jj
アーセナルのアーセン・ベンゲル監督が、ロングボールを多用する戦術で批判を受けているマンチェスター・ユナイテッド(マンU)のルイス・ファン・ハール監督を擁護したと、「ESPN」が報じている。
 オランダ人指揮官は就任後、チームをUEFAチャンピオンズリーグ進出圏内へと導いているが、その戦術にはサポーターや、元イングランド代表ポール・ス コールズ氏ら有力OBからも多くの批判を浴びてきた。地元メディアも「ロングボール・ユナイテッド」と報じ、放り込みサッカーをやゆしてきたが、ライバル クラブの名将が助け舟を出した。(Soccer Magazine ZONE web 2月15日(日)16時44分配信)
海外の反応をまとめました。



「ファン・ハールは 自己弁護をする必要はない。選手には知性がある。チームは自然と長所を押し出すものだ。賢いチームならストロングポイントからいかに相手のスキに漬け込む かを分かっている。ファン・ハールは選手にもっと長いボールを蹴れとは指示していないと思う。フェライニがピッチにいるのなら、最終ラインの選手は“フェ ライニに蹴れば、ファン・ペルシーかルーニーがゴールを決めてくれるだろう”と考える。それが自然じゃないか」

 ベンゲル監督は、ヘディングにめっぽう強いベルギー代表MFマルアン・フェライニがピッチにいれば、周囲が自然とロングボールを選択してもおかしくないと語った。それは、アーセナルでも同じだというのだ。

「もしもチームにジルーがいれば、他の選手はロングボ ールやクロスを増やそうとすぐに考える。もしもジルーが競り勝てば、セカンドボールを手にすることができる」

 こちらも高さを強みにしているフランス代表FWオリビエ・ジルーがいれば、連動性に優れたアーセナルといえど、クロスやロングボールの回数は自然と増えるものだと主張する。

「私は我々の選手に最もあった戦術を選んでいる。ビッグクラブにはチャレンジする理由や、勝つためのスタイルというものが存在するが、第一は試合に勝つ 事。もしも、残り5分リードされていたら、ショートパスでの崩しがいつものように好まれるわけではない。マンUはウェストハム戦でロングボールが多かった が、それは同点に追いつこうとしたまで。完全に合点がいく」

 かつてタイトル争いを展開 した宿敵に対する助け舟に大きな波紋が広がっているが、フランス人指揮官によるロングボールの必然性は実に理路整然としていた。
(Soccer Magazine ZONE web 2月15日(日)16時44分配信)


・そしてアーセナルは、4位になる。


・まるでマンUファン以外のすべての人たちが、理解しているようだね。


・ファンハールには、マンUを率いるのに十分なアイデアがない。
グアルディオラを連れて来い。


・もちろんベンゲルは、ファンハールを擁護する。
両者とも酷い監督だからね。


・ベンゲルは、おしゃべりになったね。


・ベンゲルは、自分のことを擁護したいんだよ。


・強くて背の高い選手がいる場合、試合に勝つために最後の数分間にロングボールを放り込むことは、論理的だと思う。


・だからベンゲルのことが好きなんだよ。


・結果が出ていないのなら、監督は自分の戦術を自己弁護するべきじゃない。





・「結果が第一。スタイルは二の次。」
↑そうだね、ミスターベンゲル。


・ここ数年、ベンゲルが結果よりも自分のスタイルを優先していることを考えると、とても皮肉だと思う。


・10年間タイトルを手にしていない男が言うと皮肉だよね。


・ベンゲルは失敗のスペシャリストだから、そんなことを言うんだ。


・これは単なる宣伝だと知っているが、ベンゲルのことは常に尊敬している。


http://goo.gl/MswqAchttp://goo.gl/hZWlVyhttp://goo.gl/Q5HdSxhttp://goo.gl/xv9tjQhttp://goo.gl/nrfLf5
follow us in feedly