errr
ブンデスリーガ第30節が25日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは、同代表のMF長谷部誠とMF乾貴士が所属するフランクフルトと対戦した。
 ドルトムントは、ガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンのゴールで先制する。1点リードで迎えた32分、オーバメヤンからの折り返しに、エリア内中央に走り込んでいた香川がフリーで合わせて、ゴールネットを揺らした。試合はそのまま終了し、ドルトムントが2-0で勝利。リーグ戦2連勝を飾っている。
 ドイツ紙『ビルト』は同試合の採点(最高点1、最低点6)を掲載。2試合連続ゴールを決めた香川に「2」の高得点つけた。(サッカーキング)
海外の反応をまとめました。


動画


・シンジ


・幸せそうな彼を見ると嬉しくなるよ。
君の成功を祈る、シンジ。(マンUファン)


・今でも香川のことを愛している。マンUファンより。


・↑彼の才能を無駄遣いしてくれてありがとう。


・↑モイーズを非難しろよ。
奴は香川の才能を信用しなかった。
我々にとっても昨季は大きな災難だった。


・#BlameMoyes(#モイーズを非難しろ)





・悲しいことに、ドゥルムのセクシーなパスが含まれていない。


・でも俺たちの守備・・・。(フランクフルトファン)


・ロッベンのゴールの方が、10倍凄かったろ。


・ちょっと聞いてもいいか?
どうしてこのゴールが、公式動画で取り上げられるの?


・↑日本/アジアの視聴者+ドルトムントファン=多くの視聴者


・今季の前半戦、彼らがこんな風にプレーしてくれていたらなぁ。


・↑今季の初めに、クロップとお別れすることを発表するべきだったな。


http://goo.gl/sNeDkmhttp://goo.gl/tkZD4o