dffdfff
ブンデスリーガ第25節で、マインツFW岡崎慎司が今季10点目を決めた。このゴールなどで、マインツは2-0と勝利している。
マインツはアウクスブルクとのアウェー戦に臨み、岡崎は先発でピッチに立った。チャンスがやって来たのは、一度好機を逃した直後、32分のことだった。
ボールを奪ったマインツは、素早く攻撃に移る。左サイドで縦に早く展開してボックス内へとボールを送る。そこに走り込んでいたのが岡崎。1トラップから右足を振るい、角度の小さいところから決めた。岡崎にとって、2シーズン連続の2ケタ得点となった。 
試合はその後、スコアが動かないまま進む。それでも終了間際の89分、前半のうちに交代出場していたマインツFWク・ジャチョルが追加点を決める。
岡崎はフル出場。マインツの2-0の勝利に大きく貢献した。(goal.com)
海外の反応をまとめました。



動画


・チームアニメがまたやってくれた!


・韓国と日本の和平。


・本当に素晴らしいゴールだ。


・貧相なリーグだな。
0:23秒のディフェンスは一体何だ?


・↑相手はアウクスブルクだぞ。
何を期待しているんだ?



・↑他のリーグでも起きることだろ。


・↑あんなのは稀だよ。
アーセナルが優勝トロフィーを獲得するのと同じくらい稀。


・↑あのゴールは、90分に決まった。
もはや選手たちは、気にしなかったのだろう。





・アンチアウクスブルクのアジア人たち?


・ちょっとレイシストかな?


・↑どうしてアジアから来た人たちをアジア人と呼ぶことがレイシストなんだ?
最近の人たちは、ポリティカル・コレクトネスを別次元にまで引き上げているな。

ポリティカル・コレクトネス(英: political correctness、略称:PC)とは、言葉や用語に社会的な差別・偏見が含まれていない公平さのこと。職業・性別・文化・人種・民族・宗教・ハンディキャップ・年齢・婚姻状況などに基づく差別・偏見を防ぐ目的の表現、およびその概念を指す。(ウィキペディア)


・「ブラジリアンパワー!」、「オーストラリアンパワー!」「アメリカンパワー!」と呼ぶのと同じことだろ。
近頃の奴らは、みんな敏感すぎる。


・アジア人選手がヨーロッパのリーグを席巻している!


・弾丸のようなゴールだった。