)
海外の反応をまとめました。



・ようやく争奪戦が終わって良かった。(マンUファン)


・この子供は騒がれ過ぎだ。
彼について聞くことをもうウンザリしている。


・文字通り、他のクラブに行くことを望んでいたのに。


・↑どうして?


・↑レアルマドリード以上に、俺が嫌いなクラブは存在しない。
彼が成長する姿を凄く楽しみにしていた。
それに若い才能にとって、レアルは最高の場所とは言えない。


・↑心配するなよ。
数年したら、彼はバレンシアで大活躍するから。


・↑ありえない。
ヘタフェで活躍する。


・アドゥみたいにならないでほしい。
メッシ以降、16歳の選手がトップレベルに到達したのを見たことが無い。
14歳でプロデビューしたアドゥが再び無所属に(海外の反応)


・彼にとっては、アヤックスが最高の場所だと思ったのに。


・なんて変な名前なんだ。





・やっと終わったか。
この子供が、おそらく現在世界最高のクラブを選んだことが信じられないよ。
期待されているように彼が成長するのか見てみよう。


・真面目な話、俺があの年だったら、この重圧に耐えることは出来ないと思う。


・レアルに行くことを選んだ彼を責めることは出来ない。
カスティージャ(レアルのBチーム)でプレーすれば、出場機会は得られる。
アヤックスよりも良い選択だと思う。


・なんてこった。
彼は1998年生まれなのか。
自分のことを凄く年寄りに感じてきた。


・彼が大物になることを望むよ。
彼はロナウドやベイル、クロース・モドリッチ・イスコ・ハメスといったワールドクラスのMFたちとトレーニングをして、学ぶことが出来る。
あの年齢で、凄い経験が積める。


・グッドラック。
ようやくチームを選べたことを嬉しく思っているだろうね。





・彼のプレーを見たことが無い人の為に。
http://goo.gl/2QFlty http://goo.gl/nyFG8F http://goo.gl/n1Ylsk
ノルウェー代表のエーデゴーアが15歳でEURO予選最年少出場記録を樹立(海外の反応)
follow us in feedly