y
[4.18 プレミアリーグ第33節 ストーク・シティ2-1サウサンプトン]
 プレミアリーグは18日、各地で第33節を行い、日本代表DF吉田麻也を擁するサウサンプトンはアウェーでストーク・シティと対戦。吉田はフル出場したが、サウサンプトンは1-2で敗れている。(ゲキサカ)
海外の反応をまとめました。



・勝つことがどういったことなのか、ほぼ忘れかけるところだった。
ここ5試合で初の勝利だ。(ストークファン)


・ありがとう、ストーク。(スパーズファン)


・↑正直、俺はストークを応援していた。
もし我々がトップ4に入れないのなら、シティ・ユナイテッド・リバプールよりもサウサンプトンに入ってもらいたい。(スパーズファン)


・ロスタイムが9分もあったのか?


・↑アルデルヴァイレルトがロスタイムに負傷した。
治療を受けて、担架でピッチ外に運び出された。


アルデルヴァイレルトが無事だと良いのだが。
酷そうだった。


・負けた上に怪我人まで。
ふざけるな、ストーク!


・サウサンプトンには、少なくともELに出場してほしい。


・ チャーリー・アダムは、リバプールのトップ4入りに貢献し続けているような気がする。


・サウサンプトンは、もっと頑張るべきだったね。
シティは射程圏内なのに。


・どうして俺たちのサッカーは、こんなに酷いのだろうか?


・マネは、オンサイドだった。
ショウクロスは、オフサイドだった。
2つの誤審が、試合を決定付けた。


・↑誤審かもしれないが、際どかった。
どちらも責めることは出来ない。





・一言「腹立たしい。」


・審判が酷かったよ。


・マネのオフサイドが、ターニングポイントだったね。


・どうしてこの試合を落としたのか理解できない。
後半は試合を支配していた。
同点後は特にね。


・ストークがイエローカードを貰わずに済んだことに驚いている。
奇妙だ。


・アダムがゴールを決める前に、クラウチはオフサイドだったと思う。


・かなりガッカリしたよ。
全体的に酷いパフォーマンスで、流動性がなかった。


・サウサンプトンの怒るニワカファンの多さが面白い。


・↑来シーズン、俺たちはどのチームを応援すれば良いのだ?


・クーマンが酷い試合を見せた。
試合後にどんなコメントをするのだろうか?
かなりイライラしていた。

http://goo.gl/6pkDeEhttp://goo.gl/dBzpGahttp://goo.gl/zFUSZB
follow us in feedly