fggf
ビッグクラブにおけるスター選手たちの共存は困難なものとされるが、バルセロナのFWリオネル・メッシ、FWネイマールには当てはまらないようだ。
2日にリーガエスパニョーラ第35節、敵地ヌエボ・アルカンヘルでのコルドバ戦で8-0の大勝を飾ったバルセロナだが、アルゼンチン代表とブラジル代表のスター2人は、その試合で互いを気遣う振る舞いを見せている。(goal.com)
海外の反応をまとめました。


最 初に気遣いを見せたのはネイマールだった。5-0で勝利していた80分、ペナルティーエリア内でこぼれたボールにメッシとネイマールがフリーで詰めると、 ネイマールはメッシがレアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドと得点王争いを演じていることを意識してか、先輩にゴールを譲った。
ネ イマールの粋な計らいで、この試合2点目を決めたメッシは、83分にお返し。ネイマールがDFアドリアーノ・グニーノに倒されてPKを獲得すると、第一 キッカーのメッシはネイマールにPKを譲った。ネイマールはGKフアン・カルロスの逆を突くシュートを沈め、その役目をしっかりと果たしている。
このコルドバ戦でリーガ得点数を40に伸ばしたメッシは、C・ロナウドを一時的に1得点上回ることに成功。しかしながら、その後に行われたセビージャ対レアル・マドリー(2-3)で、C・ロナウドはハットトリックを達成して得点数を42に伸ばし、メッシを抜き返している。
C・ ロナウドに2点差をつけられたメッシだが、スペインメディアはネイマールとの譲り合いを好意的に受け止めている様子。バルセロナ寄りとして知られるスポー ツ新聞『スポルト』は、両者の気遣いをリーガ第34節レアル・マドリー対アルメリア(3-0)で起こったことと比較している。その試合ではDFアルバロ・ アルベロアが真後ろにいたC・ロナウドに先んじてゴールを決め、C・ロナウドがボールを蹴り上げるなど憤りを露わにしていた。(goal.com)
動画



・あれはネイマールが決めるべきだった。


・もしロナウドが同じことをしたら、人々は彼のことを傲慢と呼ぶ。
違いを見てくれ。


・それなのに人々はロナウドのことを自分勝手と呼ぶ。


・↑メッシはネイマールにPKを譲ったじゃないか。


・別にネイマールからゴールを奪ったわけじゃないだろ。
ネイマールが譲ったんだよ。


・まるでメッシが、ロナウドに対して「君に勝つために、PKなど必要ない」と言っているかのようだ。


・ロナウドだったら、ゴールを横取りした上で、PKを蹴る。(レアルマドリードファン)


・↑自分のことをレアルマドリードファンと呼ぶのは止めろ。


・メッシは自分勝手ではない。


・メッシはもう既に自分勝手ではないことを何度も証明している。





・メッシは外すのを怖がっていたんだろ。


・メッシは本物の伝説だ。
真のスポーツマンシップを見せた。


・メッシはチームの為にプレーする。
ロナウドは自分の為にプレーする。


・私はCR7のこともメッシのことも好き。


・これは偽善だね。
俺はメッシのファンでも、ロナウドのファンでもない。
二人とも同じだと思う。


・メッシはPKでハットトリックを達成したくなかったんだよ。


・純潔な心と無欲がなせる技だ。


http://goo.gl/PVMr0nhttp://goo.gl/NigbkD
(動画)チームメイトにゴールを横取りされて不満な様子のCロナウド(海外の反応)