gfgf
日本協会が次期日本代表の最有力候補に挙げる元デンマーク代表のミカエル・ラウドルップ氏(50=カタール1部ラフウィヤ監督)の招へいに横やりが入った。 11日付の英各紙が、ラウドルップ氏がプレミアリーグのクイーンズパーク・レンジャーズ(QPR)の新監督の有力候補に浮上していると報道。ラウドルップ 氏本人は日本代表監督に前向きな姿勢を示しているが、予断を許さない状況となってきた。(スポニチ)
海外の反応をまとめました。


思わぬ横やりだ。11日付 の複数の英紙が次期日本代表監督の有力候補に挙がるラウドルップ氏がQPR新監督の本命に急浮上したと報道。デーリーメールは「合意間近」とまで踏み込ん だ記事を掲載した。日本協会は八百長疑惑の告発受理でアギーレ前監督を解任。国際Aマッチ104試合37得点を誇るデンマークの英雄を本命に水面下で後任 の人選を進めてきた。

 今季イングランドのプレミアリーグ17位で残留争い渦中のQPRは3日にレドナップ監督が膝の手術で電撃辞任。 トットナム元監督のシャーウッド氏が有力候補に挙がっていたが、オーナーのフェルナンデス氏がツイッターで「交渉はまだ終わってないが、夢のような指揮官 を手に入れた。シャーウッドの報道は全て間違い」とコメントしたことで急展開を迎えた。一部ブックメーカーでもQPR次期監督の予想オッズでラウドルップ 氏が倍率40倍から3倍となって本命に急浮上。一方のシャーウッド氏は、1・3倍から7倍となった。
 
 日本協会は3月27日の親善試合 チュニジア戦(大分)までの新監督決定を目指し、J1が開幕する3月7日から新監督が視察を行うことを理想に掲げる。現在は霜田技術委員長が日本を離れて 情報を収集中。正式オファーの準備を進めている。関係者によると、ラウドルップ氏はラフウィヤとの契約を6月まで残すが、日本代表監督就任に前向きな姿勢 で、ラフウィヤに対する違約金が交渉の争点になる見通しだ。

 11日付のロンドン・イブニング・スタンダード紙はラウドルップ氏の代理人 を務めるツツムル氏の談話を掲載。指揮官が現職を離れる可能性について「ラフウィヤの会長とオーナーはとても満足しているし、彼を手放すとは思えない」と した一方で「適切なタイミングで適切なプロジェクトなら、ないとはいえない」との見解を示した。日本協会のラウドルップ氏招へいはラフウィヤ、QPRとの “綱引き”に発展する様相を呈してきた。 [ 2015年2月12日 06:00 スポニチ]



・ラウドルップが、QPRを選ぶ理由が分からないよ。
毒の入った杯だよ。


・ラウドルップは、シャーウッドをアップグレードしたような監督だ。


・もし事実なら素晴らしい。
どの監督でも、シャーウッドよりは素晴らしい選択肢だけどね。


・QPRにとっては、素晴らしい話だ。


・ラウドルップは、良い選択肢だ。
彼が去ってから、スウォンジーは変わった。


・彼の態度が変わることを望む。
敗戦後に練習に姿を現さずに、休暇に行くのが好きだ。


・彼は降格争いを戦ったことは無い。
楽な生活を選ぶし、自分のエゴを上手く扱えない。


・ラウドルップには戦いの準備は出来ていない。
それから、彼の代理人に気を付けろ。


・どうしてラウドルップが、チャンピオンシップのチームの指揮をを執りたがるんだ?





以下はQPRファンの反応


・以前スウォンジーで監督を務めていた。
今は何をしているんだ?
良い後釜だと思う。


・彼は昨年の夏、サウジかカタール方面に向かった。


・彼は間違いなくスウォンジーで良くやったよ。
挑戦的な選択だ。
もしかしたら、間違いなく我々に必要な監督かもしれない。


・是非頼む。


・どうしてスウォンジーが、彼をクビにしたのか調べてくれよ。
俺の応援するクラブには近づいて欲しくない。


・明らかに、選手たちが彼のことを嫌っていた。



・事実なら嬉しいよ。
彼以上の監督が、うちに来るはずがない。



俺たちの監督としては、理想的に思える。


・俺たちの選手たちが、
彼のスタイルに合っているか確信が持てない。


http://goo.gl/P82Y5Nhttp://goo.gl/JQnUxzhttp://goo.gl/deLuWahttp://goo.gl/7Ch5N1http://goo.gl/UHebm8
follow us in feedly